FC2ブログ
2013-12-07

カノーがやってきた

みなさまご無沙汰しております。
思っていた以上に忙しくなってブログに全く手が回らない状況です。それでもCano獲得と聞いて少しだけ。



Canoとマリナーズの契約はまだ正式発表になっていないようですが、NYYが7年$175M以上は出さないと言われているなかでマリナーズと10年$240Mで契約へという報道です。もちろん報道されていないチームが$200M程度のオファーをしていた可能性もないわけではないんでしょうけど。

HamiltonやJ Uptonに断られ続けていた最弱球団の1つで打者にとってはマイナス面が多いシアトルを考えると大物獲得には他球団よりも明らかに大きな契約を提示する必要があったわけですが、それを考慮しても思いきったものです。
今回の契約は40歳までの契約になり総額でみるとA-RODの2つの契約に続きPujolsと並び史上3位タイの額になりました。


Canoは現役最高の二塁手で各所の予想ではあと3年はオールスター級の活躍、その後2,3年は平均かそれ以上の成績を残すだろうというものが多いようですね。年齢的にも31歳で今がピークになるのが一般的なはずなのでまあそういう予想になりますね。

左打者に有利とされるヤンキースタジアムをホームにして過去3年の成績は.309/.371/.533。シアトルに来ても今後5年のうち3回以上は打率3割超、本塁打数は20~25本くらいを期待したいところです。30HR打てれば最高ですけど難しいでしょうから40~45二塁打を毎年のように打ってくれることを期待します。


いずれにしろCano1人を補強しただけでは全く勝てる気がしません。勝負に出たZduriencikが今後どんな動きをするのか。
先発投手の噂ではWalkerとFranklin+αでPrice獲得へという報道が出てますね。Samardzijaの周辺も騒がしくなってきたようですし、トレードで先発投手を獲ってこれなければGarzaあたりのFA投手もマリナーズへという可能性がありそうです。

野手では有力FA選手の契約先候補として毎度のごとくマリナーズの名前が出てますけど、何人獲得できるのか。

有望株を数人出してでも1,2番手クラスの先発投手1人と3、4番タイプの選手をCanoのほかに1人、5,6番クラスを1人、さらにクローザーを獲得。そして残った若手の多くが順調に成長しその中から1人以上が大活躍。これくらいないと2014年の優勝争いには絡めないでしょうから簡単じゃないですね。Canoを獲ってしまったので、もう若手の成長待ち一辺倒というわけにもいかないでしょうし、大補強を実行して来年のシンデレラチームになれればいいですけどね。それが失敗すると悲惨です…ネガティブな発言は控えておきましょう。。。

そういえばBloomquistが戻ってきましたね。2年契約で$5.8Mですか。明らかに高いと言わざるをえないところですが、まあ戻ってきてくれて活躍する姿をみせてくれればうれしいです。

あと、CanoはQOなのでマリナーズのドラフト指名権が1つなくなります。1巡は守られているので2巡目がなくなるわけですね。



選手以外のニュースとしては球団社長のChuck Armstrong退任が発表されましたね。あとは新たな監督、コーチ陣が発表されています。マリナーズが生まれ変わって上を目指せるチームになっていくことを期待します。



MLB全体ではオフに入ってPrinceとKinslerのトレードやFisterのトレードなどびっくりな動きがいくつかありました。
DETはPrinceとFisterを出してScherzerと長期契約の構えでしょうか?
ほかにはOAKがTEXからGentryを獲得したり、TBはHaniganをトレードで獲って複数年契約したりでこの2チームはやっぱり興味深いですね。あとは最弱HOUがついに今オフ少し補強を開始してくるのかもしれません(本格的な補強はもう少し先でしょうけど)。この3チームとTEXには今後も注目しておきましょう。NYY,BOS、STLあたりもですかね。
それにしても今年は12月になったばかりなのにけっこう大きな契約が決まってる気がします。

あとは青木がトレードでKCに移ったそうで。がんばってほしいですね。ALに移ったのでマリナーズ戦がNHKで放送される機会が増えるといいですけど。ポスティングシステムは合意したようですが田中将大はどうなるのやら。。。

来週から始まるウインターミーティングでどんな動きがあるか楽しみです。

コメント

不本意ですが決まったことはしょうがない。
こうなれば、
マー君獲りを狙うしか無いようですが、果たして?

20M+5年*10M辺りの攻防でしょうが、シアトルの町の魅力を訴えれば、岩隈もいることだし、何とかなるのでは・・・・・

投手市場は完全に田中中心になってますね。うちはあまり大きな噂出てないみたいですけど、いくんですかね。
来てくれればNHKの放送も増えてうれしいですけど。

お久しぶりです。
MLBではヤンキースを比較的中心において見ている私なのですが、カノーのマリナーズ移籍は驚きました。あまり情報を見ていなかったというのも有りましたが、結局両者が折れてヤンキースに残るのかなぁと思っていたので。

なんで急転直下な感じでマリナーズと聞いた時は驚きました。

カノーはジーターに次ぐヤンキースのフランチャイズプレイヤーになるのかな?と思っていたので。だから移籍と聞いた時はえっ(;・∀・)て感じで。

あとアクリーとの守備位置はどうするのかな?とか思いましたが、移籍先でも相変わらずの活躍が見られればと思います。

年末年度末と忙しくなるかと存じますがお身体お気をつけ下さいませ!

お気遣いありがとうございます。

私もCanoは絶対に残るものだとばかり思っていたのでびっくりです。まあ総額で60~70億円も低くなるとさすがにマリナーズという選択をしてしまったんでしょう。

ヤンキースはCano1人に大金を使うということはせず複数の選手を順調に補強できているので来年もAL東は楽しそうですね。外野手が混雑しているのでイチローがどうなるのか心配ですけど。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mlbmariners.blog103.fc2.com/tb.php/600-f206bf5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground