--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-09-30

Game 162 (9/29)

OAK3連戦3戦目 0-9負 「BOX SCORE」 71勝91敗




最後は今季のマリナーズらしく大敗でした。Ibanezの最終打席はスタンディングオーベーションでしたけど、来年戻ってくるんですかね?

・20HR以上が4人、10HR以上が9人でチームHR数は188本。HR数はすばらしいシーズンでした。20HR4人はチーム史上8回目だそうです。チームHRは30チーム中2位。
・来季開幕まで183日。


選手、スタッフ、ファンのみなさん1シーズンお疲れさまでした。Wedgeもお疲れ様。私も今年はがんばりました。これからは更新頻度が大きく落ちると思います。
今年こそ5割をと思っていたのに、またも失望のシーズンになってしまいました。やっと若手が本格的に増えて少し未来が見えてきたような気もしますけど、順調に成長してくれるのかどうか…まあ今後どうなるのかはまだよくわかりませんね。成長して核になる選手が出てくればいいんですけども。
上のほうはGMがたった1年残留で監督は辞めてしまうという状況でこちらは将来のビジョンも何もないとってもよろしくない状況ですから心配です。

そういえば開幕前にいろいろ予想してました。まあこんなもんでしょう。。。「開幕前の予想


明日TEX対TBがありますけど各タイトルは決定ですかね。ダルビッシュ奪三振王おめでとう。Kershawは結局1点台で終えてしまいましたね。



スポンサーサイト
2013-09-29

Game 161 (9/28)

OAK3連戦2戦目 7-5勝 「BOX SCORE」 71勝90敗


ハイライト

・Millerは3試合目のマルチHR。満塁HRは初。
・Smoakは20本目のHRでキャリアハイ。2010年にマイナーとメジャー合わせて22本打ったことがあります。
・Franklinは20本目の二塁打。
・Ibanezはノーヒットで2000本安打は難しくなりました。あと7本。
・今日の残塁は1つだけ。
・Maurerは9月の4先発で1勝1敗、防御率4.42、奪三振20、与四球4、被本塁打2。
・DETのSanchezが防御率2.57となりました。もし岩隈が上にいくには8回無失点が必要です。
・24位のCOLが勝利し、マリナーズの25位(ドラフト6位指名)が決定。
・2013年最終戦の先発はErasmoとGray。

2013-09-28

Game 160 (9/27)

OAK3連戦初戦 2-8負 「BOX SCORE」 70勝90敗


・Guti, Morales HR
・Felix 6回(106-64)、被安打5、与四球1、奪三振6、失点3

ハイライト

・Felixが6年連続200イニング到達。今季は9月にローテを飛ばしましたが奪三振率が初めて9を超え、FIPはキャリア最高を記録しました。12勝10敗、防御率3.04、216奪三振。
・Wedgeが今シーズン限りで退任すると発表されました。昨季終了後に1年のオファーはあったようですが…断ったようですね。
・Colonを打ち崩せず、岩隈がもう1試合登板しない限り最優秀防御率のタイトルはなくなりました。
・今日の負けで来年ドラフトの10位以内が確定(あと1敗で6位指名確定)。QO選手を獲得しても1巡指名は守られます。
・最終戦の先発がPaxtonからErasmoに変更されています。
・明日の先発はMaurerとParker。
好プレー

・BBWAA(Baseball Writers' Association of America)の選ぶマリナーズのPlayer of YearはSeager、Pitcher of Yearに岩隈。
・マリナーズ・マイナー各賞発表


・Baseball Americaのマイナーリーグ別トップ20プロスペクトの発表が始まっているようです。NWLはDJ Petersonが3位、Austin Wilsonが5位、Jack Reinheimerが14位、Lars Huijerが18位。

2013-09-27

野手三冠

打者三冠とか投手三冠という言葉があります。今回は野手三冠について。野手三冠という言葉はあまり聞きませんけど、つまり走攻守ですね。今回は走攻守3つの指標で今季は誰が上位にいるのか一覧にしてみました。

Fan Graphsに載ってる指標はいろいろありますけど、最近Off, Defっていうのが出来たようです。このOffってのは打撃だけでなく走塁も入ってくるのでCabreraよりもTroutが上に来るわけですね。Defはポジションによる補正も入ってるようです。
走はBsR、攻はwRC+、守はDRSでいこうと思ってましたけどせっかくなので守備はDefでみてみましょう。

BsRwRC+Def
1Ellsbury11.4Cabrera191Machado, 3B33.2
2Andrus9.6Trout176Simmons, SS30.8
3E Young9.4Davis166C Gomez, CF25.2
4Rios8.8Goldschmidt159Parra, RF/CF23.9
5Trout8.1Werth157Arenado, 3B23.5
6A Escobar7.2Votto156Martin, C22.4
7Marte6.9McCutchen155A Escobar, SS18.9
8McLouth6.2Choo152Y Escobar, SS18.3
9J Upton6.2Ortiz150Victorino, RF18.2
10D Murphy6.1Donaldson150Y Molina, C16.7
11L Martin6.0Carpenter149Longoria, 3B16.5
12A Jones6.0Freeman149S Perez, C15.9
13Crisp5.8Encarnacion145Pedroia, 2B14.6
14C Gomez5.7Tulowitzki145Wieters, C14.3
15A Jackson5.7Mauer144Tulowitzki, SS13.9
16Pence5.5Cuddyer144Barney, 2B13.5
17Jennings5.1Cano143Cozart, SS13.1
18McCutchen5.0Holliday142Ellsbury, CF13.1
19Gordon4.8Beltre136Denorfia, OF13.0
20イチロー4.7Moss136Frazier, 3B12.8


三冠王はいませんでした。
Troutは今季守備の数値があまり伸びていませんが、三冠にもっとも近いのは彼になります。2年連続でfWARが+10を超えそうですから、実際のプレーだけでなく成績で見ても彼がどれだけとびぬけた選手かということがわかります。打って走って守れるまさに理想のプレイヤーです。

打撃だけで上位にくるCabreraやDavis, Ortizはすばらしいと思いますが、今回は三冠ということで見ていくとTroutのほかにはMcCutchen, Gomezなんかが次にあがるところでしょうか。McCutchenのDefは7.5、GomezのwRC+は128です。

TuloはSSとしてなにもかもが規格外の選手ですが走力だけは並なので三冠の可能性はありません。Ellsburyは1番打者で長打力がさほどなくフォアボールをすごい数選ぶわけでもないので打撃で上位に来るのは難しいけど、守備・走塁ではすばらしい選手。BsRとDefで上位に入っているAlcides EscobarのwRC+は49しかありません。毎年のように走と守で上位のBournがどちらもトップ20に入っていませんでした。30歳を過ぎてスピードが少し落ちてきたでしょうか?ちなみにBsRは4.2、Defは1.4です。

来季はTroutが三冠を獲れるか、そして健康なHeywardに期待したいです。
そういえば規定打席に届いていないPuigはwRC+が163、BsRは-4.2、Defは-0.5で三冠どころか打撃だけがとびぬけた選手になってます。



走を一番初めに持ってきてるのに深い意味はありません。走攻守の順番にしただけです。
BsRでみるとなんでこの選手が入ってるの?って名前もありますけど、走塁はスピードだけじゃないってことなんでしょうね。FAで注目のEllsburyがトップ。2位Andrus。Andrusはやや暴走気味なこともありますが、2人とも走塁でチームに特別な貢献ができる選手です。YoungやTroutもすばらしいスピードです。イチローが入っているのはうれしいですね。




打撃では2年連続三冠王が難しくなってきたCabreraの独壇場。2位にはTroutがきてます。そして2冠王なるかというDavis。Goldschmidtは順調に成長してますから来季は非常に楽しみです。Vottoは当然上位に来るとして、Werthが久しぶりに上位に来ました。後半戦のWerthはMcCutchenとMVP争いをするような成績を残しています。
Donaldsonは来季どうなるのか注目ですね。Carpenterは2012年もwRC+は126と優秀でした。




守備ではポジション補正が入っているのでセンターラインの選手と3Bが目立ちます。あとは動けるという意味で若い選手が多くなりますね。トップ30にもっとも多く入っている球団はBOS、BAL、KC、CINで3人、BALはHardyが21位に、KCはMoustakasが30位に、CINはPhillipsが28位に入っています。

上位の若手たちはほんとうにすばらしい。Machadoは今季何度好プレー集に出てきたんでしょう。Simmonsは言うまでもなく。GomezはHRキャッチを何回もしてます。新人のArenadoは打撃よりも守備で目立ってますね。

9月に入ってSDが契約延長したDenorfiaが19位に入っています。今季はOF3ポジション全てで好成績を残しており、打撃で長打力があれば…という選手。Cozartは私のお気に入りの選手の1人で昨オフにやった妄想ロスターでも彼を獲得してました。まあ打撃面の問題から今後もレギュラーであり続けるかどうかは微妙かもしれませんが。Ryanはずっとトップ10に入るようなレベルでしたが今季は年齢のせいなのか守備数値はダウンしています。Beltreも今季は大幅ダウンでDRS、UZRともにマイナスになっています。





あまり見たくないけどマリナーズを確認してみると

BsR…Miller 2.5、Ackley 2.1、Saunders 1.6、Seager 1.4、Almonte 1.1、Zunino 1.1、Guti 0.5、Franklin0.2、Ibanez -2.3、Smoak -4.9、Morales -5.4
チームBsR AL14位

wRC+…Ibanez 122、Morales 116、Seager 114、Smoak 108、Guti 108、Almonte 107、Saunders 102、Miller 98、Franklin 90、Ackley 84、Zunino 77
チームwRC+ AL10位

Def…Miller 0.4、Zunino -0.3、Seager -1.4、Almonte -2.1、Guti -3.3、Franklin -3.9、Ackley -4.7、Saunders -5.4、Smoak -14.0、Morales -16.4、Ibanez-22.1
チームDef MLB30位

打撃重視の結果チームwRC+は2012年の87から92へわずかにアップ。そして守備崩壊。。。走塁は鈍足ランナーを複数抱えながらも若さでなんとか最下位は免れています。


2013-09-26

Game 159 (9/25)

KC3連戦3戦目 6-0勝 「BOX SCORE」 70勝89敗


・岩隈 8回(101-73)、被安打4、与四球1、奪三振9、無失点
・Zunino 2HR
・Saunders HR、1四球

今日も岩隈は最高でした。ボール球を振らせて三振をとり、ランナーを出せばゴロを打たせてダブルプレー。完封させてもらえず残念でした。打つほうではHR3本とSeagerのタイムリーで5点+エラーで1点。良い試合でした。

ハイライト

・9月6,7日以来の連勝。
・Zuninoはメジャーで初のマルチHR。
・岩隈は23イニング連続無失点。後半戦防御率2.14。9月は5試合中4試合で無失点、2勝0敗、防御率0.76。今季33試合に投げて219.2イニング(100球以上投げたのは9試合のみ)、14勝6敗、防御率2.66、185K/42BB、WHIP1.01。すばらしい2年目でした。防御率はSanchezとColonが2.64でもう1試合ずつ登板予定なので結果によってはタイトル獲得の可能性もあります。
・今季14回目の完封勝ちで2001年に並びました。球団記録は2003年の15試合。
・明日は休みで今季最後のシリーズはOAK戦。
28日11:10 Felix (12-9, 2.99) - Bartolo Colon (17-6, 2.64)
29日5:10 Maurer (4-8, 6.48) - Jarrod Parker (12-7, 3.74)
30日5:10 Paxton (3-0, 1.50) - Sonny Gray (4-3, 2.90)
好プレー


デビューから4試合(デビュー4先発の防御率1位Felixと2位Paxton)の比較
防御率勝敗イニング奪三振与四球AVGOBPSLGBABIP
Felix1.242-129304.157.196.157.222
Paxton1.503-024217.172.234.299.203

2013-09-25

Game 158 (9/24)

KC3連戦2戦目 4-0勝 「BOX SCORE」 69勝89敗


・Paxton 7回(97-65)、被安打4、無四球、奪三振10、無失点
・Smoak HR、1四球

Paxtonいいですね。今日もファストボールは力強かったです。来年どのくらいやってくれるんでしょうね。
ハイライト

・Zuninoがメジャー初盗塁。
・Paxtonは昨季に比べ63.1イニングも多く投げています。ただし昨季はレギュラーシーズン後AFLにも参加しています。ちなみに中4日で最終戦にも先発予定になってるようです。
・Hultzenが再び肩の違和感でJames Andrews医師に診てもらうようですね。。。
・来年もZduriencikでいくと公式にコメントされたようです。昨季終了後に2014年の契約をしていたようですが正式発表はしていませんでした。今季の大きな負け越しでもしかしたら解任の可能性もあるのでは?という感じでしたけど、Zdriencik政権はまだ続きます。Wedgeのほうはまだなにも公式発表はありません。
・明日の先発は岩隈とSantana。
好プレー

2013-09-24

Game 157 (9/23)

KC3連戦初戦 5-6負 「BOX SCORE」 68勝89敗




今日は更新できないと思います。


・明日の先発はPaxtonとChen。

2013-09-23

Game 156 (9/22)

LAA3連戦3戦目 3-2勝 「BOX SCORE」 68勝88敗


・Felix 4回(92-54)、被安打1、与四球4、奪三振10、失点1
・Smoak HR


・今季1点差試合は19勝28敗。
・Smoakの右打席でのHRは今季初。
・Felixはあと1.2イニングで今年も200イニング達成。マリナーズで6度以上200イニング投げているのはMoyerとRandy Johnsonのみ。また2004-08のJohan Santana以来5年連続200回、200奪三振となります。
・Almonteはデビューから打席に立った試合全て(16試合)で出塁中。
・明日からKC3連戦。
24日11:10 Maurer (4-8, 6.95) - Yordano Ventura (0-0, 1.59)
25日11:10 Paxton (2-0, 2.12) - Bruce Chen (8-3, 3.13)
26日11:10 岩隈 (13-6, 2.76) - Ervin Santana (9-9, 3.16)



Farquharの今季左右別対戦成績(昨日まで)
対戦打者数wOBAAVGOBPSLGBABIPFIPK/9BB/9GB/FB
対右打者104.306.266.337.370.4141.9013.313.800.79
対左打者108.221.165.252.229.2731.7613.183.542.07

カッターを持っているので左打者を抑えられるのには納得で、右打者はフライで打ち取り、左打者はゴロで打ち取るという特徴がみられます。三振やフォアボールは左右でほとんど差がありません。右打者のBABIPが異常に高く結果は悪くなってますが、FIPになると同じくらいになるようです。
あと、昇格して少し経ってから気になってたんですけど、ランナーなしだとwOBAが.229なのに、ランナーありになると.312。被打率も.168から.282になります。

2013-09-22

Game 155 (9/21)

LAA3連戦2戦目 5-6負 「BOX SCORE」 67勝88敗




・Ibanez通算300号HR&41歳シーズン最多タイとなる29号HR。

・昨日どこか痛めて降板したErasmoは股関節だったようですが、今日はもう問題なくなってるようなので次回登板は予定通りいけそうです。
・明日の先発はFelixとWilson。

2013-09-21

Game 154 (9/20)

LAA3連戦初戦 2-3負 「BOX SCORE」 67勝87敗


・Erasmo 6回(93-68)、被安打6、与四球1、奪三振3、失点2(自責0)
・Saunders 2安打(二塁打)、1四球、2打点、1盗塁
・Franklin 3安打(二塁打)

7回Franklin二塁打、Zuninoフォアボール、Ackley内野安打で満塁として好調Saundersが2点タイムリー。直後代打に出たSeagerが守りに就いてすぐエラー。ランナー2人のところでErasmoは足を痛めたようでPerezに交代。1アウト二三塁になってRuffinへ。Ruffinは2アウト2ストライクまでこぎつけますが同点タイムリーを浴びてしまいます。その後得点なく延長戦へ。11回LaFromboiseが打たれて終了。
FranklinはSSを長い間やっているだけあって2Bよりも動きは滑らかだった気がします。今日はダブルプレーも3つ完成させています。

ハイライト

・Erasmoは後半戦12試合(11先発)で5勝2敗、防御率3.93、50K/18BB。8月以降は防御率3.62。
・Seagerが5月22日以来の休養でスタメンを外れました。球団記録を更新していた3Bでのスタメン出場が106試合でストップ。
・FranklinはSSで初スタメン。
・Ackleyは後半戦.311/.373/.449
・87敗となり昨季の負数に到達。延長戦での敗戦は今季14試合目。ドラフト順位は現在6位。5位のMINも過去10試合でマリナーズと同じ2勝8敗で1.5ゲーム差。残り8試合でもう1つ上がるのは難しそう。7位のMILとも1.5差。11位のNYMは4ゲーム差で10位以内はほぼ確定。
・Millerは日曜か月曜の試合で復帰の可能性。
・明日の先発はSaundersとWilliams。
好プレー

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。