FC2ブログ
2013-06-25

トレード候補

CLE戦からの連敗のあと、最近1カ月くらいは5割程度の勝率でずっと戦えていますが、ブルペンが崩壊状態で得点力も最低クラスなのでErasmoなど故障者が数名戻ってきたくらいではプレイオフ進出は不可能でしょうから今年もそろそろトレードで選手を売ることになるはずです。何人トレードできるんでしょうか。大きな見返りが得られる選手はいませんけど、上原でChris Davis獲れたりすることもあるわけで…そんなサプライズが起きてくれないもんでしょうか。ThamesはDFAしてしまいましたけど次こそは…。

・J Saunders(fWAR:+0.4)…現在絶好調で6月のfWARは+0.7。昨年はシーズン途中にBALへトレード。同じようにトレードで優勝争いをするチームへトレードされる可能性があります。昨年は8月に入ってからトレードされていて、交換選手はシーズン終了後FA予定だったブルペン投手のMatt Lindstromでした。今夏のトレード候補左腕にはCliff Lee, Vargasなど元マリナーズの投手たちもいます。
トレード確率80%。

・Harang(+0.7), Bonderman(-0.1)…欲しいチームがあれば今すぐにでも出せばいいと思います。どちらかといえばHarangを出してBondermanを残し、ある程度の結果を残して、来季契約の可能性も持たせてシーズン終了というのが理想ではありますが、2人ともシーズン終了前にいなくなっている可能性は十分考えられます。Erasmoをローテに入れるためにSaunders含めた3人のうち1人はそろそろ動かすべきだと思います。
どちらかがトレードかDFAされる確率95%。

・岩隈(+2.0)…オプション含め契約は2015年まであり今はまだトレードするべきじゃないと思います。先発投手としてマリナーズは高い評価をしていて、それに見合った見返りを出すチームはないでしょうしね。Zduriencikは「岩隈はトレードしない、信じてくれ」と言っていますが、Fister, Pinedaで打者を獲得してきた過去があるだけに微妙なところです。もしトレードするなら同じように中軸候補を獲るはずです。
トレード確率5%。

・Perez(+0.5)…マリナーズの最も信頼できるブルペン左腕。優勝争いをするチームでブルペンに信頼できる左投手がいないチームからのオファーは間違いなくあるはずです。今季年俸は$1.5M。
トレード確率70%。

・Furbush(+0.2)…フォアボールが多いもののスライダーで三振を奪える投手で特に左打者に対してはめっぽう強く、今季被打率.143、奪三振率16.71はブルペン左腕としてトップクラス。昨季も左打者に対して被打率は.143で被本塁打0(今季は1本)。Perezより年俸が安く、FAまで数年あるのが魅力。スーパー2は回避できるはずなので来季も$0.5Mを少し超える程度で契約できるはずです。来年のマリナーズブルペンを考えると残しておきたい気もしますがいずれはトレードされる可能性が高いと思います。
トレード確率20%。

・Wilhelmsen(-0.1)…オフからトレード候補にもあがるような投手でしたが今の調子を考えるとトレードで獲得するにはリスクがありすぎてどのチームも手を出せないでしょう。これから元の状態に戻ってクローザーとして再び働けるところを見せられればトレードできる可能性はほんのわずかに残っているかもしれませんが、もしトレードできても手に入るものは小さいのでそこまでしてトレードする必要はないわけで、今回は動かないでしょう。今季は結果を残していた4,5月も昨季までと比べれば奪三振率が大きく低下していました。右打者に対しては被打率.123。
トレード確率3%。


・Ryan(fWAR:-0.7)…今季守備成績はUZRがマイナスになりDRSも+4でイージープレーでのミスも目立つなど数字から見ればプレミアムな選手とは言えなくなってきたのかもしれません。それでも優秀なSSであることに変わりなくSSの手薄なチーム(守備に不安があるチーム)から話があるはずです。マリナーズはJack Wilsonも最後にトレードしましたがあの時は後日発表という形でATLからLuis Caballeroという19歳のDSLにいる選手を貰っています。マリナーズが獲得した時はCletoで獲得していますが、今回トレードすればもう少し低いレベルのプロスペクトになるはずでメジャーに上がってこれれば御の字でしょうか? .199/.258/.256
トレード確率60%

・Morales(+1.0)…オフにFAとなるのでいい話があればシーズン中にトレードしてしまう時が来るのかもしれませんが、シーズン終了までマリナーズの一員である可能性も十分考えられます。シーズン終了後クオリファイング・オファーをして1年契約で残留。もしくは拒否されてFAとなり他球団と契約すればドラフト指名権が手に入ります。ただしクオリファイング・オファーで残留となれば1年$14M程度になるはずなので安くはありません。昨季のOPSが.787で今季も.770、OPSが8割に満たないDHの選手にそんな大金を払うのもどうなのかというのとドラフト指名権を失ってまで獲得するチームが現れるのかという疑問はあります。現在Moralesは.275/.334/.436で、昨オフにクオリファイング・オファーを受け結局残留となったAdam LaRocheの2012年成績は.271/.343/.510, 33HR, 100RBIでした。マリナーズとしては複数年契約も探っていく可能性はあるのかもしれませんが、Morales側としては(Beltreのように)FAになって打者有利の球場をホームとするチームと1年契約してから大型契約を狙いたいところでしょう。とりあえずもう少し様子見で話が進むにしてもトレード期限が近くなってからでしょうか?今回トレードされそうな選手のなかでは最も大きな見返りが期待できます。
トレード確率40%

・Morse(0.0)…パワーはあるものの故障がちで守備がまずい選手。今年は4月こそHRを量産し調子は良かったものの成績は下降する一方で過去3シーズンの.296/.345/.516より低い数字になっています。欠場も多いのでトレードできるかどうか微妙だったところでDL入りしてしまい、考えているよりもトレード価値はかなり低いと思います。まずは完全回復してくれないことにはトレードどころではありません。そう考えるとシーズン最後までマリナーズにいる可能性もあるはずです。 .251/.313/.454
トレード確率30%

・Guti(+0.2)…故障から戻ってきてどんなパフォーマンスをできるか。健康でいいパフォーマンスを続ければいくらかトレードできる可能性はあるのかもしれませんが昨日早くもハムストリングを痛めたようで…。CFでの守備数値もDL入りする前までの時点で健康だった数年前に比べ大幅に悪化しているので健康な状態でどの程度やれるのかをチェックしたいチームもあったんでしょうけどね。再び欠場となればトレードは不可でしょう。 .267/.290/.583
トレード確率10%

・Ibanez(+0.2)…昨年のシーズン終盤からプレイオフでの活躍が記憶に残っています。DH・代打候補として欲しいチームがあるかもしれません。ISOはトップクラスの数字になっています。これだけ活躍できれば今年限りマリナーズで引退という選択はなさそうですね。 .240/.282/.524
トレード確率50%

・Bay(+0.3), Chavez(-0.4)…トレードは難しいでしょうし、見返りも期待できません。枠をあけるために戦力外にする可能性がありますが、シーズン最後までチームに残っている可能性もあります。Bay(.220/.313/.393), Chavez(.289/.299/.361)
どちらかがトレードかDFAされる確率80%

・Smoak(+0.1), Saunders(+0.2), Ackley(-0.2)…トレード価値は落ちてしまいましたが、元々は評価されていた選手たち。損切りしてしまうのかもう少し使ってみるのか選択できますが実際のところ今は獲得に乗り出すチームはないはずなのでこの選択はオフに入ってからということになるでしょう。今トレードされれば驚きです。 Smoak(.243/.348/.353), Saunders(.209/.294/.319), Ackley(.205/.266/.250)
3人のうち1人でもトレードされる確率5%

・Seager(+2.7)…ここ数年出てきた若手の中で唯一マリナーズの主力に成長した選手。来年も最低年俸に近い金額で契約可能。トレードしたくありません。.282/.345/.456
トレード確率5%



トレードが完了した9月のロスターをイメージすると、
(Ryan, Perez, J Saunders, Harang, Chavez, Luetgeをトレードまたは解雇)

C: Zunino/Blanco/Sucre
1B: Smoak/Morales/Morse/Ackley
2B: Franklin/Ackley/Romero
3B: Seager/Romero
SS: Miller/Franklin/Triunfel
LF: Morse/Ackley/Ibanez/Bay/Peguero/Romero
CF: Guti/Saunders/Ackley/A Almonte
RF: Saunders/Guti/Bay/Peguero/Romero
DH: Morales/Ibanez/Montero
SP1: Felix
SP2: 岩隈
SP3: Erasmo
SP4,5: Bonderman/Maurer/Paxton/Hultzen/Walker

Millerは今すぐには上げないと思ってるんですけど、すごい結果出してるしZuninoのことがあるので…Triunfelも打撃で結果出せてませんからね。RyanをトレードしてMillerを上げない場合、Miller昇格までFranklinをSSメインで使って結局Ackleyを2Bにということになるのかもしれません。Ackleyも今すぐメジャーに戻ってくるのかどうか疑問ですけど。Ryanのトレードがずれ込んでいけば直接MillerにSSを任せることもあるのかもしれません。
OFは9月どうなっているんでしょう?Morbanはまだ早いんでしょうけど、成績はいいです。あとはRomeroやA Almonteを使ってみる可能性はあるんでしょうね。MorseとGutiが残って2人とも健康ならAckleyのポジションが難しくなります。GutiがCFを守ればRFにMorse, LFにAckleyという布陣が理想でしょうか?それともAckleyにCFをやらせて両翼にMorseとGutiか?Saundersもいるので4人でローテーションですかね。Saundersもこのまま沈んでしまうのかな。。。Millerがまだ上がってこないなら、FranklinがSS、2BにAckley、CF・RFにSaundersとGuti、LFにMorseというのも考えられます。これにBayとIbanezもいてRomeroも上がってくるとなればやはりChavezのほかにもう1人は出してしまいたい気もしますし、できればそうすべきでしょうけど、GutiとMorseは試合に出れない可能性も考えられますからね…。それにしてもIbanezがこんなにLFで出場するなんて思いませんでした。

先発投手は先日出したプロスペクトリストでもHultzenの昇格を来年にしてたように1カ月くらい前から今年上で投げれるかどうか怪しいと思ってたんですよね。やっと復帰するようなので故障の影響がなく内容が良ければ上げれば良いと思いますけど。 Walkerは今AAAに昇格したばかり。急ぐ必要もないので来年からメジャーで良いと思います。AAAでも打者を圧倒してコントロールが乱れない、先発投手が足りないという状況になればマリナーズで何試合か投げさせることも考えられるでしょうか。ちなみに、Walkerのイニング数は今のペースなら8月終了時150回くらいまでいくはずです。昨年が126.2回、一昨年が96.2回でした。 Paxtonはどうしましょう。今のブルペンを考えるとすぐにでもブルペン要員としてマリナーズで投げてほしい気もしたり…、チームは先発として使い続け、良くなるのを待つんでしょうね。ここ2試合は良い結果が出ているようですからこれが続けばいいですね。Paxtonはいつ昇格しても驚きません。 Maurerは安定してくれば今季中にもまたマリナーズで投げることがあるはずです。

ブルペンは全く想像できません。今の状態でPerezを出してしまうと勝ちゲームをさらに落としてしまいそうな。。。どんどん若い投手がデビューしてその中から使える投手が出てきてほしいです。Kinneyがそろそろ復帰ですかね。

コメント

Ackleyのあの弱肩では外野は無理な気がします。捕球術が特別うまければCFで使えるかもしれませんが、捕球術も上手くなさそうだし・・・。

Millerもあの守備では、とてもSSを任せる程度胸のあるGM、MGはいないでしょう。

となると、
M’sの黄金時代?の布陣は、

3B GJ Peterson
SS Franklin
2B Ackley ※打撃フォーム改造が条件
CF Miller
C Zunino

の姿が浮かびます・・・(^~^;)

或いは、
SSに待望の GG賞級の若者が現れるかトレードで得るかすれば、

3B Peterson
SS The 若者
2B Franklin
1B・DH Smoak/Ackley/Montero
C Zunino Marlette

こっちの方がモアベターですネ(笑)

Ackleyはやはり2Bで使えればベストですけどね。OFとしての経験は少ないので現状は問題の肩だけでなく落下点へのアプローチなどOFとしてはまだまだなはずです。期待通り打てるならポジションを奪い返せるかもしれませんけど、今はポジションを固定するよりOFとして経験を積んで複数ポジションで出場を増やし結果を出すしかないでしょう。Gutiが怪我しなければもう少しマイナーで打撃とOF守備の修業ができたのに。。。

Millerはどれだけ打てるか。少なくとも今のフロント陣はSSをあきらめていないのでメジャーでも使うはずです。私はMillerの守備をほとんど見てませんからなんともいえませんけど、結局SSで失敗して2Bや3Bで使って、最後はOFにコンバートになんて事態になれば馬鹿な話ですけど。
Franklinは2B守備しか見てませんし、守備範囲も知りませんけど、中継で見れる範囲のものを見る限りいまのままなら長期的にSSを任せるのは不安な気がします。今くらい打ってくれればいいですけどね。

SS,CFはこれまでのように守れる選手をトレードでというのは当然考えられる選択肢でしょうし、CFは2年後Franklin, Miller, Ackleyの誰かが守っている可能性もあるでしょうね。

MarletteやPetersonはまだどうなるかわかりませんけど、2人とも今はまだ1BやDHではなくCと3Bでがんばってほしいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mlbmariners.blog103.fc2.com/tb.php/500-f9564f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground