--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-04-19

厳しいスタート

ローテが2回りしましたが、3勝7敗(AL最下位)となり期待とは裏腹に厳しいシーズンスタートになりました。


投手陣は、
WilhelmsenがDL、Rodneyが大炎上とブルペンは不安要素がありますが、まあこのくらいならどうにかなるレベルでしょう。Rodneyが打たれてもセーブをゲットできる投球をしてればブルペンはいいと思うんですけど、彼がクローザーではなくなると、彼の使いどころが難しくなっていろいろと歯車が狂いかねない気がします。そうなるよりはDLにでも入ってくれた方が良いかもしれません。まあそうならないことを祈ります。
先発は3月敵なしだったWalkerが2試合とも大量失点。試合を見てないけど、さすがに打たれすぎですから、もう少しよくなるはず。数字だけ見て言わせてもらうと、四球がこんなに多い状態はまずいです。Paxtonも失点が増えてますが、問題の四球は少なく、HRさえ減らせればというところ。昨季は13試合で被本塁打がたったの3本だったのに、今季は早くも2本。GB%も悪いです。ともかく四球だけじゃなく、失投が減ればという投手。岩隈がいまいちなのも計算外ですが、どうにかしてくれるでしょう。Felixはさすがで、Happはこの調子で試合を作ってくれればというところでしょうか。

Cruzを補強して得点力アップを目指した打線は今のところ例年通りの貧打線。得点は少ないし、fWARベースでも10位。
開幕から好調だったAckleyが落ち着いてしまいましたが、Cruzが期待を超える破壊力を見せ始めているのはうれしいところです。
Cruzがこんなに打てるなら3~5番は期待できますから、問題はその前後。特に1、2番をどうするのかがやはりカギになりそうです。ここまでの試合の1,2番はほとんどで、Jackson, Smith/AckleyもしくはWeeks, Jacksonという並びになっています。
どちらの場合にしてもJacksonが上位に入ることになるので、彼の復調が得点力アップには欠かせないわけですけどもいまのところ昨年の彼と変わりがないようで。。。2012年の.300/.377/.479から2年続けて落ちて昨季マリナーズに来てからは.229/.267/.260。2013年、2014年(DET)並みの数字でもチームの得点は増えそうな気がするんですけどね。
そして2番をどうしていくか。出塁率がそこそこ期待できそうなSmithというのがファーストチョイスのはずです。Ackleyが調子よければそれもありでしょうか。
下位のZuninoには打率は期待してないのでたまに長打が出ればいいんですけど、三振ばかりのようで。Millerは長打を含めてもう少し打ってくれないとTaylor復帰で出番が減るかもしれませんね。LoMoももっと打ってくれないと困ります。Bloomquist, Weeksの1Bでの出番が増えないようにしっかり打ってほしいものです。Monteroも…。


まあまだ10試合。悪いことばかりじゃなく、良い時も来るはずです。それまで粘って勝ちを拾わないといけません。最低でも5割を目指したい4月。これから調子を上げてほしいものです。



マイナーではドラ1のAlex JacksonとDJ Petersonも苦しんでますね。
Edwin Diazは良いスタートを切ってます。
EliasはAAAでも打たれてますね。う~ん。AAAではGaviglioが良さげでうれしいです。どこかでチャンスが回ってくればいいんですけど。

スポンサーサイト
2015-04-04

開幕へ

開幕目前になりました。

長期離脱者をほぼ出さずに開幕を迎えられそうなのはとっても良いことですね。マリナーズに戻ってこれるのかAAAに合流するのかはっきりしませんけど、Taylorもすぐ復帰できるはずです。


ローテはEliasが外れ、ErasmoはトレードでWalkerが開幕ローテ入り。期待せずにはいられない投球を毎回披露しているWalkerにはシーズンもこの調子でお願いしたいものですね。一方でPax, Happの両左腕は不安な仕上がり。Paxには大きな期待をしている反面まだ不安はあります。Felixも打たれてるみたいですけど、まあ調整ですから彼くらいの実績があると不安には思いませんよね。岩隈は調子良さそうです。

Rollinsが薬物規定違反で出場停止を食らったこと、Erasmoがトレードされたことでブルペン最後の枠はOlsonに決定しました。2番目のブルペン左腕といってもこの春の働きを見ていると、Furbushを上回るくらいやってくれればという期待もあります。
ブルペンは心配していない(したくないという願望も多分に含まれています)私ですが、Wilhelmsen, Farquharが昨年くらいやってくれないときつくなるのかなあと思ってます。特にWilhelmsenはよくやられているようなので昨年より悪い4月になりそうで心配です。
注目のSmithが開幕マイナーになったようなので途中昇格で大きな力になってくれればという思いと、Smithなしでもしっかりやってくれるくらいのブルペンであってほしいという思いがあります。できるだけSmithを呼ばずに済むような状況が理想ですけど、今のブルペン陣の状況なら4月中に昇格してくるんじゃないかという気がしてなりません。。。
Rodneyには完璧を求めていませんから、昨季くらいセーブを稼いでくれれば失点したって問題ないです。不安だろうが何だろうがリードしたまま試合を閉められればいいんです。Medina, Leoneも昨季くらいやってチームに貢献してほしいですね。
ブルペンを心配しない理由は、単純にどうにかなるという思いだけじゃなく、どうしようもない場合はよそのチームから補強するのがほかのポジションに比べて楽というのがありますからね。


野手陣はTaylorの離脱を除けば予定通りのメンバーが残りました。
捕手は今春HRを打ちまくっているZunino。進化の3年目で.230, 25HRくらいを期待したいものです。SucreはSucreらしい貢献をお願いします。

内野はLoMo, Cano, Miller, SeagerにBloomquist, Weeksというメンバー。打線の中心になるであろうCano, Seagerが長期離脱しないことはプレイオフへ向けての絶対条件かもしれませんね。LoMoも故障なく打ってくれればというところですが、まあどうなるかわかりません。Millerは今年こそ。。。ベテラン2人はそれぞれ期待された働きをしてくれればというところですが、さてどうなりますか。

外野はAckley, Jackson, Smith, Ruggiano, Cruz, Weeks。
CruzはDHが主になるでしょうけど、ほかのOFはシーズン通して固定できるかどうか。Jacksonが昨季の不調から抜け出せれば大きいんですけど、使えないとCFは厳しいですね。Ruggiano, Jonesでは不調のJacksonとたいして変わらないはずです。LFはAckleyが打って固定できれば大きいですけど、Weeksが好調なら彼の出番が増えるのかもしれませんし、Smithが絶好調ならRuggianoもLFで出ることになるかもしれません。OFは不調の選手が出ないことよりも好調の選手が複数いるという状況が続けばいいんですけど、そう上手くいくのかどうか。。。



故障者をほとんど出していないことから考えても4月は最低でも5割。プレイオフを考えるとしっかり貯金したいものです。
とはいえ4月は結果よりもローテがしっかり回せるかどうか、ある程度得点できるかどうか、チームとしてどの程度やれそうなのかが一番気になるところです。5月以降はチームの成熟というか、手探り状態がなくなってチームがかみ合うようになるのか、勝ち方を確立して、勝ち星を増やせるのかですね。
そして、4月はまず実績の少ない若手たちのがんばりに期待したいです。Pax, Walker, Miller, Zuninoなどですね。


‐追記
すみません。LeoneじゃなくてSmithが開幕ロスターに入るようですね。

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。