FC2ブログ
2015-12-27

控え争い


資金的にもGMの発言からも大きな補強はおそらく終わり(驚くようなトレードがまだあるかもしれませんけど)。ブルペンを不安に思うファンも多いとは思いますが基本的にはブルペンも終わり、もしくは1人補強するかどうかだと思います。

そこで、投手の左右別ラインアップ予想をすると、右投手相手にはCano, SeagerさらにLind, Smithと右投手に強い選手がいて、左打ちの捕手Clevengerも獲得しているので十分戦えそうな気分になっているところですが、左投手相手にはまだ不安。もちろん左投手と対戦する数自体は全体の3割かもう少し多い程度しかないわけで強化すべきは右打者よりより左打者ということで間違ってないとは思うんですけど、現状で期待できる右打者はCruzくらい。もちろん復活のGutiが健康であれば期待したいし、Iannettaの復活も期待しますけど、左打者に比べて明らかに戦力が不足しているように見えます。特に問題なのがCFと1B。1BはMonteroを入れれば左に弱いLindを使わずに済みますし、Petersonがどうにかなってくれればとも思いますけど、CFはPowellが控えてはいるものの同じく左打者ですし、計算もできませんから左投手相手時は期待できません(Powellはマイナーでは投手の左右にあまり関係なく打ってはいます)。

そこで最近いつも言ってるとおり、野手の補強があるとすれば右打者のCFを守れるOFになるのではないでしょうか?もし補強しないならO'Malleyのようなどこでも守れる選手を使ってみることがあるのかもしれません。ただ、O'Malleyが25人に入れるかどうかまだ不透明な気がします。

今後補強がなく今の戦力でいくとなれば、控え野手4枠にはC(Iannetta/Clevenger)、COF(Smith/Guti)、残り2枠に1BのMontero, IFのTaylor/Sardinas, UTのO'Malley/Lucasの3グループのうち2人になると予想できます(LucasはCFの経験はなさそうなのでTaylor, Sardinasと同じIFのグループにいれたほうがいいですかね)。



大きな補強が終わったということで、これからはマイナー契約でどんな選手を入れるか、AAAにメジャーで戦力となる選手をどれくらい加えられるか。ここに注目は移っていくと思います。このへんの補強はどうなるか予想もできませんから(マイナー契約でMIFを1人獲る可能性はあると思います)、とりあえず、現状いるメンバーを簡単に比較してみようと思います。SardinasやLucasはよく知りませんのでデータでの比較です。




Shawn O'Malley
28歳(2016開幕時)、B/R

2015終盤に昇格して印象的な活躍をした選手。
これから比較する選手の中では唯一CFを含めてどこでも守れる選手で、その点ではCFの補強がない場合、Martinは左投手はほとんど打てないのでO'Malleyの価値は高まる可能性があります。が、特別上手い選手でもないので積極的に使ってもらうためには打ち続ける必要があるでしょう。
昇格後打席ではボール球に手を出すことが非常に少なく、四球を選ぶ機会も多かったのがデータからもわかりますが、マイナーでは傑出した数字は残していません。
両打ちの選手なので両打席を比較してみます。マイナー成績で比較すると、パワーがあるのは右打席。左打席では選球をよくできていてBB%が右打席に比べてだいぶ良いです。結果として打率などは大差ありませんが数字を見れば左右でタイプの違う打者に見えます。しかし、メジャー昇格後の数字を見ると左打席でパワーがあり三振も多くなっているようですね。まあ打席数が少ないのであまりあれこれ言えません。





Chris Taylor
25歳、R/R

1年目はシーズン途中に昇格して活躍、2年目は打てないという最近マリナーズの若手SSにありがちな状況に陥ってしまった今年。
彼の特徴は守備力。スピードや肩もSSとしてやっていけるレベルであり、メジャー約600イニングでUZR/150が12.7、DRSが+3と良い数字が残っています。
今年メジャーで打てなかったのはBABIPが低かった影響も多少ありそうで、マイナー降格後はBB/Kが0.82となかなか良い成績を残しました。打席でボール球に手を出さないという点はかなり優秀でメジャーの上位15%に入るようなレベルにある一方でスイングした時空振りになる確率が高くワースト15%に入るというおもしろい成績の選手。
マイナーでは投手の左右による差はほとんどないどころか右投手のほうから長打が出ていたりで右を得意にしている気もしますが、メジャーでは右打者の多くがそうであるように左のほうを打っています。
SSでもプラスの守備力は控え争いという意味ではかなり大きなアドバンテージとなるはずです。打撃もパワーがないことを除けば及第点であり、Marteの出来いかんによっては再びレギュラー争いに加わる可能性もあるのかもしれません。





Luis Sardinas
22歳、B/R

大きな契約金でMLB入りしたのは2009年。2014年にMLB昇格。数字から見ればさほど四球を選べず、打率も高くない、さらにパワーもないということで攻撃面ではたいした戦力になることはなさそうです。両打ちではありますが左投手のほうを得意としているようで、右投手相手には長打もなかなか出ないようです。
打撃はそんな感じですけど、守備で貢献できる選手ということで上がってきた選手です。しかし、今のところ良い数字は残っていません。もちろんメジャー経験が少ないので数字に頼るのは良くないのかもしれませんけども。TEX時代はAndrusと比較されるようなタイプ的に似た選手のようですが、守備、走塁、打撃すべての成績で劣っているように見えます。開幕時点で22歳と非常に若いのでまだ成長すればいいんですけど・・・。





Ed Lucas
33歳、R/R

今回出てきた4人のなかでは唯一のマイナー契約でベテラン。ベテランなだけに守備はCFとCを除いて経験があるようです。そして少ないイニングながらほとんどのポジションでプラスというのは良いですね。
今年はメジャーでの出場がありませんでしたが、マイナーではwRC+122とまずまずの成績でした。特に左投手相手にはしっかり打てているのが一番の魅力です。パワーはさほどありませんが、マイナーでは対左OPSが通算で9割以上、メジャー通算191打席と少ない打席数ながらwRC+131となかなか強烈です。この成績から考えればLind, Cano, Seagerと左打者の多いマリナーズ内野陣において大きな存在になれる可能性を持った選手です。ちなみにMonteroのメジャー通算対左wRC+は115なのでここだけみればLucasのほうが良いんですよね。そして、複数ポジションを守れるとなればなかなかの価値があるのではないでしょうか。ちなみに右投手はあまり打てません。なので、メジャーに定着できるかという疑問はあります。あくまでもデプスを厚くする選手という位置付けでしょうけど、シーズンのどこかで出番がやってくるかもしれません。





ということで4人みてきました。数字的な魅力を感じるのはTaylorとLucasでしょうか。特にTaylorは守備面での貢献も期待できることから、マイナーで試合数をこなし経験を積ませるということを重視しないのであればベンチに置いておきたいタイプの選手だと思います。一方Sardinasはまだまだ修行が必要な成績です。年齢的にも若いですからね。
Lucasは年齢もいってるので、マイナーにいてもらってどこかの機会で便利に使えればという感じ。左投手相手にはまずまず使えるかもしれませんから、故障者が複数出た場合などに昇格のチャンスが巡ってくるかもしれません。
O'Malleyはこの3人とは異なる存在でMartinと出場機会を分け合える可能性を持った選手です。内野も守れますから今年のような打撃を見せれば出場機会は多くなるかもしれません。

今回は控えの話ということで書いてませんし、ここ数年でてきたSSの中ではMiller以上に期待しているMarteも2年目のジンクスにはまる可能性を否定できません。今年はマイナーでCFもいちおう経験していたはずですが、基本的にはSS/2Bの選手でしょう。まあ彼には1年間レギュラーとして頑張ってもらいたいですね。



というわけで個人的にはTaylorを入れておきたい気持ちもあるんですけど、IFは基本的にレギュラーがフル出場することになってくるので出場機会は限定されることになります。したがって、IFとしてはTaylorに劣っても、OFもできるO'Malleyのほうが良いと思います。O'Malleyはどこでも守れるのである程度打てれば非常に魅力的ですし、CFを守れる選手がいない今の状況のままなら入れないといけない気がします。TaylorはIFに故障者が出た時に上げて、レギュラーとして使えばいいんじゃないでしょうか。
Lucasは対左のユーティリティーという限定的な起用は良いと思います。IFには左打者が多いですし、青木のポジションでも左投手時には使えるかもしれません。右打者が不足気味のマリナーズにとっておもしろい存在になればいいですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mlbmariners.blog103.fc2.com/tb.php/687-93fe1611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground