--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-26

2015戦力分析 マリナーズ

好調だった投手陣とCanoの加入した野手陣でプレイオフまでもう一歩というところまできたマリナーズ。得失点差から考えれば90勝以上できていたくらいに良かったんですけど、87勝でした。今年こそは。。。


オフの主な動き

INOUT
Nelson Cruz (DH)Michael Saunders (OF)
Seth Smith (OF)Chris Young (SP)
Justin Ruggiano (OF)Brandon Maurer (RP)
J.A. Happ (SP)Corey Hart (OF/DH)
Rickie Weeks (UT)Joe Beimel (RP)
Kendrys Morales (DH)
Chris Denorfia (OF)
Justin Smoak (!B)



数選手が動いたものの明らかな戦力アップが期待できるのはDHくらい?戦力にならなかったHartやMoralesに代わって本塁打王のCruzを獲得しました。RFはSaundersに代わってSmith & Ruggiano。ローテはYoungに代わってHapp。Youngが想像以上に良かっただけにHappが同じように良い結果を出せるかどうか。Smith & Ruggianoは普通にやれば打撃はSaunders1人より良いはず。
好成績を残したブルペンから2人抜けました。



ポジション別に見ていくと、

CはZunino。守備面での成長が今季も続けばと思います。打撃ではパワーを見せた昨季。確実性がもう少しあればいうことなしです。.240打ってほしいし、穴が小さくなれば…まあそんな簡単に良くなるとは思いませんけど。
控えにはSucre。守備面での評価が高いようなので、Bakerが期待をはるかに上回るものを見せなければSucreでしょう。Hicksはもう少しマイナーでいいと思います。

1BはMorrison。LoMoは昨季後半良かったので健康でその勢いを持続してくれればというところ。控えはBloomquistやMonteroでしたが、Weeksを獲得。Bloomquistは1Bとしてはどう考えても打力不足でMonteroも守備面の不安だけでなく打撃もどこまでやれるか不安でしたから良い動きだと思います(が、対左で期待したいMonteroの出番がほぼなくなってしまう動きですね。まあLoMoがまた離脱する可能性を考えれば層を厚くしておかなければいけません)。LoMoが左、Weeksが右なので投手によって使い分けもできます。

2BはCano。打率、出塁率は高いレベルで安定しているものの、移籍して本塁打数が半減。二塁打数も微減でしたから、今季は長打がもう少し増えればという気はします。反面、走塁は過去に比べてかなり良い数値が出ていたように思います。盗塁数も初めて二桁、BsRも2.4でマリナーズではJonesに次ぐ数値でした。。怪我がなければ当然WARは5以上が期待できるはずです。
Weeksを獲得しましたが、Canoになにかない限り2Bでの出番はほとんどないはずです。

SSはMillerかTaylor。Weeks移籍前ならこの2人で出場機会を分け合う可能性もあったのかもしれませんが、Weeksを獲ったことでどちらかがマイナー行になる可能性が非常に高くなったと思います。個人的にはMiller推しと言い続けてるので使ってほしいんですけど、キャンプ、オープン戦で結果を残した方を使えばいいと思います。
BloomquistをDFAしてしまう可能性はあるんでしょうか?もし、そうなれば若手2人でSSをという可能性も残ってはいます。しかし、Taylor, Miller両選手をマリナーズに残して出場機会を分け合えば打席数は少なくなるので、Bloomquistを切って、2人をマリナーズに置くのではなく、Bloomquistを残して若手のどちらかをマイナーで毎試合出場させる選択をする可能性のほうが高いんじゃないかと思います(少なくとも夏前までは)。ほかのポジションで使う機会があれば話も変わってきますけど、2B/3Bには完全なレギュラーがいて、Weeksを獲ったことで1BやCOFでの出場も難しそうですからね。Millerに関してはCFでという手もあるにはありますけど。
そして、シーズン後半にはMarteが出てきてMillerやTaylorが昇格してきたときのように、いい働きをしてくれればという期待もあります。

3BはSeager。ここ10年で生え抜き最高の野手と言ってもいい選手。大きな契約をした現時点では何の不安もありません。

LFはAckley。昨年後半は.269/.307/.476と長打力を見せ、フルシーズンのLFとしてもまずまず。fWARも2.1で平均レベルの選手であったと言えます。毎年のように今年こそはと期待しているわけですが、果たして今年は・・・。
ほかにはWeeksやRuggianoが候補でしょうか。SmithもLFを守る機会があるかもしれません。若手に出番が回ってくる可能性もあるかな?

CFはJackson。マリナーズ加入以来いいところなしですが、FA前ということで本来の力を発揮してほしいものです。1番としての打撃力も不安ですけど、落ち続けている守備力もまた不安。
Jacksonが使えない場合の選択肢がJonesやRuggianoくらいしかないのも大きな不安要素ですね。Jonesは少ないイニングながらCFとしては大きなマイナスの数値、打撃では昇格後非力さが目立ってしまいました。一方で走力は魅力的でしたよね。Millerのコンバートも考えるべき時期なのかもしれませんが、Jacksonがどうにもならなければシーズン中の補強でどうにかすべきだと思います。

RFはSmithとRuggiano。Smithは守備が不安ですが、昨季.266/.367/.440という好成績。 出塁率はずっと平均以上で、パワーも平均より少し上、打率は平均以下になる可能性もありますが、打撃は全体的に平均より少しいい選手という感じだと思います。右投手相手に限ってはキャリアwRC+が123。
プラトーンパートナーになりそうなRuggianoは左投手相手のキャリアwRC+が128。この2人がこの数値通りに役割をこなしてくれれば打撃面では平均以上のRFになるはずです。

DHは新加入の目玉Cruz。昨年CanoがNYY最後の3年平均30HRだったのが、14本になったことから考えれば20本程度になりそうな気もしますが、3/4程度になると予想して25~30HR程度になればいいのかなあというところ。DHに苦しんだマリナーズとしてはDHが.250/.300/.450でも打ってくれれば大幅な戦力アップなわけですけど、打撃専門のDHに4年$57Mという大金を払ったので.260/.320/.480くらいは欲しいですね。これくらい打てば34歳のDH選手に大金を払った価値が少しはあるのかも…という気もしてくるかもしれません。


ローテはFelix, 岩隈については問題なし。3, 4番手はPaxtonとHappになるはずで、5番目がWalkerとEliasの争いと予想しています。
3番手以降はたしかに不安もありますが、期待もしています。Paxは大好きな投手ですから、信頼しています。ただ長期離脱しなければいいんですけど…。同じく左腕のHappですが、どうなんでしょう。球速が上がり続けているというおもしろい投手ですが、昨季のYoungのようなうれしいサプライズとなればいいんですけどね。Saundersとの1対1で獲ったので少なくともローテを守ってくれないと困ります。投手と野手、FAまでの期間いろいろ考えても昨年のYoungくらいやってくれないと釣り合わないトレードだと思いますからね。
Walkerはそろそろ大きく羽ばたいてほしいものです。期待としては180イニング投げて防御率3.40~3.80。Eliasには昨年のような成績を期待します。もちろんもっといい成績になればうれしいです。
7番目の候補であるErasmoはマイナーオプションが切れているようなので、もしかすると他球団行の可能性も。Erasmo好きを公言している私ですから、残ってもらって少ないチャンスをものにしてほしいんですけど。。。ブルペンに置いてロングリリーフというのも手です。Erasmoの次の先発候補が思い浮かびませんからデプスはやや不安。緊急時にはErasmoのほかだと、昨年のようにWilhelmsenに40球目途に投げてもらうのもありですけど、ローテが2人3人と離脱したら厳しいです。まあそんなTEXみたいなことにはならないでほしいですね。
あとはHultzen。 Walker, Paxがローテに定着できそうなところまできていますから、Hultzenも早く復活してメジャーに到達してほしいものです。今のところ順調そうですかね。


ブルペンは昨季すばらしい成績を残しました。
Rodneyは自分でピンチを作ってなんとか逃げ切るというRodney劇場を何度も展開してくれました。同点で出てきて勝ち越しを許すということは何度かありましたがセーブ失敗はたったの3回。個人的にはクローザーよりセットアッパーに良い投手を置きたい、最後を投げる投手は失点しても逃げ切れればいいと思っているので、今年もぎりぎりで踏ん張ってくれればというところ。(もちろん理想は3人でぴしゃりですよ)
Furbushはあいかわらず左打者に強く、Farquharは安定しています。Maurerは抜けましたが、Smithに同じような働きを期待できます。Leoneも良かったので今年も期待しましょう。
そしてWilhelmsen。春は不安定で心配でしましたが、先発転向の話も出るくらい中盤以降は良かったと思います。実際に先発した2試合を除けば4月26日以降の防御率は1.64と抜群の数字を残しています。
私はそんなに気にはしてないんですけど、左のワンポイントをどうするかというのはブルペンの問題点でしょうね。BeimelがFA市場に残っているので再契約の可能性も残ってはいますが・・・SaundersやPerezらマイナー契約の左腕を争わせて1人マリナーズに残すのかもしれません。



昇格してくるかもしれない若手選手

・Kivlehanには打撃重視のユーティリティーという役割を期待したいところです。右打者なので打撃が良ければAckley(LF), LoMo(1B)のプラトーンや3Bの控えとして使い勝手は良いはず。まずはAAAでどれだけ打ってアピールできるか。

・Petersonが好調で早期に昇格するとなれば1Bか3Bのレギュラーに何かあった時だと思います。なにもなく順調に後半・終盤に昇格してきて打撃面で少しでも戦力になってくれればというところでしょうか。

・Hicksはメジャーの選手に何かあれば昇格のチャンスがあると思います。とはいえ焦る必要もなく、AAAで成長してほしい。守備評価は良さそうなので、もう少し打てるようになればおもしろい選手。

・現状のMarteはMIFの控えレベルの域を出ないのかもしれません。打撃力が向上すればレギュラーになれるかもしれませんけど、焦る必要はありません。数字上も年々打撃力は向上しているようにみえるし、20歳でAAAに到達し3割を打つ能力はやはり期待したくなります。スイッチヒッターであるのも魅力です。

・LaraはCOFとしての経験を積ませたいんですけど、打ちまくれば今季マリナーズで見る可能性もあるのかもしれません。が、そこまでの期待はしません。まあ、そうなればうれしい誤算です。


このほか大穴として期待したいのがTy KellyとのトレードでやってきたSam Gaviglio。ここまでのキャリアは先発としてやってきたようですが、リリーバーとしてなら今季中に昇格しておもしろい結果を出す可能性があると思います。昨年は先発としてK/9が8.30ながら右打者相手に限ってみれば11.62でFIPは2点台。球速がさほどなく、ゴロを打たせられる投手でコントロールも悪くはないのでタイプ的には先発なんでしょうから、緊急時の先発候補の1人になってくるかもしれません。ちなみにOSU出身なのでRomeroやTyler Smithと同じですね。





今季のマリナーズは大きな穴を埋めたことで、弱点という弱点がほとんどなくなったバランスのいいチームに見えます。実際戦うとどうなるかわかりませんけどね。
打線は1,2番をどうするのかが課題ではありますが、3~5番に計算できる選手が揃ったのは心強いです(私はCruzが不安ですけど、がんばってくれるでしょう)。ここにきてのWeeksの加入はうれしいので結果を出してくれればというところ、ダメならシーズン途中に切るかもしれません。
不安な走塁面を長打力で補えれば、得点力は平均を超えてくるはずですが、毎年得点力不足に泣くマリナーズ、そう上手くいくのかどうか。
守備は右サイド(1B, RF)とJacksonのさらなる劣化がないか不安なくらいで全体としてみれば良いように思います。
投手は不安もあるけど、結局は平均より良いもののはずです。
毎年5割を目標にしていましたが、今年はプレイオフ、90勝が目標にできる戦力が整っていると思います。



打撃6
走塁4
守備6
野手デプス6
ローテ7
ブルペン7
投手デプス6
予想勝数78-94



スポンサーサイト
2015-02-18

2015戦力分析 アスレティクス

昨年は前半から調子が良く23もの貯金を作り、大補強を敢行したのに勝てなくなり、なんとかプレイオフに進んだけど負けてしまったOAKを見ていきます。後半に調子を上げてくるイメージがあったチームだけに補強が裏目に出てしまったというところでしょうか。


オフの主な動き

INOUT
Ben Zobrist (2B/SS/OF)Josh Donaldson (3B)
Billy Butler (DH)Jon Lester (SP)
Tyler Clippard (RP)Jeff Samardzija (SP)
Brett Lawrie (3B)Jed Lowrie (SS)
Jesse Hahn (SP)Derek Norris (C)
Marcus Semien (SS)John Jaso (C/DH)
Ike Davis (1B)Alberto Callaspo (2B/3B)
Josh Phegley (C)Jason Hammel (SP)
Sean Nolin (SP)Brandon Moss (1B)
Chris Bassitt (SP)Luke Gregerson (RP)
Kendall Graveman (SP)Jonny Gomes (LF)
Eury De La Rosa (RP)Geovany Soto (C)
R. J. Alvarez (RP)Nick Punto (IF)



今オフも戦力が大きく入れ替わったため、どれほどの力を持ったチームなのかはシーズンが始まってみないと計りきれない部分もあると思います。もう全く別のチームですよ本当に。
抜けたメンバーを見るとシーズン途中で獲得したエース級のLesterやSamardzijaをはじめ、ローテからはHammelも抜けました。内野は捕手3人を含めレギュラー格がすべて移籍。
逆にあまり変わっていないのはOFとブルペンです。



ポジションごとに見ていくと、

Cには昨季1BやOFも守っていたVogtと新加入のPhegleyしかいません。Vogtは2012年にTBでメジャーデビューしましたが、その年は25打数無安打。そのオフにOAKへ移籍してAAAで.324を打ち、メジャーでも.252、昨季はAAAでOPS1.0超、メジャーでも.279/.321/.431。年々成績が向上している30歳です。

1BはDavis。2012年に32HRを放ったものの、それ以降はいまいち。復活できるかどうか。

2BはZobristなので問題なし。

SSはDan Robertsonをトレードしてしまったので、新たに獲得したSemienを据えることになるんでしょうか。高い三振率だけが目立っていて、ほかは守備も含めて平均に近い数字ですが、どれくらいやれるのか。控えにはSogardがいます。

3BはLawrie。一皮むけきれない感のある選手で、いきなりDonaldsonほどの活躍は無理でしょうけど、健康で150試合以上出場できれば.280, 20HRくらいを打っても不思議はありません。

LFはFuld。シーズン途中で加入してから期待に応えられずにいたわけですが、今季はやってくれるんでしょうか。控えには右打者のGentryがいます。おそらく彼が全ポジション守れるOFとして働くことになるんでしょう。

CFはCrisp。もうOAK6年目になります。一昨年は22HRを打ちましたが、昨季は9本。盗塁数も年々減ってきていて、35歳という年齢から考えてもそろそろ衰えてくるのが普通でしょう。それでも.250/.330/.370くらいは打てるはずでCFというのを考慮すれば十分な打力、ただし守備力が衰えなければです。Gentryは健康であれば高い守備力があるはずなので組み合わせて使えればCFとしては平均以上の戦力になるでしょう。快足のBilly Burnsの出番もあるでしょうか。

RFはReddickで決まり。高い守備力と平均以上のパワー。打率がもう少しあればいうことなしですね。

DHはButler。意外と大きな契約になった印象ですがそれでも獲ったということは期待しているということなんでしょう。昨季は.271で本塁打数一桁に終わってしまいましたが、まだ20代なんですから、もう一度3割、20本くらい打てればいいですね。



ローテーションはGray, Kazmir, Chavez, Pomeranz, Hahn, Nolin, Graveman, Bassittなど。
さすがOAK候補はたくさんいます。大好きなGrayはエースへ成長していければ…。復活のKazmirは健康で過ごせれば悪くてもそれなりの働きはできるはず。3番手以降はどうするのか知りませんけど、実績からいけばChavezがブルペンに回らない限り入るはず。あとはPomerantzやHahn, Nolin, Graveman, Bassittなど若手たちの争いでしょう。
このほかにもJarrod ParkerやA.J. Griffinもいます。もちろん開幕には間に合わないんでしょうけど順調ならオールスター前には戻ってこれるはず。この2人が本来の力を発揮すればハイレベルなローテになります。

ブルペンは昨季リーグ屈指の成績だったDoolittleが離脱。Clippardがクローザーとして例年並みの安定した働きができるかどうかは見どころかもしれませんがまあ大きな問題はないでしょう。ちなみにクローザーも務めた2012年は過去5年の中で最も悪い与四球率と防御率だったようですが。
ほかにはCook, O'FlahertyそしてAbad, Alvarez, Oteroなどがいますし、先発候補の中から誰かブルペンに回る可能性もあるはずですからまあ大きな問題になることはないブルペンメンバーがそろっていると思います。



多くの移籍が発表された後もOAKはまだ戦えると思っていたんですが、こうやってまとめてみると大きな戦力をたくさん放出しているので苦しむ可能性もあると思います。
今年はレギュラー陣がまず不安というか計算できない選手がちらほら。そして、野手の厚みが例年に比べるとやや足りないような気もします・・・まあ、最近は若い選手をあまり知らないのでそう感じるだけなのかもしれませんけど。あとは守備面が例年より良くない数字が出るかもしれませんね。
一方、ローテは常に若手が競い合う環境ができているOAKですから、1,2人何かあった時でも代わりの投手が結果を残そうと頑張るはずで、そこがOAKの魅力で見どころです。

OFは複数故障者が出てもZobristを回せば済みますし、COFはどうにでもなると思っているはずですが、Fuldが打ってくれないと厳しいような・・・ということでLFが一番気になるポジションです。IFはZobristとLawrieが完全なレギュラーとして固定できるでしょうけど(Zobristは固定せずにいろんなポジションで使う可能性もありそうですが)、SSはSogardを含めてもまだ不安な気がします。1BもDavisが復活するのか?1BとSSの2人がある程度やれれば、大打者はいなくても野手は平均レベルに届くと思います。

OAKといえばプラトーン起用や複数ポジション守れる選手をうまく使いこなしていく印象があります。そのMLBの代表ともいえるZobristを補強して、Vogtも1BやOFも守れる便利な選手なわけですが、こんな便利な選手がもう1人いればという気がします。プレイオフを目指せるようなチーム状態であればシーズン中にCを補強してVogtを昨季のような使い方をすることになるのかもしれませんけど、現状ではCとしての出場が多くなりそうな気がします。Phegleyを良く知らないんですけど彼の出場が増えればVogtを動かしやすくなって面白そうな気はします。




打撃7
走塁5
守備5
野手デプス6
ローテ6
ブルペン
投手デプス8
予想勝数75 ~ 95




2015-02-09

2015戦力分析 エンジェルズ

開幕までに地区内の戦力分析というか予想をやっておきたいと思います。




まず最初に昨季98勝を挙げたLAAを見ていきます。


・オフの主な動き

INOUT
Matt Joyce (OF/DH)Howie Kendrick (2B)
Josh Rutledge (MIF)Kevin Jepsen (RP)
Andrew Heaney (SP)Hank Conger (C)
Nick Tropeano (SP/RP)Jason Grilli (RP)
Cesar Ramos (RP)Gordon Beckham (2B)
Drew Butera (C)Wade LeBlanc (RP)
Johnny Giavotella (IF)Joe Thatcher (RP)
Alex Sanabia (SP)John McDonald (IF)
Jackson Williams (C)Brennan Boesch (OF)
Roberto Baldoquin (SS)



Angelsの強みはなんといってもTroutがいること。健康であればMLBトップの選手であり、1人でチームの勝をいくつも増やせる選手です。ただし、彼が長期離脱ということになれば戦力は大幅に下がることが予想できます。
Troutに加えてPujolsとHamiltonがどれだけやれるかというところが得点力に大きく関係してくるところ。殿堂入り間違いなしのPujolsは移籍後BB/Kが落ち、打率、長打力もSTL時代ほどのものはなくなっています。それでも十分に注意すべき打者で中軸としては平均レベルに届いています。大きな体の選手ですから故障も気になるところですし、年齢も35歳、個人的にはもう一度3割、40本を打つところを見たいですが、そうなれば他チームにとってLAAは強敵となります。
Hamiltonはシーズン中に34歳となります。こちらもどれだけ健康でいられるかが大きなカギとなります。可能性としては30HRを打てる選手ですが、100試合・10本くらいで終わる可能性も十分あるはず。
なんだかんだで若手が出てくる球団ですが、この2人が苦しむことになれば(AyberやCalhoun、Iannetta, Frreseがいるとはいえ)Trout1人のチームになってしまいますから、苦しくなるはずです。



ポジションごとに見ていくと、

Cは打撃で高い出塁率が魅力のIannettaが正捕手。シーズン終了後FAとなることを考えると勝負の年です。2014年に80試合ほど出場したCongerが抜け、代わりにButeraが入るものと思われます。Williamsも獲得していますね。

1BはPujolsとCron。Cronが大きな進化をするとは思いませんが、そうなってくればPujolsに何かあった時も安心です。

2BはKendrickを出して、平均以下の選手たちが争うかたち。候補は新加入のRutledge, GiavotellaそしてGreenあたりでしょうか。

SSはAyberで問題なし。

3BはFreese。2012年までは打撃で目立った選手でしたが、2013年はSTLで平均レベルの打撃、そして移籍した昨季も同じレベルのさほどパッとしない成績でした。さて、今年は復活できるのか、それともさらに成績を落とすのか。

LFはHamiltonがどこまでやれるか。なにかあればCowgillの出番が増えるんでしょう。Joyceも健康面がやや心配で、どれくらい守れるのか不明。

CFはTrout。体が大きくなったため、守備面で大きなプラスはなさそうですが、健康であれば最高の打者です。

RFはCalhoun。昨年ブレイクした選手。一昨年も成績は良かったので今季も同じくらいの成績は期待できるでしょう。成績だけ見れば平均を大きく下回るものがなくすべてで安定した選手という印象です。

DHはCronやJoyce, Pujolsなどが入ることになるんでしょうか。



ローテはWeaver, Wilson, Richards, Shoemaker, Santiego, Heaney, Tropeanoなどが候補。
Weaver, C.J. Wilsonが元気にやれるのか。そしてRichards, Shoemakerが昨季のような成績を残せるか。この4人がしっかり投げられれば平均以上のローテになるはずです。
Weaverは2010, 11年あたりをピークに徐々に成績は下降中、Wilsonも移籍後はTEXで残した成績には程遠い状況。それでもこの2人は当然勝ち越せるはず。そして昨季2人合わせて22の勝ち越しだったRichardsとShoemaker。この4人で+25いけば今季もプレイオフ争いをするはずです。
個人的には新加入のHeaneyに注目しているのでがんばってほしいです。

ブルペンはいつでも補強できると考えているのか大きな補強はしていません。Street, Smithの前を投げる投手を早い段階で決められれば勝ちパターンは作れそう。Pestano, Salas, Morinあたりが候補になるんでしょうか?ほかに元気な投手が出てくる可能性もあるはずですし、今季のようにシーズン途中で補強する手もあるでしょう。





怪我がなければ当然プレイオフ争いをできる戦力だと思います。
野手はPujols, Hamiltonが元気でいられるか、Kendrickの抜けた穴をどう埋められるか。
投手はローテ投手たちが怪我なく回せるか。勝ちパターンの継投をいつ確立できるか。
注目点はこのへんでしょうか。

野手はTroutを除いてしまえば、そんなに怖い戦力ではないと思いたいけど、そこまで甘くないはず。周りを固めるメンバーは経験もあり、面倒な選手がいますからね。昔は足でかき回す印象もありましたが、強打者を補強して、いまや走塁の上手い選手、脚を使える選手が少ない印象です。それでもTroutがいる限りは平均より少し多く得点できるんじゃないかと予想しておきます。
投手陣は調子が良ければ手ごわいと思います。ローテは5人全員が平均を大きく下回ることはないはずですから、ブルペンが踏ん張れれば今季も90勝以上できると思います。





打撃7
走塁4
守備4
野手デプス5
ローテ7
ブルペン5
投手デプス6
予想勝数82 ~ 92







Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。