FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-22

左右別で考える

昨日、今日とJ SPORTSで放送があったので久しぶりに見たんですけど、結果的に9回に勝ち越してRodneyがおさえるという展開でいい連勝になりました。ただ、岩隈は心配な崩れ方でした。Rodneyも今日は昨日に比べて不安な投球だったけど見事におさえていただきました。そりゃあピシャリとおさえてくれるにこしたことはありませんけど、クローザーは結果としてリードを保ったまま試合を終わらせられればいい、強い気持ちのある投手であればいいとしか思ってないのでRodneyのここまでの働きは十分です(まだセーブ失敗は2度。ただし3敗してますね。。。)。何度か言ってるように私はクローザーよりセットアッパーを重視したい人なんです。イニング別の防御率(昨日時点)をみると6回:2.43、7回:3.41、8回:3.53、9回:3.12なので数字上問題は7、8回です。勝ってる試合、負けてる試合、同点の試合全部合わせての成績なので勝ち試合に限れば少し変わってくるんでしょうけどね。


で、今日は投手の左右別に違う打線を組んだらどうかという話です。今日の打線は左のVargas相手に9人中5人が右でしたが、もっと増やせばどうかと。もちろんCanoやSeagerは外しにくいんですけど。

まず、今季投手の左右別でどんな成績を残しているのかみておきます。

vs RHP

wRC+AVGISOPA
Cano148.348.130181
Seager147.261.273189
Saunders110.267.200115
Chavez98.300.10054
Jones92.287.078123
Smoak85.193.168139
Romero81.204.18455
Ackley80.221.130172
Miller80.224.129165
Hart80.205.18295
Morrison75.204.16353
Buck68.216.05442
Zunino64.179.172151
Bloomquist54.250.04546
Gillespie38.190.14321
Almonte27.169.08575
Franklin4.154.05142
Montero-16.167.0006


vs LHP
wRC+AVGISOPA
Montero296.400.6005
Zunino131.296.19775
Buck113.286.10731
Cano113.321.083121
Saunders101.286.07150
Gillespie100.286.04847
Jones95.313.04251
Almonte93.257.11438
Hart86.216.07861
Bloomquist81.283.08749
Smoak72.227.134102
Ackley67.250.12564
Seager63.229.073103
Romero41.191.11294
Miller23.127.11170
Franklin-21.000.00010
Chavez-100.000.00014
Morrison-100.000.0005


キャリアでの対右左別wRC+
RHPLHP
Smoak10081
Morrison11193
Montero73134
Cano135110
Franklin8960
Seager12482
Bloomquist7193
Miller9762
Zunino68110
Buck8391
Saunders9476
Hart109134
Ackley8787
Chavez7669
Almonte7164
Gillespie38100
Jones9295
Romero8141

マイナー通算OPS(右/左)
Jones (.825/.736)
Franklin (.880/.630)
Gillespie (.884/.894)
Romero (.859/.885)
Choi (.934/.857)
Noriega (.599/.660)*
Taylor (.909/.752)
Kivlehan (.837/.938)
Blash (.844/.897)
Morban (.842/.676)

*Noriegaは2012年シーズン前にスイッチヒッターから右に専念。ここでのOPSは右打者としてのもの(2012年以降の成績)。




ざっとこんな感じになってます。
投手の左右別に守備位置を考えるとこんな感じになります。(Hartが戻ってくるまで)

vs RHP
1BSmoak/Morrison
2BCano
3BSeager
SSMiller
CZunino/Buck
LFAckley/Saunders
CFJones/Saunders
RFSaunders/Chavez/Romero
DHMorrison/Buck

vsLHP

1BSmoak/Morrison/Bloomquist
2BCano
3BSeager/Bloomquist
SSMiller/Bloomquist
CZunino/Buck
LFGillespie/Ackley
CFJones/Saunders
RFSaunders/Romero/Gillespie
DHMontero/Morrison/Buck/Gillespie




もうすぐSmoakが戻ってくるとMonteroをAAAに下げることになるんでしょうけど、対左右別の打線を組むのであればこれまでの成績から考えるとMonteroは結構重要な選手だと思います。まあ今日の試合見てると、そんなに打てるようには見えなかったんですけど。。。まあ、この手の記事は机上の空論で、右左でがらりとオーダーを変えられるチームは少ないですから、私の妄想として適当に見てください。

思ったより上手くいかなかったというか、今の打線とたいして変わらない結果になった気がします。Cano, Seager, Jones, Miller, Zuninoがほぼ固定なので、左投手相手にも左打者4人以上になっちゃうんですよね。








マイナーにいる選手のなかでメジャーに近いのはChoiとTaylorでしょうか?出場停止が明けたChoiは左打者でTaylorは右。Smoakをもう少し使うことになるんでしょうけど、Smoakが今の低調な成績なら8月か9月にChoiをあげることになるのではないでしょうか。SSはMillerがこのところやっと調子を上げてきたようで活躍する場面が出てきたようですからTaylorの出番はまだ先なのかもしれません。ユーティリティーとしてはBloomquistもいますしね。でもBloomquistはもう年なのでSSは…と考えるのであれば年内にメジャー昇格があるはず。Millerの左右別wRC+をみてわかるとおり左には弱いので、Taylorには左投手相手に機会が与えられるはずなんですけどTaylorが右打者なのに左投手をあまり打ててないってのが引っ掛かります。


ここまでの話とは関係ないけどFranklinはどうなるのか。マイナーでは4,5月と好調だったのが今は不調。前々からずっとトレードで名前が出てるので気になるところです。結局OFを守ったのは2試合だけで、SS/2BをやっているのでCanoが故障しない限りマリナーズでは居場所がない状態。

今のところ5割を超えてるので、これからポストシーズンに向けて戦力を整えるためにトレードをという考えも出てくるのかもしれませんけど、トレードで補強というのはやめておいたほうが賢明かと思います。あふれた選手、いらない選手を出すのはもちろんいいんですけど。
故障選手が帰ってきて、貯金が増えて二桁を保ち続けて、プレイオフが本当に見えてくれば足りないところを補強してというのもありでしょうけど、今のマリナーズは足りないところが多すぎる気がしますからね。

コメント

更新ご苦労様です。

MonteroとZuniさんが、左右別では極端ですね。
お二人とも、類まれなる”腕力”の持ち主ですから、フォームの欠点も左投手なら、ある程度補うことができるのでしょうね。

KC相手に敵地スイープしましたが、まだまだ”足りないところが多すぎる”チームには変わりは無いようです。
イライラが続きます・・・。。

Zunino長打出てるからまあいいんですけど、なかなか当たりませんもんね。

投手陣はここ数年の中では一番安定してるように見えますけど、やっぱり得点力が…、若手の進歩が…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mlbmariners.blog103.fc2.com/tb.php/618-a9c80ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。