--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-14

ウィークスDFA

とりあえず5割をと言い続けてきたけど、大きなマイナスが続いてしまい、そろそろあきらめたくなるような気分です。
しかし、勝負のシーズンならあきらめたくない。ということで、どこを変えるべきなのか考えます。Zduriencikを変えるとかMcClendonを変えるというのはまあ置いておきます。あくまでもロスターをいじるならという話。

で、今日入ったニュース。WeeksがDFAされました。
そこはあとで触れるとして、まずは投手から。

投手でどうにかしたいのはRodneyだけです。当然トレードは不可ですから、単純に戦力外です。使い続けるならクローザーそれ以外なら戦力外です。Farquharが今日上がってきましたが、これでブルペンが8人になっているのでまたすぐに下げるんでしょう。Farquharは好きな投手なのでどうにか復活してほしいんですが。
Farquharと並んでお気に入りのWilhelmsenは復帰後好調で、ベテランのLowe、若いSmith、左のFurbushは安定しているようにみえますし、Nunoも入ったので、マイナーに控える投手のレベルが問題ありで枚数に不安は残りますが、とりあえずは整った感があります。問題があるとすればクローザーをどうするか。勢いのあるSmith、クローザー経験のあるWilhelmsenが候補でしょうか?
先に書いた通り、もしNunoが先発に回った時や故障者が出たときに枚数が足りなくなってきそうな気がします。Farquharが復活してくれればいいんですけどね。まあブルペンは緊急補強でどうにかできるでしょう。


先発投手は岩隈の復帰はまだよくわからないし、Paxtonもまだということでやや不安。さらにエースFelixが過去3試合で16失点。しかし、ついにWalkerが安定してきたようですし、Montgomeryも予想以上で今日初勝利。万が一の時のNunoも補強しているので、Felixが通常運転できれば十分平均以上のローテになりますから、とりあえず動く必要はないと思います。それでも、若手たちはどうなるかわかりません。そのため、常にバックアッププランを考えておかないといけません。

先発投手 最近1か月の防御率

Felix5.56
Happ4.30
Elias2.29
Walker3.45
Montgomery2.08
Paxton2.41


ともかく、投手はRodneyの代わりを見つけるのみ。第一候補はPapelbonです。シーズンが進んではいますが元々の年俸が高いので、マリナーズに金銭的余裕がなければ実現しません。その場合は、安くて若いブルペン投手を見つけ出しトレードで獲ってくるか、Farquharの復活を待つか。そういえばChapmanもトレードされておかしくないんでしょうけどね。






野手はまず今季左右投手別の成績を見てみます。

対右投手
wRC+AVGBABIP
Cruz145.373.373
Miller131.257.304
Smith129.255.310
Morrison127.274.289
Seager115.260.279
Jackson82.254.333
Cano81.247.287
Trumbo74.226.279
Ackley62.194.210
Ruggiano56.156.294
Zunino51.149.200
Weeks-5.081.143
Taylor-15.115.182
Bloomquist-42.120.167
Sucre-78.063.091


対左投手
wRC+AVGBABIP
Cruz334.462.414
Taylor197.364.364
Smith185.375.600
Trumbo149.277.250
Seager147.304.289
Jackson139.294.286
Ruggiano137.263.333
Ackley111.200.333
Weeks100.234.250
Zunino78.212.261
Bloomquist44.212.241
Cano43.217.273
Morrison37.203.250
Miller-21.121.182
Sucre-100.000.000


Trumboを獲得した時にも書いた通り左投手に強いことがわかると思います。そのなかで左打者のSmithが左投手を打っているのも目立ちます。が、実はSmithは今季左投手相手には8打席のみしか対戦していません。キャリアで見ても左は打てていませんから、たまたま打っているだけということだと思います。
今日は右のMcHughから2HRのLoMoやMillerは右投手相手にはかなりの好成績で上位で起用すべき選手になっています。Canoさえ例年の調子に戻れば右投手相手にもずいぶん期待できる打線になりそうな状況なんですけどね。逆に対左要員のRuggiano, Weeksがいなくなってしまい強みであるはずの対左打線をどうにかしたくなる状況です。


ポジションごとに見ていくと、まずどうにかしないといけないのが捕手。Sucreは打撃面ではマイナスでしかありませんし、Zuninoも成長どころか…対戦の多い右投手に打率.149はあんまりです。そこで左打者の捕手が欲しいところなんですが、いつも言ってるとおりこれが難しいんですよね。
捕手で名前の出てた記憶があるのはPHIのCarlos Ruizですが彼は右打者。ただ、Zuninoの出場を減らして、Ruizと半々くらいの出場にするのもありかもしれません。OAKのVogtをということを書いたこともありますが、ここはやはりOAKが出しそうにないようです。もうあとは、良く知らない選手ばかりだし、良い案は浮かびません。Hicksを思い切って上げてどうにかなるなら一度上げてみたいですけど、今季はマイナーでも打ててませんね。まだまだZuninoに期待しましょうかね。


次に見ておきたいのが1B。LoMoは対右で好成績を残していますが、健康でいられるかという不安もありますし、そもそも対左の1Bが欲しいです。
というところで対左ではTrumboを使わない手はありません。これなら1Bを補強する必要はないですね。しかし、その場合DH、OFの代わりの選手をどうやりくりするのかという問題が出てきます。1Bを含めた5つの枠にCruz, Jackson, Trumboのほかにあと2人。現状のロスターでは(Weeksが抜けたので), Ackley, LoMo, Bloomquist, Smithのなかから2人を使わざるを得ません。Ruggianoを残していればとつくづく思ってしまいます。と思ってたらRuggianoはどこからもクレームが入らなかったようでAAA行きのようですから、これは朗報です。
ついにWeeksがDFAで、とりあえずFarquharが上がってきましたが一時的な措置なはずで、Weeksの代わりは誰になるのかという話になります。おそらく18試合連続ヒット中のGutiになると思います。Gutiが故障したりすればRuggianoを上げることもできるというのは大きいですね。
もし、Gutiが上がってくれば、対左用の1B、OF、DHの5人はCruz, Jackson, Trumbo, Gutiまで決定。残り1つにLoMoを入れるかAckleyやSmithを使うかの選択にできます。


OFはAckleyの調子を考えれば、対右でも1人補強したいところですよね。現状ではDHを含めた4つの枠にCruz, Smith, Jackson, Trumbo, Ackleyのなかから4人ということになります。しかしこの5人のうち対右wRC+が100を超えているのはCruzとSmithのみであとの3人は平均以下。5人のうち普通にCFを守れるのはJacksonのみで彼を外せないというのは足枷になってしまいそうな状況(とはいっても対右のwRC+はキャリアで103、今季84と打順を下げるなどすることも考えればどうしても外したいほどの数値ではないですね)。それでも左のCFが欲しくなるのはわかります。先日噂になったPHIのBen Revereはまさにこの補強ポイントに合致しそうな選手なんですが、昨季CFで大きなマイナスの守備数値を出して、今季はLFを多く守っているようですから、ちょっとずれる気もします。ほかに左打者のCFということで探すとMILのGerardo Parraがいます。MILは完全に売り手に回るはずのチームですから可能性としては十分にありえますし、来季を見据えればCarlos Gomezも欲しくなるところですけど、右打者だし、なにより対価が多く必要でしょうからね。投手の左右で成績がさほど変わらないということ、契約が来季までということで、状況やタイプ的には昨季のJackson獲得に近いものがあるように思いますが、Jacksonより優れているのがパワーです。

先日Ethierはどうだろうかという話をちょっとだけしました。彼はCFの経験もありますけど、Jacksonの代わりに多くのイニングを守るのは危険。もし獲得すればTrumboの代わりで、たまにJacksonの代わりにCFもということになりますね。
もしくは何も動かないでAckleyを使い続けるか。ご存じのとおりAckleyは一昨年、昨年と後半戦のwRC+は129, 123という優秀な数値を残しています。今季も同じようになるというのは希望的観測ですけどね。
オフにはCOLがDickersonで大きなリターンを狙っているという情報もありました。彼はアウェイでは普通の成績しか残せていないこと、四球を多く選ぶタイプではないことなどリスクはかなりあります。
NYMから出たり戻ったりしているNieuwenhuisも昨季は右投手を良く打っていたんですけどね。今季は全くです。
Trumboを獲ったARIからはDavid Peraltaを紹介しておきます。昨季デビューしてから対左はさっぱりですが、右相手なら平均を大きく超える優秀な成績を残しています。このPeraltaという選手はマイナー時代から同じように左には明らかに平均以下で右をしっかり打っているという面白い選手(マイナー時代の対左打率が.241で右には.343です)。ARIからはPollockが欲しいけどまあ無理でしょうから彼が第一候補です。Trumbo出してもらったばっかりでさらに出すのかどうかって話ですけどね。
高出塁率の左打ちOFってのも探してみるとなかなかいないものですね。



2BはCanoを外すわけにもいかないので復調を待つしかないですね。3BはSeagerで問題なし。

SSは対左をどうにかしないといけません。
現状Bloomquistを使うこともあるわけですが、ここはTaylor昇格で何の問題もありません。Taylorはマイナーに落ちてからもあまり打ててないんですが、対左用のSSとして使えばBloomquistよりも良いんじゃないかと思います(Taylorは今季AAAで対右打率が.243、左が.300)。もし、将来的に左右関係なく正SSとして考えているのならそんな制限のある起用よりもマイナーで出場機会をということになりますが、もう待つ必要はないと思います。メジャーに戻して、調子が上がれば右相手でも出番を増やしてMillerを別のポジションで使うこともできるわけですから。






というわけで、今後の動きは・・・
まずは今日Weeksを切りました。代わりのDH右打者はトレードで獲ってくる必要はありません。マイナーからGutiもしくはMonteroを上げましょう。Trumboが1Bもできるので同じ1BのMonteroよりも単純に打てているOFのGutiでしょうね。
次にBloomquistの代わりにTaylorを。
あとはAckleyを落として、Ethierのように右投手に強いOFをトレードで。本来は左のCFが欲しいところですが、Revereを補強するくらいならJacksonに左右関係なく出場させて、もっと高出塁率(打てる)左打者のCOFを獲得してほしいです。そもそもRevereって左投手のほうが成績残してたりしますからね。
Canoと捕手は我慢するしかないでしょうね。Canoは我慢せざるを得ないとして、捕手をどうにかできればというところですけど、良い案はありませんか?捕手でも1BやLFを守れる選手ならもう少し使い勝手が良いのになあなんて思います。残念ながらSucreは完全に枠を1つ潰しているだけですからね。でもSucreは投手として。。。



(各成績は6/12のHOU戦終了後のもの)

スポンサーサイト
2015-06-12

ドラフト終了

いつのまにかドラフト終了です。1巡指名がなかったので全く気にしてなかったんですが、投手中心の指名になったようですね。

指名した40人のポジションごとの内訳は以下の通り。
RHP 18人
LHP 7人
C 2人
IF 9人
OF 4人

トップ10のうち6人が右投手ですね。

2-60Nick NeidertRHP6' 1"18011/20/1996
2CB-72Andrew MooreRHP6' 0"18506/02/1994
3-94Braden BishopCF6' 1"18008/22/1993
4-125Dylan ThompsonRHP6' 2"18009/16/1996
5-155Drew JacksonSS6' 2"17507/28/1993
6-185Kyle WilcoxRHP6' 3"19506/14/1994
7-215Ryan Uhl1B6' 6"23005/26/1993
8-245Cody MobleyRHP6' 3"19009/23/1996
9-275Connor Hale3B6' 2"18010/10/1992
10-305Darin GilliesRHP6' 4"21411/06/1992



今回最初に指名した2巡60位は高校生右腕Nick Neidert。ひじに少々不安ありとの情報ですが、順調に成長すればおもしろいところまでいける可能性がありそうな投手のようです。
72位のMooreは完成度重視。大きく躓かなければ2017年にもメジャー昇格の可能性がありそうです。すでにアンダースロットで契約との情報が入っています。

CFのBishopは地元選手。昨年指名したCousinoと同じようなタイプになるんでしょうか。守れて走れてという意味ではCFとして必要なものは備えていますが、どれだけ打てるのか。CousinoとBishopどちらかがメジャーまで上がってこれればというところ。
ThompsonもNeidertと同じくハイレベルな高校生投手。
Jacksonは身体能力のあるSSでBrett Jacksonの弟。昨季は打率が.167でしたが今季は.320とよく打っているようです(長打はほとんどありません)。守備の派手さはBrendan Ryanと比べたくなる選手ですが、守備範囲の問題で将来的には3Bへという意見もあります。肩はかなり強そうですね。Bishopと同じくどれだけ打てるかが問題で打撃面の成長がなければメジャーでは厳しそう。成長がなければその肩を生かして投手転向も?

Wilcoxは十分な球速があるようですが、先発ではさほど高くない奪三振率しか残せていません。4,5番手の先発かブルペンに回るのか。リリーフとしてみているスカウトのほうが多いんでしょうか。マリナーズとしてはリリーフくらいは自前の選手を次々に輩出したいところですから、結果を出してくれるといいですね。

Uhlは今季NCAAディビジョン2で長打率1.085のモンスターシーズンを過ごしました。昨季の打率は.265という選手でしたから、今季の活躍が本物なのかどうか?そういう意味では当たれば儲けもの程度に考えておきます。
Mobleyは最速94mphでスライダーとカーブを投げるようですがあまり情報がみつかりませんでした。高校レベルの成績は参考になりませんが、防御率1.69、奪三振率17.33。ちなみに1巡上位指名される高校生投手たちは防御率が1点を切り、奪三振率が20前後だったりします。
HaleもUhlと同じように今季活躍した選手。 .343/.389/.482という打撃成績に加え、守備では3Bのほか2Bや1Bでも出場しています。 打率こそ4年間すべて3割を超えていますが、HRバッターでもなく、ほかの能力も平均を大きく超えるものはないようなのでメジャーまで到達できるかどうかという選手。
Gilliesはブルペン候補でしょうか。防御率だけ見れば平凡ですが、今季は三振がとれるようになったようなので指名したというところでしょうか。これが本物ならおもしろいんですけどね。


投手は大きな選手を指名するイメージもあったんですが上位2人は平均より小さな投手。Farquhar, Rodney, Nunoなど今回指名した2人よりも小さな投手を獲得していたりするので、大きいのはいいことだけど、能力で指名ということなんでしょうか。
Neidert, Mooreはもちろんですが、個人的にはThompsonに期待したいですね。根拠はないけど、かなりやるか、全くダメかだと思います。投手はこの3人のうち1人でもローテに入って、ブルペンに2人くらい入れれば成功というところでしょう。
現在マリナーズは打てないわけですけど、野手は打力よりも守備重視の指名となりました(1巡のAckley, Zuninoがあんな状態ですし、Peterson, Jacksonも苦戦中ということで打はFA、トレードで補強しましょうということなんでしょうか?)。どこまで打てるようになるか。ある程度打てれば価値のある選手になる可能性もあるのかもしれません。が、そこまで期待するのは酷というものです。メジャーまで上がってきてくれればという程度に考えておきましょう。なので、野手は1人でもレギュラークラスになれば大成功。最低でも1人はメジャーまで上がってほしいですね。

2015-06-05

トランボ加入

今更の更新ですが、今回のARIとのトレードについて。

IN
Mark Trumbo
Vidal Nuno

OUT
Welington Castillo
Dominic Leone
Gabriel Guerrero
Jack Reinheimer



まず、一言感想を言うと、今欲しいポイントとはずれている気がしますが、内容だけ見ると良いトレードに見えます。
Trumboはまだ29歳で、打率、出塁率は平均か少し下かもしれませんけど30HR打てるパワーのある右打者。主に(LoMoとのプラトーンで)1Bとして使うのであればかなりいい補強だと思いますが、OFとして使う機会が多いのなら、補強ポイントと少しずれていると思います。
今のマリナーズの補強ポイントは左打者のOF、出塁率が高く1,2番を打てる選手だと思います。今日はCanoを2番に起用していましたが、上位1,2番が足りない状況であれば、Trumboが入ったこともあり、打順を1つずつ繰り上げるのは間違いではないでしょう。あとは1番を打てる選手がいればというところ(2割以下が並ぶ下位打線も問題ですけどね)。

補強ポイントはあくまでも左打者です。Canoが沈んでいることを考慮しても右投手を打てなさすぎです。
今季のマリナーズwRC+は対左投手がMLB全体3位の115、一方で対右は90しかありません。投手の左右を考えると当然右投手のほうが多く、一般的にはおよそ左投手の3倍ほど右投手と対戦することになります。つまり、右投手を打てる打線のほうがシーズン通して考えると有効ということです。それなのに、マリナーズは圧倒的なまでに左投手に強い打線です。そこにTrumboという右打者を加えました。今後どういう動きがあるかわかりませんけど、Trumboを1Bで使い、左をそんなに打てないLoMoの出場機会を右投手だけに限定していくために獲ったのであればいいんですけど、ただ単にRuggianoを押し出してTrumboを獲ったというのであれば、なんだかなあという感想です。個人的にRuggianoの存在は大事だと思っているのでこういう感想になるのかもしれません。少なくとも打撃全体の力でいえばRuggianoよりTrumboが上ですから、打線としてはグレードアップになったのは間違いないはずです。

守備面では期待できないTrumboですが、6番あたりで使うのなら優秀な打者だと思います。4番で使うのには打率、出塁率が低すぎていまいちですけど、6番なら長打力のある右打者として魅力があり、今のマリナーズ打線はCanoが復調すればここ何年かで最も良い選手が並ぶ中軸になっていると思います。
逆に、イチローがいなくなってから1番打者が悩みのタネ。最近は奇策にでている感もありますが、どうにかしたいところ。長打力のある選手は多いものの、出塁率の良い選手がいない今のマリナーズです。



Nunoですが、あまり印象がありません。ヤンキース時代に何度か見てるはずなんですけどね。
DLに入ってるPaxtonも含めれば、左のローテ候補はかなり厚い層になりました。Happは開幕から頑張っていますし、Eliasは好調、Montgomeryは初登板で好投、そしてNunoが加入。FelixとWalkerも含めれば岩隈、PaxがDL中にもかかわらず、6人が揃いました。もちろんWalkerやMontgomeryがずっとローテを守れるかという話ですし、岩隈はまだまだ帰ってきませんから、このくらいは揃えておかないといけません。
しかし、ブルペンもどうにかすべきでしょう。とりあえずNunoがブルペンに入るようなので、長いイニングを投げれる投手が入ったことでだいぶほかの投手は楽になるんじゃないでしょうか?クローザーはブルペンで最高の投手が入る必要はない、リードを守れれば良いと考えている私ですが、さすがに毎試合ピンチを迎えて、防御率が6点7点もあるようなクローザーは厳しいです。かといって、7回8回にそんな投手は使いたくないので、使うなら今のポジションです。ダメなら切るしかないでしょう。ちょうど契約は今季で切れます。



一方で放出したのは今季ほとんど活躍できなかった選手たち。Leoneは昨季欠かせないブルペン投手であったはずが、今季は開幕から打たれ放題でマイナー落ちもしていました。
捕手のCastilloはシーズン中にCHCからやってきたばかりでしたが早くもトレード。2012年から昨年までの3年間は捕手として十分な打撃成績を残していましたが、今季は大不振でOPSは5割にも満たない状態でした(マリナーズではたったの.339)。
Guerreroはマリナーズの中では上位のプロスペクトですが、マリナーズに多い右打者のOFプロスペクトの1人という程度になりかけていました。21歳でAAまで上がっていますが、今季はHRも2本のみで、四球も大して選べないという意味ではメジャーでどれほど通用するか疑問はありました。
Reinheimerは成績から見るに、良くても内野のユーティリティーにしかなれないし、パワーがなく、四球も少ないのを考えるとかなり厳しいはずです。昨季かなり打っていたので、AAでも打てれば少し楽しみだったんですけど、やっぱりメジャーで活躍する姿は想像しにくいです。

そんなわけで今の状態を考えると、4人出しても全く惜しくはありません。Leoneの昨季、Castilloの数年前の成績を見ると、出すのはもったいない気もしてきますけど、TrumboとNunoを貰えるなら、深く考える必要もなくトレードを実行するでしょう。Nunoは先発もできますし、ブルペンとしてはMedinaよりも好成績を残す可能性は十分あると思います。強引に考えると、最近の動きをまとめてRuggianoがTrumboに、MedinaがNunoに代わったという気持ちで見ることもできるんでしょうか?


ということで、このトレードの後に、ロスターを空けるために、RuggianoをDFAしています。さすがにWeeksが先でしょ?という話です。Ackleyもどうにかすべきだけど、いちおう左なのでね。同じ右なら打てない、守れない、契約が今季だけのWeeksが先でいいんじゃないだろうかという話。ネガティブに、今季このまま負けると考えれば、FAになるJacksonのほうが先でもいいくらい。どうせ来季JacksonとWeeksはいなくなるんですから右のOFは1BやDHでも起用されそうなTrumboとCruzだけになるので、ますますRuggianoは残すべきだと思うんですけどね。
保有権が来季まであり、打撃成績を見ても、対左投手という意味ではRuggianoは残した方が良いし、OF3ポジションを守れることを考えてもDFAするのはもったいないと思います。対右を考えるとTrumboのほうが上でしょうけど、保有権が同じ、右打者という点も同じ、年俸はRuggianoが1/3程度。さて、今回の動きにはどんな意味があるのでしょうか?
唯一考えられるというか、望みはRuggianoでそこそこ優秀なブルペン投手を獲得できるのではないかということ。Weeksならトレードは絶対無理なので、WeeksじゃなくRuggianoを切ったのならトレードは成立させてほしいものです。RuggianoでRodneyの代わりを引っ張ってこれればチームの弱点はかなり埋められ、とりあえず残るはAckleyの代わりの左打者OFだけということになると思います。さすがに保有権が来季までの左投手にしか使えないOFでクローザーをくれる球団はないでしょうけどね。



最後に、最近のチーム状況です。せっかく5月中に5割という目標まで到達したことを喜ぼうかと思ったら、一気に借金6となってしまいました。。。さて、これから再び5割に届き、貯金を増やしていくことがあるのかどうか。
これからのキーポイントは右投手を打てる左打者OFの獲得(+Canoの復調)とブルペンの安定化です。まずはNuno加入でRodney以外のブルペンがどれほど安定するのかですね。
左のOFということで候補を何人かあげようと思いましたけど、もう記事も長くなったしやめておきましょう。でも、1人だけあげておきます。それはLADのEthierです。契約は2017年まであるし、今季は成績も残してしまっているようですが、LADも売りたいはずで安く手に入る可能性はあるはず。昨季は厳しいシーズンになりましたが右投手に圧倒的な強さを誇る彼こそ今のマリナーズに足りない対右投手の切り札になってくれるでしょう(Ackleyの代わりとしては数段階グレードアップになります)。長い目で見ればEthier獲得はマイナスになる可能性も高いですが、今季にかけるZduriencikとしては十分ありえる選択肢でしょうね。

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。