--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-11

マリナーズ '09-'10

2009シーズンチーム成績
85勝-77敗 (AL WEST 3位)
観客動員数 2,195,533 (AL7位)

攻撃(最下段はAL内順位)

R

AVG

OBP

SLG

OPS

HR

SB

RBI

640

.258

.314

.402

.716

160

89

613

14

14

14

13

14

11

8

14

  
投手+守備(最下段はAL内順位)

R

ERA

K/9

BB/9

HR/9

WHIP

FIP

BABIP

E

UZR

692

3.87

6.46

3.31

1.07

1.30

4.39

.280

105

85.5

1

1

11

6

5

1

9

1

10

1


(先発防御率:3.89 ブルペン防御率:3.83)



主な動き
<IN>
Chone Figgins (LAA/$36M,4y)
Cliff Lee (PHI)
Milton Bradley (CHC)
Casey Kotchman (BOS)
Brandon League (TOR)
Eric Byrnes (ARZ/$0.4M)
Ryan Garko (SF/$0.55M)
Kanekoa Texeira (NYY)

<OUT>
Adrian Beltre (BOS)
Kenji Johjima (Hanshin, JPN)
Carlos Silva (CHC)
Brandon Morrow (TOR)
Bill Hall (BOS)
Chris Jakubauskas (PIT)
Miguel Batista (WSHm)
JC Ramirez, Phillippe Aumont, Tyson Gillies(PHI)
(FA) Russell Branyan, Endy Chavez, Mike Sweeney

<調停>(2009→2010)
Felix Hernandez $3.8M→$78M/5y
Franklin Gutierrez $0.455M→$20.5M/4y
Casey Kotchman $2.885M→$3.5175M
David Aardsma $0.419M→$2.75M
Mark Lowe $0.418M→$1.15M
Brandon League $0.64M→$1.0875M

<大きな変更>
3B Beltre→Figgins
1B Branyan→Kotchman/Garko
LF Hall/Langerhans/Saunders→Bradley/Byrnes
C Johjima→?
SP Morrow→Lee
RP Batista→League

40-man roster
Non-Roster Invitees
Prospects


各選手昨季成績
SP
 

GS

QS%

W-L

ERA

IP

WHIP

K/9

BB/9

HR/9

FIP

GB/FB

Felix Hernandez

34

85%

19-5

2.49

238.2

1.14

8.18

2.68

0.57

3.09

1.79

Cliff Lee

34

71%

14-13

3.22

231.2

1.24

7.03

1.67

0.66

3.11

1.13

Erik Bedard

15

40%

5-3

2.82

83.0

1.19

9.76

3.69

0.87

3.55

1.05

Ryan Rowland-Smith

15

60%

5-4

3.74

96.1

1.18

4.86

2.52

0.84

4.20

0.91

Ian Snell

27

48%

7-10

4.84

145.0

1.59

5.52

5.15

0.87

4.88

0.96

Doug Fister

10

50%

3-4

4.13

61.0

1.28

5.31

2.21

1.62

5.10

1.06

Jason Vargas

14

21%

3-6

4.91

91.2

1.33

5.30

2.36

1.57

5.07

0.87


RP
 

G

W-L-S

ERA

IP

WHIP

K/9

BB/9

HR/9

FIP

GB/FB

David Aardsma

73

3-6-38

2.52

71.1

1.16

10.09

4.29

0.50

3.01

0.47

Mark Lowe

75

2-7-3

3.26

80.0

1.25

7.76

3.26

0.79

3.60

0.97

Brandon League

67

3-6

4.58

74.2

1.25

9.16

2.53

0.96

3.58

2.11

Shawn Kelley

41

5-4

4.50

46.0

1.17

8.02

1.76

1.76

4.64

0.61

Sean White

52

3-2-1

2.80

64.1

1.09

3.92

2.80

0.42

3.86

1.36

Garrett Olson

31

3-5

5.60

80.1

1.41

5.27

3.81

2.13

6.42

0.72

Luke French

8

3-3

6.63

38.0

1.87

5.45

4.03

2.13

6.39

0.64




  GAVGOBPSLGSBUZR/150RF/9CS%
1BCasey Kotchman 126.268.339.382111.19.46-
1BRyan Garko 118.268.344.42106.29.70-
2BJose Lopez 153.272.303.46331.54.27-
3BChone Figgins 158.298.395.3934218.82.84-
SSJack Wilson 106.255.292.362320.44.60-
LFMilton Bradley 124.257.378.3972-6.91.99-
LFEric Byrnes 84.226.270.393943.42.22-
CFFranklin Gutierrez153.283.339.4251627.13.00-
RFIchiro Suzuki 146.352.386.4652611.32.24-
DHKen Griffey Jr.117.214.324.4110---
CRob Johnson 80.213.289.3261-7.2731%
CAdam Moore 6.217.250.3911-6.630/1
CJosh Bard90.230.293.3610-6.0527%
CEliezer Alfonzo 37.175.197.2540-7.9738%
IFJack Hannahan 103.213.297.326127.72.97-
IFMatt Tuiasosopo 7.227.280.40903.15.14-
1BMike Carp21.315.415.46305.09.19-
OFRyan Langerhans 38.218.311.386021.02.75-
OFMichael Saunders46.221.258.279419.62.56-
IFChris Woodward 33.215.292.228110.43.39-
IFJosh Wilson 72.219.279.3331-4.83.82-

*Bradleyの守備成績はOFでのもの。Hannahanの守備成績は3Bでのもの。Tuiasosopoの守備成績は2Bでのもの。Woodwardの守備成績は3Bでのもの。Jo Wilsonの守備成績はSSでのもの。(これらの選手は守備についた試合数が最も多いポジションでの成績です)


 

GM交代後大幅な選手の入れ替えを行ってきたマリナーズ。
今オフも戦力補強だけでなく、Silvaのトレードや城島の帰国と動きに動きました。

昨季は守備成績の大幅な向上もあって、投手防御率も大きく改善され先発投手の防御率はAL1位。今オフはそこにサイヤング賞投手のCliff Leeが加入し、エースHernandezとのワンツーパンチは現時点でもメジャー最高クラスに。さらにガラスのエースBedardとも再契約して、復活すれば強烈な3枚が揃うことになるかも。
ブルペンは先発とリリーフを行ったり来たりだったMorrowをトレードしてLeagueを獲得。見た目は平凡な成績になってるこの投手は今年のマリナーズブルペンの秘密兵器的存在。細かなスタッツを見ていくとかなり期待できそうな投手です。故障で9月は登板しなかったWhiteは開幕には間に合わないかもとのこと(昨季のような働きをしてくれればブルペンはすごく楽になるんだろうけど)。
キャッチャーはRob Johnsonが開幕に間に合うかどうかわからない状況で、補強の可能性あり。もしかしたらGarkoを使うことになるのかも。

得点力不足にないた昨季。Figginsの加入でついにイチローの後を打つ選手が固定されそうです(打順はまだどうなるかわかりませんが現時点ではこの2人の1、2番でしょう)。守備面でも3Bとしては非常に優秀で地区内のエンジェルスから引きぬけたこともあって大きな補強となりました。Silvaとのトレードでやってきた超問題児Bradleyが尊敬するGriffeyのいるチームで好成績を残してくれれば得点も増えることでしょう。
FigginsやBradleyの加入、城島やBeltreの退団で出塁率は改善されるかもしれないけど、大きいのを打てる選手は少ないので昨年ほどではないにしろ得点力不足になく事があるかもしれません(調子良く打線がつながらない時期が出てくるはず)。
今年のマリナーズはLFや1B、DHなどは対戦投手によってスタメンを入れ替えることになりそうで、野手14人という話も…。
さらにEndy Chavez復帰の可能性もあるようで獲得可能性のあるチームとして名前が挙がってます。

Griffey Jr. primed for big campaign

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mlbmariners.blog103.fc2.com/tb.php/168-97ea4e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

豪華絢爛@@!?

お花の事ならお任せください♪

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。