--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-15

オフの補強候補 1B/DH

野手の最後は1BとDH。
最も打ってほしいポジションなわけですがマリナーズは今季DHが打率2割にすら届かない状況。1Bも決して良いと言える成績ではありません。
なので、ここは補強しなければいけないポジションということになります。


Logan Morrison (27歳・左投左打)
マリナーズ移籍1年目は今までと同じような成績になりました。キャラクターも今までのマリナーズにはいないタイプでチームにとって良い効果があったように思います。とはいっても1Bとしてはもう少し打撃力が欲しいところ。いちおうCOFも守れるのでレギュラー1Bではなく、いくつかのポジションで出番を確保しながらという使い方もできます。

20142013通算
vs RHP98114110
vs LHP14539105


Jesus Montero (25歳・右投右打)
キャンプイン時の激太りに始まり、最後は問題を起こしてロスター枠拡大の9月にも呼んでもらえないという完全に無駄な1年を過ごしてしまいました。毎度言ってますけども左投手時にDH起用ならメジャーでも通用すると思ってます。ただ、それではあまりにも出番が少なくなってしまい、使い勝手の悪い選手です。緊急時に捕手が出来ますが、そんな緊急事態は年に1試合くらい。1Bの守備ができればもう少し使いたくなるのかもしれませんけど、少しは守れるようになってるんでしょうか?若い若いと思っていましたが来季は25歳でむかえるシーズン。そろそろどうにかしないといけません。
20142013通算
vs RHP-127073
vs LHP13351131




Victor Martinez (36歳・右投両打)
レギュラー定着後ほぼ毎年3割をクリアしている天才打者。FAとなる今季は自己最多のHRを打ち、BB>SOを記録、ますます価値を高めました。当然QOになるでしょうから契約すればドラフト指名権を1つ失います。年齢を考えると長期契約しにくいはずですが4年程度になると思います。
20142013通算
vs RHP152122123
vs LHP21195129


Adam LaRoche (35歳・左投左打)
$15Mの来季オプションを持っていますが、FAになる可能性があります。毎年のように安定した打撃を見せているように思います。ただ左右別にみると対左投手には明らかに平均以下。年齢はかなり上になってきたものの、もう1度複数年契約を結べると予想。走塁は大きなマイナス。
20142013通算
vs RHP146118120
vs LHP755589


Kendrys Morales (31歳・右投両打)
QOを蹴ってドラフト終了まで契約できず、ツインズと契約後には結局マリナーズにトレードで戻ってきて不振。来季はどんな契約をするんでしょう?当然1年契約ですけど。今季は散々でしたがこのまま終わってしまうのか復活できるのか。それにしても右投手に苦戦しました。もう守備は計算できないようなので完全なDH扱いでしょう。
20142013通算
vs RHP64117117
vs LHP8612096


Torii Hunter (39歳・右投右打)
名手Hunterもいまや見る影なしという守備数値と年齢になってきました。一方で打撃はまだ平均以上。ただデータを見るとボール球に手を出す率が増えているようですね。優勝を狙えるチームで現役を続けると予想されます。おそらく契約の決断は早いと思います。
20142013通算
vs RHP110113111
vs LHP124127126


Evan Gattis (28歳・右投右打)
遅咲きの選手。鮮烈なMLBデビューは昨季のことです。ダイジェストでしか見ることない選手なのでよく知りませんけど、データを見ると特筆すべきはパワー。400打席で2年連続20本をクリアしましたからフルタイムのDHになれば30本以上になる計算です。
20142013通算
vs RHP115107111
vs LHP171115138


Scott Van Slyke (28歳・右投右打)
OFのところで1度紹介している通りで、多くのチームにフィットする便利な選手。固定してフルシーズン使うとどんな成績を残すんでしょう?
20142013通算
vs RHP122139116
vs LHP193118151


Billy Butler (28歳・右投右打)
オプションがあるものの金額が高いのでおそらく行使されることはなくFAになると予想します。2012年には.313/.373/.510とすばらしい成績を残しましたが、今季は本塁打が9本に終わってしまいました。年齢から考えればまだまだやれるはずなんですが…キャリアwRC+は117。ちなみに守備走塁は大きなマイナスを出しています。
20142013通算
vs RHP84119108
vs LHP137113142


Delmon Young (29歳・右投右打)
厳しい契約で始まった今季、打席数は255ながら3割超の打率で見事な復活といっていいような成績を残しました。とはいえ四球はほとんどなく、長打力も平均レベルにすぎません。DHでしか使えないことを考えても来季いいオファーがあるかといえば微妙でしょう。
20142013通算
vs RHP13010091
vs LHP10195114


Josh Willingham (36歳・右投右打)
ここ2年の打率は.211まで落ちています。一方で出塁率は.344。長打力はまだまだ平均を超えています。三振が増えていてそろそろ危険ですが、右の長距離砲としてオファーがあると思います。
20142013通算
vs RHP103103119
vs LHP13794129


Michael Cuddyer (36歳・右投右打)
今季でCOLとの3年契約が切れます。過去2年出場数は179試合ながら.331/.385/.543とスーパーな成績。当然ホームがとんでもなく打者有利というのはあるわけですけど。
20142013通算
vs RHP115148105
vs LHP241109132


Corey Hart (33歳・右投右打)
故障明けのシーズンでしたが復活できず。まずは健康状態を整えられるか。今季は三振率は大幅に悪化したわけではないけれど、ボール球に手を出していて、パワー系の数値が悪かったです。(2013年は全休なので下の表には2012年のwRC+を載せています)
20142012通算
vs RHP73118107
vs LHP66138130


Mike Morse(33歳・右投右打)
昨季から一転BABIPも例年に近い数値となり、wRC+133と中軸にふさわしい成績を残しました。なぜマリナーズでは打てないのか。。。一方、守備ではやはり大きなマイナスでOFとして使うのは自殺行為。DH/1Bタイプです。
20142013通算
vs RHP13178121
vs LHP13783124


Ike Davis (28歳・左投左打)
シーズン序盤にPITへトレード。2012年に32HRもここ2年は合計で20HRとパワーは平均以下。その間プラトーン扱いで左投手先発時にはほとんど出場していないようですね。もし獲得するなら安価で可能性を求めてというトレードになりますが、マリナーズにMorrisonがいる限りは獲得することはないでしょう。FAまで2年。
20142013通算
vs RHP120110126
vs LHP-201561


Mark Trumbo (29歳・右投右打)
故障もあり厳しいシーズンとなりましたが、パワーはさすが。キャリアISOは.213です。一方で2年連続打率は2割3分台、出塁率は3割に届いていません。右のビッグパワーとして6番あたりに置いておきたいタイプでしょうか。FAまで2年。
20142013通算
vs RHP8390102
vs LHP115154123


Chris Davis (29歳・右投左打)
FAまであと1年になりました。今季は打率が2割に届かないなど大きく成績を落とし、さらに薬物検査にもひっかかるというマイナスばかりが目立つシーズンになっています。そこでBALが放出に踏み切れば獲得に動くのもありなんじゃないでしょうか。まあ年俸が高いから獲得には資金面からも難しいだろうし、交換選手も必要になります。知っての通り三振が非常に多く、Ryan Howardと重なるような気も。。。
20142013通算
vs RHP97204125
vs LHP8810592


Adam Lind (31歳・左投左打)
オプションが$7.5Mと手頃なため行使すると予想して省略しようと思いましたが、TORとは今オフも戦力再編成を行う可能性があるはずでもしかすると動く可能性があると思います。細かく見てませんけど、右に強く、左を打てないという他にデータではこれといった大きな特徴はないと思います。
20142013通算
vs RHP164150128
vs LHP-365253



V-Martは今回の市場・このポジションでは完全に抜け出た存在なので、人気も集中して、金額も大きなものになると思います。そこで狙うは同じDETのHunter。守備成績を見るとRFでも大きなマイナスを出しているようなのでそろそろ限界だと思いますが、打撃はもう1年wRC+120近くを残せる可能性はあると思います。
GattisはATLがトレードしそうなので、ALのチームがDH要員として獲得することになるはずです。マリナーズもチェックしておくべきでしょう。タイプ的にはMonteroと重なる気がしますけどね。Van Slykeも欲しいですけど、LADは出さないと思います…たぶん。
Morales, Hartを残すのはファンが許さないですかね?HartはMorseのようにあきらめるとしてもMoralesは昨季があっただけにもう少しやってくれると信じたい気持ちもあって安ければ…。
あとはOFでも挙げたGomes。ここで書くということはDH起用を中心に考えたいということですけど、いちおうOFでもがんばってくれればいろんな可能性が出てきます。


Smoakはここまで名前すら出してません。昨季はwRC+111で今季のさらなる活躍を期待しましたが、伸びるどころか大きく下がってシーズン途中からマイナー生活(AAAではしっかり打ってるんですけどね)。やはり中距離打者としては確実性が足りません。代わりの選手がいるのであれば、もはやチャンスをあげられない状況になってしまいました。来季契約は$3.65Mのオプションでバイアウトが$0.15M。再契約するにしても$0.15M払ってからでしょう。
LoMoとSmoakが同じ金額になるならLoMoを残したいです。調子が良い時は打てるけど…という印象のLoMoですが、キャラクターは良さそうなのでチームに良い効果をもたらしている気がします。ただ、右に強いという左打者ではなさそうなので、プラトーンするにもなんだか微妙。
個人的にはなんとかMonteroを使いたいんですが、25人しかない枠に入れようとするとどうにも難しいですね。

D.J. Petersonは調子が良ければ来季どこかで昇格する機会がありそうなので、期待しておきましょう。


スポンサーサイト
Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。