FC2ブログ
2014-12-15

メルキーはホワイトソックスへ

マリナーズが最有力という報道が多数出ていたMelky CabreraがCHWと3年$42M程度で合意との情報が入りました。

3年$30Mくらいならありだとも言った記憶がありますが、やはり守備を考えるとほとんどの球団が4年以上は出さなかったということなんでしょうか。マリナーズもDHが埋まっている状況だったので、やはり長い契約は不可能だったと思います。走力やパワーを考えても$15Mは高すぎると思いますから勇気ある撤退だと思います。まあオファーしたという報道があったばかりなのでマリナーズ側から撤退したのではなく、Melkyに振られたわけですけども。。。

さて、これでますます選択肢が減りました。他球団の状況を知りませんけど、もしまだRFを補強したい球団がまだあれば割高な契約をしないと獲得できないという状況になってくると思います。

SSに思い切ってTuloやDesmondを補強するのであれば、パワーはなくとも2番で平均以上の出塁率を期待できる青木が最有力候補になってくるのかもしれません。ただ、青木は私の考えているよりはるかに年俸が高くなる予想が出てるので金額を考えると微妙。金銭的に余裕があればいいんですけど。
2番候補ではZobristが最高の補強でしょうけど、噂なし。妄想ロスターではVictorinoをあげていましたけど、こちらも噂が大きくなりません。同じBOSのNavaも気になります。もし、Navaを獲るならもう一人右打者のOFが欲しい気がします。Mayberry欲しかったですけど、NYMと契約のようで。
Jacksonが移籍後打てなかったことを考えるとCFを守れるOFを補強すべきなのかもしれませんけど、かなり難しそうですね。今のロスターだとJonesが控えで入るんでしょうけど、RFを補強すればJonesはマイナー行。Jacksonのレギュラー固定で万が一の時はBloomquist、次の試合からJonesを昇格させるということになるんでしょうか。こう考えるとSaundersを出した影響は大きいです。

あくまでも強打のRFしか補強しないのであればUptonにいくか、Rasmusに賭けるか。それとも噂にすら上がっていない大物を引っ張ってこれるのか。

ウルトラCいやDくらいの案としてRyan Braunはどうでしょうか。薬物問題があって今季成績を非常に大きく落としています。そして大きな契約(毎年$20M近い年俸)を2020年まで残しています。
BraunはKempと同じような状況にあり、守備はマイナスの選手。賢いGMであればフランチャイズプレイヤーとはいえ薬物問題もあり、放出を模索してもいい選手だと思います。ただ、成績を落としたところで出すのには躊躇するかもしれませんね。逆にこちら側からすれば安く獲得できます。
もちろんマリナーズにとっても守備が大きなマイナスで大きな契約を残す選手を迎え入れるのは厳しいんですが、攻撃力アップ、今後数年に勝負をかけるという意味では我慢できると思います。

選択肢が減ってしまった今、できることならTuloが欲しいです。Walker+Taylor/Miller+Peterson+αでも首を縦に振らないですかね。故障が多いとはいえ、年俸は6年$118Mで、今の市場を考えるととんでもない安さです。誰を出してもいいから、手に入るなら欲しい選手。
故障を考えるとMillerかTaylorどちらかを残しておきたいですけど、両方トレードに使ってMarteに期待するのもありでしょうか。




それにしてもCHWは積極的に補強していますね。
Saleと非常にお得な契約ができていた状況で、AbreuがMVP級の成績を残せることを証明し、投打の軸ができたことは非常に大きいです。
そこにQuintanaという安定した投手がいて、Samardzijaを獲得したことでローテにしっかりした3本の柱ができました。ブルペンにはクローザーのRobertsonとDukeを獲得し、投手には主要な駒をしっかりと揃えたという印象ですが、プレイオフに進むにはSP、ブルペンともに層はまだ疑問符が付きます。
野手にはLaRocheとMelkyを補強。個人的には使った資金ほどの効果はないと思ってます。なので、最低でももう一人いい打者がほしいです。それでもAbreuがいることが非常に大きいですから、周りにある程度の選手を並べれば十分得点を生み出せると思います。

どこまで資金力が残っているのかわかりませんが、来季もチャンスはあると思いますし、Samardzijaの契約が来季までなので、来季勝たないといけません。オールスターまでに5割を超えていれば、かなり面白いことになると思います。重要なポジションをしっかり埋めていることで足りないポイントをシーズン中補強するのはさほど難しいことじゃないはずです(ブルペン投手やNo.5SPを獲得するのはさほど難しいことではないでしょうからね)。したがって夏の補強でかなりいいチームにできる可能性を持っていると思います。

コメント

カブスと白靴下、今年のオフはシカゴ旋風が吹き荒れてますネ!
それも、かなり的を得た補強だと評価しています。
それに比べて我がMarinersは・・・。。。
また、愚痴が出そうです(^~^;)

僕はAustinには全く期待してない派なので、①俊敏なCF ②強打強肩のRF
そして第3の矢は・・第2SPの強奪!

とまぁこんな具合で、GMのやることはまだまだいっぱいありそうですね。

お久しぶりです。

ほんとシカゴの両チームは目立つ動きを見せてますね。CHCのほうは野手の若手がとんでもなく充実してるようなので楽しみです。

マリナーズはまだまだ戦力不足。上位SPは私も欲しいと思ってるんですけど、獲る気がないのか噂がゼロですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mlbmariners.blog103.fc2.com/tb.php/638-63c4ef14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground