--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-01-12

スマイリーとリリーフエースの獲得

またもや1日2件のトレードを成立させ、ついにDrew Smylyを獲得しました。
移籍情報や噂を拾っているファンの方なら知っていると思いますが、マリナーズがSmyly獲得に動いているという情報がありました。

Drew Smyly (TB) ⇔ Mallex Smith, Carlos Vargas, Ryan Yarbrough

Smylyは優秀な3番手と見られるかもしれませんが、いろんな数字を見ていくとエースに近い投手のような気もします。ただし、2016年は7勝12敗、防御率4.88なんですけどね。

まず奪三振率が高く、キャリアで8.71。与四球率は2.54でK/BBは3.43です。コンタクト率も平均より低く抑えており、やはり空振りの取れる投手であると言えます。そしてハードヒットされる確率というデータもあるんですが、ここでもかなり良い数字を出しているようです。
もう1つの特徴はフライボール投手であること。MLBでも有数のフライボール投手であり、ゴロアウトよりも圧倒的に多くのフライアウトを取ります。HRになってしまっては意味がありませんが、今オフに大幅な入れ替えをした守備的OF陣の助けも期待できることから成績は良くなるはずです。
同じ左腕のPaxtonのファストボールと質もスピードも違いますが、魅力的な球質だと思います。

不安は他のマリナーズ投手と同じく健康状態。昨年の175.1イニングがキャリア最高で、規定投球回数を超えているのはこの1度だけです。

契約を見ておくと、複数年の契約延長がなければ、FAになるのは2018シーズン終了後です。



出した選手たちも見ておきましょう。
まず、見慣れないMallex Smithという名前がありますが、当日ATLからトレードでやってきて、即TBへトレードした選手です。
一言で言えばすごくスピードのある若手。昨年メジャーデビューを飾るも1年目は期待されたほどではありませんでした。

Carlos Vargasは2015年に$1.7Mを使って獲得したSS。まだ非常に若いため将来どのような選手になるかわかりませんが、もしかすると名前を聞くことになるかもしれません。5年後、なぜトレードしてしまったんだろうと悔やむことがなければいいけど…と思ったりもしますけど、メジャー目指して頑張っていただきたいです。

Yarbroughはメジャーにも近かった先発左腕。球速はさほどではないけど、コントロールが良く、ゴロを打たせる投手という感じでしょうか。個人的にはけっこう期待していたので残念です。マリナーズのプロスペクトランキングでは10~15いくらいの選手だったはずです。



もう1つのトレードは

Mallex Smith, Shae Simmons (ATL) ⇔ Luiz Gohara, Thomas Burrows

Smithのことは書いたので、マリナーズのブルペンに入るSimmonsを紹介。
能力的にはおそらくマリナーズブルペンを考えると8回を投げることになる投手です。およそ2年前にトミージョン手術を受けているんですが、その前のマイナー時代奪三振率が非常に高く、同じATL組織にいたKimbrelと比較されるほどの投手です。ただし、四球率も高いんですよね。球速は通常93-96mph、Diazと同じくスライダーを武器にしていますが、Diazのスライダーに比べると、カーブということもできるかもしれません。

Goharaは若くして球速があり、ブラジル人ながら高い評価で入団したもののなかなか結果が出せませんでしたが、ついに2016年華が開きかけたところで今回のトレードとなりました。マリナーズのプロスペクト内ではトップクラスの先発投手だったと思いますからもったいない気もします。

Burrowsは2016年ドラフト4巡の選手で即戦力に近いタイプの左リリーバーでした。マリナーズのブルペン状況を考えるとおいておきたかったような気もする選手です。とはいえ、まだ今年メジャーで見ることはないはずです。



Gohara, Vargas, Yarbrough, BurrowsでSmylyとSimmonsを獲得したわけですが、皆さんの評価はいかがでしょうか。私はプロスペクトも好きですから若い選手が出ていくのは悲しいですが、今回のトレードは今年勝つんだというはっきりとしたメッセージが込められており、良かったのではないかと思います。若いGohara, Vargasはもう1年見てみたかったし、どうなっているのか楽しみですが、Smylyを獲れたのなら喜びましょう。Simmonsもブルペンで重要な役割をこなしてくれるはずです。

現状では80-85勝と予想しているところが多いはずで、プレイオフに絡めるはず…という戦力にはなったと思います。
ただし、不確定要素が多く、特に投手陣が故障なく力を発揮できるかというのが一番気になるところ。もし、5人が健康でいられれば平均以上どころかかなり強力なローテのはずです。また、打てる選手を出して守れるOFを使う作戦は吉と出るのか?
いずれにしても、今勝つというメッセージの込められたトレードをしてきましたから、プロスペクトのことは考えず今年プレイオフに進出し、勝ち進んでいくことを楽しみにしておきます。まあ何年かに1度同じようなことを書いて、結果はダメでした、マイナーはスカスカですという目にあっているんですけどね…。

Dipotoによれば大きな動きはこれで終了のようです。

コメント

投手陣

スマイリーとパクストンが左のダブルエース級の活躍をして、キングが復活すると先発は楽になりますね!
プロスペクトのことは全くわからないのですが、今シーズン中にデビューしそうな選手はいますか?もしいたら教えてください。

3本柱が機能するマリナーズは楽しそうでそうなってほしいものです。
マリナーズは評価の高いプロスペクトがほとんどいないんですが、そんな中でトップを争うタイラー・オニールという若者がデビューする可能性がありそうです。あとは2013年ドラフト1巡指名のピーターソン、トレード加入のポージーあたりがデビューする可能性のある上位プロスペクトですかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mlbmariners.blog103.fc2.com/tb.php/706-52ae32c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。