FC2ブログ
2014-08-18

プレイオフ争い

久しぶりのプレイオフ争いをしているマリナーズ。相変わらず好調な投手陣はすばらしいです。打線も少しは得点が獲れるようになってきた気がするのでこの調子が続けばというところですね。

今年も勝敗(貯金・借金)グラフをつくりました。チーム数が多すぎてごちゃごちゃしちゃってますが。。。

2014勝敗120G


・ウェストの地区優勝争いはここ1カ月ほどOAKとLAAが接近して今日ついにゲーム差なし勝率でLAAが上にきました。OAKは先発投手陣を補強したのに前半戦ほど結果を出せず貯金はあまり増えていません。LAAも同じ状況で過去1カ月は大きく貯金が増えていません。

・グラフでOAK,LAAの次に来ているのがBAL。前半は5割を少し超える程度でしたが、最近は好調で貯金を増やし続けイーストの首位に立っています。今日現在で2位のTORに6.5差。攻撃力以上に守備成績が目立ちます。

・まだ確実に抜けたわけではないけど、OAK,LAA,BALの3チームはプレイオフに向けて1歩リードしている状況。このトップ3以下が混戦。そのなかで上昇しているのがKC。下降しているのがDET。知っての通りセントラルのトップは最近になって入れ替わっています。KCは守備のチームですが、最近攻撃が好調。逆にDETは最近得点できていない分勝率が上がりません。この2チームと同じくらいの勝率を残しているのが最近好調のマリナーズ。

・グラフを見ると1チームだけ大きな借金をしていたのがTB。Priceを出したもののZobristなどは放出せず。WARはかなり上位で、まだいくらか可能性を残していると思います。
・一昨オフに大型補強をしたTORは1年遅れてプレイオフ争いに参加。明らかな打撃のチームです。
・NYYは投手陣はなんだかんだでがんばってますが、得点力がなかなか上がらず、得失点差はマイナス。
・CLEは成績を見るともう少し勝っても良いような気もしますが、守備が大きなマイナスで結果的に得失点差から考えてもこんなものでしょうか。

・いくつかのプレイオフオッズ(データに基づいたもの)をみるとOAK、LAA、BALのプレイオフ進出確率は90%超。KCが65%程度。DETとSEAは幅があってBPではDETが60%、SEAが53.6%。ESPNではSEAが64.4%、DETが49.6%。あとは大きく下がってTORとCLEが10%前後という感じになってます。データ上では大きな連勝や連敗はないのでゲーム差が大きく変わることはないので現状のゲーム差からこういうことになるわけですが、残り40試合程度どこかのチームがなにかやってのけるかもしれません。




(8.16.時点)

勝敗ゲーム差得失点差攻撃WAR投手WARwRC+DRSUZRBsR
LAA72-49+8823.312.6110-920.0-4.9
OAK73-50+16222.112.71062730.71.2
BAL69-523.0+5119.89.21013841.7-3.2
KC67-555.5+2316.313.8921942.98.5
DET66-556.0+4116.515.0108-42-28.3-2.6
SEA66-566.5+9210.915.690917.3-4.7
TOR64-609.5+1118.210.7106-29-4.8-1.4
NYY62-5910.0-3910.015.092-12-6.2-0.9
CLE62-6010.5+1611.513.6104-80-71.26.4
TB61-6212.0+2519.814.2103-3014.07.3




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mlbmariners.blog103.fc2.com/tb.php/627-700f1173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground