FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-18

ルジアーノ獲得

さて、噂どおり右打者を補強しました。
たぶん昨オフにも補強候補として名前を挙げていたJustin RuggianoをCHCからトレードで獲得。交換選手はMatt Brazis。Brazisは2012年ドラフトのドラフト28巡指名ながら高い奪三振率を誇り、2015年中にはもメジャーデビューが考えられるブルペン投手でした。また、ロスターを空けるためにLogan BawcomをDFAしています。

トレード自体はブルペン候補でRuggianoを獲れたので妥当な内容だと思います。Saundersはもったいない出し方のように思う人も多かったと思いますが、今回の動きと合わせると、SaundersとBrazisがHappとRuggianoになったのでまあそんなに悪くないのかもしれません(将来を考えればマイナスなんでしょうけど)。

Ruggianoは4th OFとしては良い選手だと私は考えています。守備力はさほどでもありませんが、いちおう3ポジション守れて、左投手には強く、長打力も平均か少し上です。
ただし、レギュラーとして使うのなら実力不足と言えます。


今後まだ補強するとは思いますが、資金面の問題もあるはずなのでどうなるのかわかりません。
SSの補強も考えられますが、今回はOFに絞ってみてみましょう。これからの可能性として、大きく3つの選択肢があると思います。

①RF:Ruggianoのプラトーンパートナーを補強

左打者ということになります。今の状況だとOFが余っているSDのSeth Smithがすぐに出てくるわけで各所で名前が挙がってますね。長打力もあり、実力を発揮できれば大きな戦力になります。そして同じような状況にあるBOSからはNava。彼は両打ちですけど右投手のほうを得意としています。青木も候補ですが左右で大きな差のない選手なので微妙。


②RuggianoをLFでAckleyとプラトーンもしくは完全な4th OFと考えて、RFに強打者を補強

しっかりチェックできているわけではないので、間違ってるかもしれませんけど、McClendonは確かAckleyはレギュラーとして育てていく方針だったような気がするので、このパターンはあまり考えられないのかもしれません。しかし、Ruggianoを3ポジション守れる4th OFと考えるのであればRFを普通に補強するのもありなはずです。


③Ruggianoのプラトーンパートナーを今ある戦力から絞り出すパターン

これは単純に考えればJonesということになりますが、私が思いつくのは少し前に話題になっていたMillerのOFコンバートという案です。
まずはMillerとプラトーンで開幕を迎え、シーズンを戦っていくうちにLFのAckley, RFのMillerどちらかがレギュラーとして使えるように育って、成績の残せない方とRuggianoで出場機会を分け合えればいいと考えることができます。
MillerをSSも守れるOFとして使う場合はSSをTaylorではなく補強という考え方も出てくるわけです。Millerを万が一のための選手としてトレードせずに、普段はOFとして使うというこのパターンはいろんな可能性が広がってくるおもしろい使い方。けっこうな賭けですけどね。



Ruggianoはあくまで4th OFレベルなので、②のパターンにならない限り、打線はもっと補強したくなります。①の場合にしっかりとした打者を補強できるのなら、どうにかなる気もしてきますけど、もう1人獲った方が安心感があります。


上でも書いてるように普通に考えればNavaやSeth Smithが有力なんでしょうが、SSに強打者を獲る前提であればCFも守れて、Jacksonの不調にも備えられるお気に入りのWill Venableが欲しいです。同じような考えでBALのDavid Loughもいいんですけどね。打力は落ちるけど、Gerardo Parraは対価が安ければありかなあ(年俸は高いけど・・・)。Millerをコンバートというのも当然考えられます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mlbmariners.blog103.fc2.com/tb.php/641-2e2b45c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。