--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-30

躍進のナショナルズ

マリナーズに大きな動きがないのでプレイオフに進んだWSHの動きを数年さかのぼってまとめてみました。
書いてる途中で表にすれば良かったと思ったんですが、もう面倒だったので。。。見にくいと思いますが気になる方は読んでみてください。


まず勝敗とFangraphsのチームWARの推移
2009 59-103(野手19.1+投手3.0=22.1)
2010 69-93(20.6+13.0=33.6)
2011 80-81(18.6+13.9=32.5)
2012 98-64(28.7+21.4=50.1)





ドラフトはもう少し前から振り返ると、
2007
(1)Ross Detwiler
(C)Josh Smoker
(C)Michael Burgess
(2)Jordan Zimmermann
(2)Jacob Smolinski
(4)Derek Norris
(5)Bradley Meyers
(6)John McGeary

2008
(1)Aaron Crow(unsign)
(2)Destin Hood
(3)Danny Espinosa
(4)Graham Hicks
(9)John Higley
(10)Tom Milone
(16)Tyler Moore
(19)Stephen Lombardozzi

2009
(1)Stephen Strasburg
(1)Drew Storen
(2)Jeff Kobernus
(3)Trevor Holder
(4)A.J. Morris
(6)Michael Taylor
(12)Nathan Karns

2010
(1)Bryce Harper
(2)Sammy Solis
(3)Rick Hague
(4)A.J. Cole
(5)Jason Martinson

2011
(1)Anthony Rendon
(1)Alex Meyer
(C)Brian Goodwin
(3)Matt Purke
(4)Kylin Turnbull
(5)Matt Skole

2012
(1)Lucas Giolito
(2)Tony Renda
(3)Brett Mooneyham
(4)Brandon Miller
(5)Spencer Kieboom






2009年シーズンからの動きをみていきます。
その年の主要メンバーとシーズン中、シーズン終了後の主な動きをまとめました。

2009ロスター
C Josh Bard/Jesus Flores/Wil Nieves
1B Nick Johnson/Adam Dunn
2B Anderson Hernandez/Alberto Gonzalez/Ronnie Belliard
3B Ryan Zimmerman
SS Cristian Guzman
LF Josh Willingham/Adam Dunn
CF Willie Harris/Nyjer Morgan
RF Elijah Dukes/Austin Kearns

SP John Lannan, Craig Stammen, Jordan Zimmermann, Garrett Mock, J.D. Martin, Ross Detwiler, Scott Olsen
RP Mike MacDougal, Joel Hanrahan, Ron Villone, Jason Bergmann, Joe Beimel, Julian Tavarez, Tyler Clippard



2009シーズン中の主な動き
Ryan LangerhansをSEAへトレードしてMike Morseを獲得
Joel Hanrahan, Lastings MilledgeをPITへトレードしてSean Burnett, Nyjer Morganを獲得
・Joe BeimelをCOLへトレードしてRyan Mattheus, Robinson Fabianを獲得
・Nick JohnsonをFLAへトレードしてAaron Thompsonを獲得
・Ronnie BelliardをLADへトレードしてLuis Garcia, Victor Garateを獲得


2009オフ
加入
Ivan Rodriguez(FA)
Livan Hernandez(FA再契約)
Matt Capps(FA)
Adam Kennedy(FA)
Jason Marquis(FA)
Joel Peralta(FA)
Miguel Batista(FA)
Doug Slaten(ウェイバー)
Tyler Walker(FA)
Chien-Ming Wang(FA)

放出
Josh Bard
Livan Hernandez(FA後再契約)
Austin Kearns
Ron Villone
Mike MacDougal








2010ロスター
C Ivan Rodriguez/Wil Nieves
1B Adam Dunn
2B Adam Kennedy/Cristian Guzman
3B Ryan Zimmerman
SS Ian Desmond
LF Josh Willingham
CF Nyjer Morgan
RF Mike Morse/Roger Bernadina

SP Livan Hernandez, John Lannan, Craig Stammen, Luis Atilano, Jason Marquis, Stephen Strasburg
RP Matt Capps, Tyler Clippard, Sean Burnett, Joel Peralta, Miguel Batista, Drew Storen, Doug Slaten



2010シーズン中の主な動き
Matt CappsをMINへトレードしてWilson Ramos, Joe Testaを獲得
・Cristian GuzmanをTEXへトレードしてRyan Tatusko, Tanner Roarkを獲得
・Yunesky Mayaと契約


2010オフ
加入
Jayson Werth(FA)
Rick Ankiel(FA)
Adam LaRoche(FA)
Laynce Nix(FA)
Alex Cora(FA)
Todd Coffey(FA)
Jerry Hairston(FA)
Tom Gorzelanny(CHCからトレード)
Chien-Ming Wang(再契約)
Henry Rodriguez, Corey Brown(OAKからトレード)
Cutter Dykstra(MILからトレード)
Erik Davis(SDからトレード)

放出
Adam Dunn
Josh Willingham(OAKへトレード)
Miguel Batista
Willie Harris
Adam Kennedy
Tyler Walker
Wil Nieves
Joel Peralta
Chien-Ming Wang(FA後再契約)
Nyjer Morgan(MILへトレード)
Alberto Gonzalez(SDへトレード)
A.J. Morris, Graham Hicks, Michael Burgess(CHCへトレード)









2011ロスター
C Wilson Ramos/Ivan Rodriguez/Jesus Flores
1B Mike Morse/Adam LaRoche
2B Danny Espinosa
3B Ryan Zimmerman
SS Ian Desmond
LF Laynce Nix/Mike Morse
CF Rick Ankiel/Roger Bernadina
RF Jayson Werth

SP John Lannan, Jordan Zimmermann, Livan Hernandez, Jason Marquis, Chien-Ming Wang, Tom Gorzelanny, Ross Detwiler
RP Drew Storen, Tyler Clippard, Henry Rodriguez, Todd Coffey, Sean Burnett, Ryan Mattheus, Collin Balester



2011シーズン中の主な動き
・Bill Rhinehart, Christopher MannoをCINへトレードしてJonny Gomesを獲得
・Jerry HairstonをMILへトレードしてErik Komatsuを獲得
・Jason MarquisをARIへトレードしてZachary Waltersを獲得


2011オフ
加入
Gio Gonzalez, Robert Gilliam(OAKからトレード)
Edwin Jackson(FA)
Chad Tracy(FA)
Mark DeRosa(FA)
Brad Lidge(FA)
Chad Durbin(FA)
Xavier Nady(FA)
Chien-Ming Wang(再契約)
Rick Ankiel(再契約)
Ryan Perry(DETからトレード)

放出
Rick Ankiel(FA後再契約)
Todd Coffey
Alex Cora
Jonny Gomes
Livan Hernandez
Laynce Nix
Ivan Rodriguez
Chien-Ming Wang(FA後再契約)
Luis Atilano
Collin Balester(DETへトレード)
Cole Kimball(ウェイバーでTORへ)
A.J. Cole, Tommy Milone, Derek Norris, Brad Peacock(OAKへトレード)







2012ロスター
C Jesus Flores/Kurt Suzuki/Wilson Ramos
1B Adam LaRoche
2B Danny Espinosa/Steve Lombardozzi
3B Ryan Zimmerman
SS Ian Desmond/Danny Espinosa
LF Mike Morse/Steve Lombardozzi/Tyler Moore/Roger Bernadina
CF Bryce Harper/Rick Ankiel/Roger Bernadina
RF Jayson Werth/Bryce Harper/Mike Morse

SP Gio Gonzalez, Jordan Zimmermann, Stephen Strasburg, Edwin Jackson, Ross Detwiler
RP Tyler Clippard, Craig Stammen, Ryan Mattheus, Sean Burnett, Mike Gonzalez, Tom Gorzelanny, Drew Storen



2012シーズン中の主な動き
・Mike Gonzalezと契約
David FreitasをOAKへトレードしてKurt Suzukiを獲得








2012年主要メンバーのWARと加入経緯
0.6 Kurt Suzuki(2012シーズン中トレード OAK/David Freitas)
0.6 Wilson Ramos(2010シーズン中トレード MIN/Matt Capps)
0.0 Jesus Flores(2006ルール5ドラフト NYM)
3.8 Adam LaRoche(2010FA 2年$16M)
3.8 Danny Espinosa(2008ドラフト3巡)
4.5 Ryan Zimmerman(2005ドラフト1巡全体4位 5年$45M(2009-13)+6年$100M(2014-19)+2020opt)
5.4 Ian Desmond(2004ドラフト3巡)
1.0 Jayson Werth(2010FA 7年$126M)
4.9 Bryce Harper(2010ドラフト1巡全体1位)
0.3 Mike Morse(2009シーズン中トレード SEA/Ryan Langerhans)
0.8 Steve Lombardozzi(2008ドラフト19巡)
0.6 Tyler Moore(2008ドラフト16巡)
1.9 Roger Bernadina(2001海外FA)

5.4 Gio Gonzalez(2011オフトレード OAK/A.J. Cole, Tom Milone, Derek Norris, Brad Peacock)
3.5 Jordan Zimmermann(2007ドラフト2巡)
4.3 Stephen Strasburg(2009ドラフト1巡全体1位)
2.7 Edwin Jackson(2011FA 1年$11M)
1.8Ross Detwiler(2007ドラフト1巡全体6位)
0.5 John Lannan(2005ドラフト11巡)
0.7 Drew Storen(2009ドラフト1巡全体10位)
1.0 Tyler Clippard(2007オフトレード NYY/Jonathan Albaladejo)
0.8 Craig Stammen(2005ドラフト12巡)
-0.2 Ryan Mattheus(2009シーズン中トレード(+Robinson Fabian) COL/Joe Beimel)
1.1 Sean Burnett(2009シーズン中トレード(+Nyjer Morgan) PIT/Joel Hanrahan, Lastings Milledge)
0.5 Mike Gonzalez(2012シーズン中にFA契約)
0.2 Tom Gorzelanny(2010オフトレード CHC/A.J. Morris, Graham Hicks, Michael Burgess)
-0.4 Henry Rodriguez(2010オフトレード(+Corey Brown) OAK/Josh Willingham)






2009年には103敗。MLB全体で得点が21位、失点は29位。そりゃあ負けますよね。そんな100敗時代(2008年も102敗してます)。
そこからたった3年でMLB最多の98勝という若くて投打のバランスが良いチームになりプレイオフに進みました。
2009年からいる野手はRyan ZimmermanとFloresくらい、投手はJordan ZimmermannとDetwilerが15試合ほど先発、今年ブルペンで活躍したStammenも同じくルーキーイヤーで先発として投げていました。Clippardはマイナーで好成績を残してシーズン途中に昇格してますね。

そこから3年後の2012年までに年$5Mを超えるような大きなFA補強をしたのは2009オフのJason Marquis。93敗した2011シーズン後に過大評価と言われ加入したWerth、同じ年に加入のLaRoche。翌年に単年契約でJackson。大きいのはこの4人だけ。
若い投手が出てくる計算がたっていたとはいえ、93敗シーズン後に大金を投入した補強は思い切ったものですね。

次にドラフトです。ナショナルズは近年ドラフトに資金を投入し成功したチームの1つです。今回まとめたとおり2007年からはZimmerman, Detwilerがローテに入って好成績。2008年は1巡のCrowと契約できなかったもののEspinosaがレギュラーになり、2009年の1巡コンビはエースとクローザーに。2010年のHarperがルーキーでオールスターの活躍。上位指名がこれだけ期待通りに成長してくれるとチーム作りも楽になります。今年1巡指名のGiolitoは故障で指名が落ちましたが4、5年後にはStrasburgと2枚看板になっている可能性もある投手。これも成功しちゃうんでしょうか。

2012のメンバーを見るとトレードで入ってるのは元マリナーズのMorse。今年大活躍のGio、捕手の2人、あとはブルペンに数名。Gioには複数のプロスペクトをつぎ込んだけど、結果を出してくれました。獲得したばかりのクローザーCappsを使って獲ったRamosは新人王投票4位に入る働きをして期待されたものの今年開幕から1カ月で大けがをしてしまいSuzukiを獲得しなければいけなくなりました。 
トレードはMorseのような当たりになったものがある一方でWillinghamやJoel Hanrahanを出して移籍後活躍、交換で入った選手はその活躍に到底及ばないというものもあります。全体で見るとトレードが連続で成功して強くなったということはないと思います。

主要メンバーを見ると海外FAの選手がほとんどいないし、大きなトレードの数も少ないのにこれだけ勝てるチームになっているのは近年のドラフト(特に上位指名)が大当たり、そのドラフト選手を中心とした若手が期待通りかそれ以上の成長をして、スーパーな働きをしているからでしょう。もちろんドラフトの成功だけで勝てるものではありませんが。

シーズン終盤の上位打線は
1.Werth(FA)
2.Harper(ドラ1ルーキー)
3.Zimmerman(ドラ1)
4.LaRoche(FA)
5.Morse(トレード)
先発のローテーションも同じようなもので、見事に上位ドラフト、FA、トレード補強がはまっているかたちです。

なお、大型契約下にあるのはRyan ZimmermanとWerth、Gioの3人だけ(生え抜き、FA、トレードで1人ずつ)。Zimmermanの契約は先日のLongoriaと同じように契約期間中に6年$100Mにサインしたものです。


ナショナルズはこれからもたくさん勝てるチームであり続けることができるでしょうか。
ちょうど今日プロスペクトのAlex Meyerを出してDenard Spanを獲得してますね。



スポンサーサイト
2012-11-29

オフシーズン情報②

・今日は2013年の殿堂入り候補者が発表されてます。
Bonds、Clemens、Piazza、Biggio、Schilling、Sosaと例年以上に大物の名前が並んでますよ。

・今年のFAでトップ5に入るであろうB.J. UptonがATLと5年$75.25Mで契約したようです。ATLのCFは同じくFAとなっているMichael BournからUptonに変わったかたちですね。
・CINはChapmanの先発転向に伴いクローザー候補としてFAのBroxtonと3年$21Mで再契約。Chapman先発でどのくらいやってくれるのか楽しみです。
・Pettitteは来年もヤンキースで投げるようです。
・LAAは手術明けのRyan Madsonと$3.5M+出来高の契約。
・パドレスが黒田に1年$17-18Mのオファーをしてたそうです。
・マリナーズの狙っているNapoliは結構人気のようでBOSはかなり力はいってるようです。あと、Figginsが正式に解雇されました。

・数日前にLongoriaがTBと契約延長を発表してます。メジャー昇格直後に結んだ長期契約下にある中2017年からの6年$100Mの延長で2022年(オプション含めると23年)までの契約となります。来年の年俸だけではなく、2014-16年の3年間のオプションはその金額のままで2017年以降の6年を延長というかたち。
残っている契約をひとまとめにすると10年$136Mになります。故障が多いとはいえすばらしい選手ですから年$13.6Mは格安。FAではなく自チームの選手と大きな契約を結ぶチームも増えてきましたが、それらのチームはフランチャイズプレーヤーボーナスとでもいうような(FA市場に出ても同じくらいの契約になるくらいの)金額で契約延長しているなか、さすがレイズ、さすがFriedmanというところでしょうか。もちろん故障のリスクはありますけどね。

2012-11-21

さよならフィギンズ

今日までにルール5ドラフトの対象となる選手を40-man rosterに入れておかないと指名対象になってしまいます。それに伴って、各チーム複数の選手が登録されました。

マリナーズは5人を新たに登録しました。
Vinnie Catricala
Julio Morban
Anthony Fernandez
Bobby LaFromboise
Brandon Maurer

来月行われるルール5ドラフトの対象になる選手の中ではAAのDenny Almonte、GM交代後初のドラフト2009年4巡指名のJames Jones、イチローのトレードで獲得しウインターリーグで活躍中のDanny Farquhar、さらにAndrew Carraway、Steven Hensley, Rich Poythressなどは登録されませんでした。



そしてトレードもありました。
BALから2B/SSのRobert Andinoを獲得してTrayvon Robinsonを放出しました。
Robinsonはすでにマイナーリーグオプション切れでマリナーズの外野は候補が多く、今後補強があると考えれば4、5番目の候補であるRobinsonはトレード放出の可能性が十分考えられていました。
一方のAndinoは内野のユーティリティーで開幕を迎えることになると思います。年俸が$2M近くまで上がりそうで、若いマリナーズにとっては安くないユーティリティーだと思いますが、年俸分の働きをしてくれれば。現状、マリナーズのMIFはRyanがSS、Ackleyが2B、Andinoが控え、Franklinはマイナースタート、Triunfelもマイナーだろうけどもしかしたらマリナーズで開幕というところでしょうか。このままのメンバーで開幕もあるでしょうけど、SS/2Bについてはオフの間にもう1度くらいトレードが起こる可能性もあると思います。




それよりなによりFigginsがついにDFAとなりました。契約はあと1年、$8M残っていました。
イチローとの1,2番が機能することはなく非常に残念な結果となりました。Figgins自身もトレードリクエストを出すなど、マリナーズでの3年間は最悪の思い出になったことでしょう。心機一転どこかでがんばってもらいたいですね。
もう1人、先日獲得したばかりのScott CousinsもDFAとなり、これで40-man rosterは40人になりました。





そういえば数日前にZduriencikはHamilton獲得にかなり慎重な姿勢というか獲得はなさそうなコメントしてましたね。GM契約最終年でもリスクのある動きをせず、勝負には出ない雰囲気ですね。

2012-11-16

オフシーズン情報

TORとMIAの超大型トレードには驚きました。
TORは優勝へ向けてついに動いてきましたね。優勝を目指すならまだ動きがあるはずなので今後の動きに注目。
一方のMIAはいずれ若いチームに戻るとは思ってたけど、たった1年で元のマーリンズに戻ってしまうとは。今回のトレードでペイロールはMLB最低レベルまで落とせたはず。



マリナーズ関連情報まとめ
・Felixがサイヤング賞投票で4位
・岩隈がWBC出場辞退
・ここ1週間で噂の出たFA補強候補Josh Hamilton、Nick Swisher、Cody Ross、Kevin Youkilis、Russell Martin、Mike Napoli
・KCのBilly Butlerを獲得するために若い投手(Paxton?)を出す可能性?
・若い打者の獲得候補としてKCのWil Myers、MINのAaron Hicks、Ben Revereがあがっていました。(MINにはOswaldo Arciaもいますよね。)
・MIAは今のところStantonをトレードすることはなさそう


投手に偏ったマリナーズのプロスペクト、打者の補強が必要な状況から考えればトレードがあるはず。とくにPaxtonが放出候補になりそう。大物を狙うならWalkerやHultzenを出さないといけないだろうけど、やはりキープしたいところなんでしょうかね。 というわけでマリナーズ主な上位プロスペクト(2012ドラフト選手を除く)。
Taijuan Walker
Danny Hultzen
Victor Sanchez
James Paxton
Brandon Maurer
Carter Capps
Stephen Pryor
Nick Franklin
Brad Miller
Stefen Romero




AL WEST 情報

OAK
・Bartolo Colonと1年の再契約。Brandon McCarthyとの再契約も目指している模様。
・今年AAAで5つのポジションを守らせたGrant Greenは来年Jemile Weeksとロスター争い。
・Billy BeaneがExecutive of the Year(スポルティングニュース)に。


TEX
・J Upton獲得を探っているTEX。SSの2人を出すつもりはないらしく、Kinslerは球団から打診があればコンバートを受け入れるつもりらしい。なので来季はAndrus、Profarの二遊間になるかも。
・Alexi Ogando来年は再びローテ入り予定


LAA
・Troutが新人王に。MVP投票では2位。
・FAのHunterはDETと契約
・Greinkeと再契約できない場合、黒田獲得へ動く可能性
・藤川に興味


HOU
・David StearnsがアシスタントGMに就任
・来年からALに移ることでDH候補を探しているようでBerkmanや松井が候補


2012-11-10

仮想ロスター

やっと完成しました2013妄想ロスターです。

今回は打線強化をメインにやってみました。あくまでも妄想なので。。。



トレード
Franklin Gutierrez+Josh Kinney
⇒Mike Minor+Jose Peraza 

Jason Vargas, Taijuan Walker, Nick Franklin, James Paxton, Stephen Pryor, Vinnie Catricala
⇒Josh Johnson, Giancarlo Stanton  

Tom Wilhelmsen
⇒Zack Cozart
 
Brendan Ryan
⇒リリーフのプロスペクトか野手の控え候補 

Mike Carp
⇒Chris Leroux




FA
Nick Swisher 4年$50M
Mike Napoli 2年$20M


Figginsはリリース



ロースターと(予想)年俸(野手13人、投手12人で構成)

CJohn Jaso$1.8M
1BJustin Smoak$0.5M
2BDustin Ackley$1.5M
3BKyle Seager$0.5M
SSZack Cozart$0.5M
LFNick Swisher$12.5M
CFMichael Saunders$0.5M
RFGiancarlo Stanton$0.5M
DH/1B/CMike Napoli$10M
DH/CJesus Montero$0.5M
IFCarlos Triunfel$0.49M
IF/OF

Alex Liddi

$0.49M

OF

Casper Wells

$0.49M


SP1Felix Hernandez$20.7M
SP2Josh Johnson$13.75M
SP3Hisashi Iwakuma$6.5M
SP4Mike Minor$0.5M
SP5Erasmo Ramirez$0.49M
LRBlake Beavan$0.5M
MRLucas Luetge$0.5M
MRChris Leroux$0.5M
MROliver Perez$1.5M
MRShawn Kelley$1M
SUCharlie Furbush$0.5M
CLCarter Capps$0.49M

※2013年の最低年俸は$0.49M。2014年は$0.5Mになります。

野手合計 約$30.27M
投手合計 約$46.93M
Figgins全額負担 $8.5M
Olivoオプション破棄 $0.75M
合計 約$86.45M

ファングラフのWAR(2012)を計算
2012年のマリナーズWARは野手13.5+投手13.5の合計27
今回のロスターは野手25.4+投手15.5で合計40.4
(上の27.7はシーズン出場した全選手の合計に対して、下の40.4は25人を単純に計算したものでマイナスの選手がほとんどいないので注意) 








まず大物Stantonを獲得。今のマリナーズを考えるとこんなにプロスペクトを出して来年勝てずに終わってしまうと、将来像も見えなくなってという最悪の結果が待ってる気もしますが。今回は大きな変化を求めた場合ということで大物をゲット。ここまで大きなトレードをせずに先日名前を挙げたMyersならWalker+で獲ることもできるのかもしれませんが。このトレードを実行してもHultzenとMaurerは守れるのでその2人に頑張ってもらいましょう。3年後にはSanchezとPikeもメジャーが近いでしょうし。 とにかくホームで全く打てないマリナーズが中軸を打てるStantonを獲る意味は大きいはずです。

さらにセーフコで打ってるSwisherを補強。Hamiltonは7年程度の契約を望んでいるようですが、TEXが3年しかオファーしないようですし、マリナーズも3、4年ならチェックしておきたい選手だと思います。なんたってStanton, Hamiltonが並ぶ3,4番は破壊力抜群でBeltre、Sexsonを獲得したあの年を超える夢のようなオフシーズンになります。Hamiltonは先日紹介した通りセーフコが苦手なことを含めリスクや資金を考えるとSwisherのほうがお買い得。LFの選手ではないけどやってくれるでしょう。この2人のほかLFにはMelky CabreraやShane Victorinoのような選手でもおもしろいとは思ったんですけどね。Victorino好きなのでかなり興味はありますが、ヒドイ成績だったとはいえ単年契約は無理ですよね~。 資金もあるし、長打打てる選手の方が今のマリナーズには必要でしょう。

Napoliは今年悪かったし、MonteroとSmoakがいて 将来的にはZuninoが上がってきてMonteroを捕手から追い出すことになるということまで考えると2年契約が限界?そもそも1B/DHのNapoliが必要なのか?という話になりますが、Felixの契約延長話が出ないのでとにかく打線を補強して2年で勝ちたいという補強です。

SSにはCozart。彼は長期に渡ってレギュラーを務められるかどうかわかんないけど、少なくとも守備はそこそこ出来るはず。しかし、そう考えるとWilhelmsenはもったいないし、ブルペンが不安な気もします。一緒にBruceを獲れればとも考えましたがNapoliでもいいでしょう。
Wilhelmsenを残してSSはRyanのままでいいんじゃないかとも思ったりもしましたが、Ryanも最終年だしここはあえて変化を。とにかく打撃強化ですからRyanよりCozart。Ryanは控えにしておいてももったいないので欲しい球団があれば可能性のありそうなリリーバーなんかと交換できればいいかな。

野手は妄想ではなく現実に今いるメンバーのなかから来年誰かしらブレイクしてくれる若手が出てきてほしいし、そうじゃないと勝てない。というわけでAckleyに期待。もちろんほかの若手も頑張れ!


ローテーションにはStantonと一緒にJosh Johnssonを。元マーリンズでシーズン通して投げてくれるVargasを出して故障ばかりのJohnsonで勝負。ただ、Stantonと両獲りとなると今年ある程度やれるところを見せたSeagerやSaundersまでつけないと無理かな? ローテはJohnsonじゃなくて、FAでお気に入りのHarenでもいいんだけど、なにやら彼も健康状態が怪しそうなのでやめておきました。もう1人ATLからMinorを補強。4,5番手の力でしょうがシーズン投げてくれればOK。シーズン途中にはトレードの嵐に巻き込まれなかったHultzenやMaurerがローテに食い込んできてほしいところです。

ブルペンはWilhelmsenとPryorを出してしまったのでCappsをクローザーに。Luetgeは夏以降打たれたけど左打者を抑えてくれればOK。Carpと交換のChris Lerouxは全く知らずに数字だけ見て簡単に決めちゃいましたけど、とにかくすぐにメジャーで投げれるブルペン投手、将来メジャーで投げれる可能性のあるマイナー投手もしくは即戦力となり得る控えの野手をCarp、Ryanのトレードで獲れればいいかなあという感じ。





今回の妄想ではGuti, Ryanというマリナーズの誇る守備職人たちとお別れ。
というわけで打線はここ数年よりまともになったと思います。ただ、このメンバーだと1番打者をどうするか。Ackley, Jaso, Cozartなど1番の経験がある選手はいますけどね。今年頑張ったSeager, Saundersに加えて、元々評価の高いSmoak, Ackley, Monteroはトレードせず残して我慢強く使い続けるのでなんとか開花してほしい。あきらめずに我慢我慢。
プロスペクトではエース候補のWalkerはいなくなったけど、まあこのくらいの出血は仕方ないでしょう。問題はSwisher獲得で来年のドラフト全体12位指名権がなくなることです。上位指名権がなくなると、その分契約に使えるお金も大幅に少なくなるわけで、下位指名に資金をつぎ込むことも不可能になりますから難しいドラフトになるでしょうね。


2012-11-09

クオリファイングオファー

いまさらですけどもMLBのクオリファイングオファーについて。

クオリファイングオファーはその年の年俸上位125選手の平均額(今季は$13.3M)の1年契約をFA選手に提示、提示された選手がその契約を拒否し移籍した場合、移籍先球団の翌ドラフト最初の指名権がなくなり(1~10位指名は守られ、次の指名権がなくなる)、移籍元球団にはこれまでと違い移籍先球団の指名権がそのまま貰えるわけではなく、1巡と2巡の間に指名権が与えられるという制度。
で、今年クオリファイングオファーを提示されたのは9選手。
Michael Bourn, Josh Hamilton, Hiroki Kuroda, Adam LaRoche, Kyle Lohse, David Ortiz, Rafael Soriano, Nick Swisher, B.J. Upton
(このなかでOrtizはすでにBOSと再契約してます。)


マリナーズは来年の全体12位指名権を持ってるので、上記の選手を獲得した場合この12位指名権がなくなります。

今のマリナーズが1巡指名権を失ってまで上記の選手たちを獲りに行くのかどうか?
今までの補強から考えるとトレードやクオリファイングオファーを受けていないFA選手が狙いなんじゃないかと思われますが、何度も言うようにGM契約最終年であり、ペイロールを引きあげる可能性もあるようなので、大きな補強に出ないとも限らないんでしょう。

可能性は低いかもしれませんが、とりあえず野手たちのセーフコ成績を見ておきましょう。
Hamiltonはセーフコでの成績は非常に悪いです。マリナーズの投手が良かったのか、球場のせいなのか、たまたまシアトルに来た時調子悪いことが多かったのか。通算34試合で.224、6HR。
Swisherは45試合で.287、11HRとけっこう打っていてセーフコは得意のようです。
LaRocheはセーフコでのプレー経験がほとんどなし、Bournは1試合もプレーしていません。
B.J. Uptonは32試合で.190、1HRという相性最悪クラス。








全く別問題で、遊撃手をどうするのか。

今のメンバーならRyanがスタメンで控えにTriunfel、マイナーにはFranklinという体制で開幕を迎えると予想できます。しかし、Ryanは守備だけ。Triunfelは3B、Franklinは2Bが適正と言われる選手たち。
このうち、期待されているFranklinはAAAに昇格後、主に2Bを守っていてAFLでも2Bでプレーしています。Triunfelはまだ若いのでユーティリティーとして考えればまあどうにかなるんでしょうし、なんだかんだでいまだにSSなので打撃がもう少しどうにかなれば正遊撃手の可能性もまだ残っているかもしれないというところ(何年も同じこと言ってるので期待薄ですが)。

RyanはWARで見ればプラスになるくらい守備がすばらしい選手ですが、あまりにも打てない。なんとか.250くらい打ってほしいけど…とは言うものの、打率.250の選手と.200の選手の違いは20打数でヒット1本、およそ1週間で1本多く打つかどうかくらいなんですけどね。それが大きな差と見るかどうか。

FranklinはSSでないと考えているならば今のうちにトレードに出した方がいいでしょう。Ackleyと争わせるのもありかもしれませんが、どちらも活躍できないということもあります。それならば価値があるうちにFranklinをトレードしたほうが良いでしょうし、Ackleyにはまだ頑張ってもらいましょう。そして2Bはなんとかなるポジションだと思います。メジャーレベルにもSeagerがいますしね。
個人的にはFranklinはトレードの前にSSで試してほしい気もしますが。

Triunfelも今ならまだいくらかのトレード価値はあるかもしれないし、安くて守れるSSが欲しいチームはRyanに興味があるはず。そう考えると3人ともトレードされ来シーズン中には今の3人が誰もいなくなってるという可能性もあるかもしれません。


とにかく次のSSがはっきりしないのでFranklinがSSを守れないのだとすれば、補強したいポジションのような気がします。
Jack Wilson, Ryanに続いて守備重視ならSFのCrawfordあたりが候補でしょうか。同じく守備重視でATLのAndrelton Simmonsですが、この選手はATLの評価が高くこれからを担う選手だと考えてるようなのでトレードは難しいはず。
開幕前新人王候補の一角にも名前を挙げたCozartなんかもおもしろいと思いますが、良い働きをしたようなのでさすがに出さないだろうから、Didi Gregoriusのほうが候補でしょうか。この選手も守備は良さそうです。(と書いてたらCINはどちらかを出す可能性あるという情報が入ってきました。Wilhelmsenを出せば獲れそうなのかな?Bruceなんかまで付けて、トレードできないもんかしら。)
あとはTEXやBALがSSに2選手いて特にTEXはAndrusかProfarをトレードして補強する可能性がありそうなので狙い目ではありますが、同地区なのでいろいろ考えちゃいます。Leeのトレードで失敗しただけに取り返してほしい気もします。ただ、TEXが欲しがるような交換選手がマリナーズにはいないような…。


2012-11-08

今年も若手同士のトレードはある?

GM交代から早4年。
最初はペイロールが大きくなりすぎていることもあってお金のかからない守備重視、そこから大胆なトレードやドラフト戦術で若手に切り替えることもなく、ペイロールを削減することもなく緩やかに若手へ切り替え、徐々に年俸総額を減らしてきました。今年はイチローまでいなくなって、総年俸もだいぶ小さくなり動こうと思えば動ける状態になってきました。ペイロールを増やすような話も出てましたが、本当にそうなるんでしょうか?
今までの再建ペースで考えるともう1,2年は若くて使えそうな選手を獲得するという方針かもしれません。球団幹部もここまでZduriencikを長い目で見続けてきました。かなりのスローペースではあるけれどいい方向には向かっていると思います。ただ、GMの契約は来シーズンいっぱい。GM交代から5シーズンが終わってどうにもならないようではさすがにファンも黙っていないでしょうから、マイナーの充実だけではなく、ある程度の結果も残さないといけません。




さて、1年前Pineda+CamposでMonteroを獲ったように、今年も若手同士のトレードで打てるであろう選手を獲得することはあるんでしょうか?

Montero獲得トレードと同じパターンでいくとマリナーズからはHultzen, Walker, Paxton, Maurerら投手プロスペクトを出すことになるはずです。
そこで実績ある選手を獲るのか、先を見据えて長く使える選手を獲るのか。今年だけで見ればMonteroトレードは圧勝だったわけですが、Monteroが期待通りだったわけではなくトレードした2人が投げられなかっただけ。Smoakを獲得したトレードは若手同士ではなかったけど、いっこうにSmoakはブレイクしてくれない(週間MVP獲ったように短期的には活躍してますが)。。。可能性よりも実績を見てトレードのほうが効率はいいのかもしれませんが、まだまだ勝負の年じゃないということが許されるのであれば今オフもMonteroトレードのようにメジャーでの実績がほとんどないけど評価の高い若い選手同士のトレードは起こりうるのでしょうね。


昨年のMonteroのような若い選手で獲得候補にまず上がるのは2012 Minor League Player of the Year(Baseball America)を受賞し、2013年の新人王候補筆頭にも名前が上がるであろうKCのWil Myersでしょう。今年WSHでデビューしたBryce Harperも元捕手ですがMyersも元捕手でマイナーでも途中までやっていたくらいです。
KCはず~っと先発投手には泣いているチームなのでマリナーズの投手にも興味を持ってくれるかもしれません。そもそもKCがそう簡単にはMyersを出さないかもしれませんけども。マイナーとはいえこれだけ結果も残したばかりなので今は強気な交渉できそうですしね。

ほかにメジャー歴が少なく、春からマリナーズのスタメンで使えそうな外野手となると、中軸タイプではないけどARIのAdam Eaton、TORのGose、TEXのLeonys Martin。STLのOscar TaverasやBOSのJackie Bradleyは開幕から使うには早いというかトレードはないかな。他のポジションは今回調べてないけど、外野手ならMyersしかいない気がします。

個人的な好き嫌いで言うとCINのBilly Hamiltonが欲しいですね。パワーがなくてもスピードがあれだけ飛び抜けてる選手と言うのは興奮します(私はドデカイHRよりも三塁打や盗塁のほうが楽しいと思える人なので)。 ただ、彼は注目度も上がってるし、パワーもないのでわざわざ獲ることはないでしょうか。獲るのであればHamiltonの昇格で追い出される立場の選手かもしれません。









・マリナーズはドミニカに新しくアカデミーを作るようです。
各賞の受賞候補者が発表されてます。Felixはサイヤング賞の候補に名前がなかったので受賞の可能性はなくなりました。
・Jason Bayが1年の契約を残してFAとなったようです。
・SDのYasmani Grandalが薬物違反で50試合の出場停止(Grandalは昨年の今頃トレードで獲得候補に挙げるファンも多かったはず。今季活躍したのに、今回の出場停止処分は残念です)。
・Mark McGwireがドジャースの打撃コーチに。

2012-11-07

スコット・カズンズ獲得

ウェイバーにかかっていたScott Cousinsを獲得しました。

ほとんど知らないプレイヤーなんですが、2011年5月ホーム突入でPoseyにぶつかった選手ですね。
2006年3巡でマーリンズに入団。現在27歳の左投げ左打ち、外野手。
マイナーオプションがまだ1回残ってるらしいのでタコマに置いておくこともできて、メジャー経験があり、CFを守る守備力があるようなので、まあ悪くない動きでしょうか。
今回の獲得でロスターは37人になりました。


今いる外野手をまとめておきましょう。
年齢順で、Guti, Wells, Cousins, Carp, Thames, Saunders, Peguero, Robinson
この中でマイナーオプションがないのはWells, Carp, Robinson
なんだか微妙な選手たちが多い気がしますね。ここにルール5ドラフトの対象になるはずのJames Jones, Denny Almonteなんかがもうすぐ入ってくるのかもしれませんし、当然補強があるかもしれません。そうなってくるとちょっと整理が必要になってくるはずです。



・今日はAFLでFranklinが4安打6打点と大活躍してます。
・Baseball AmericaのサイトにマイナーリーグFA情報が載ってました。
・ダルビッシュはWBC不参加だそうで 残念です。

2012-11-04

ペレスと1年契約

さきほどOliver Perezと1年契約という速報が入ってきました。
金額など詳細は不明です。年俸は$1.5M+出来高0.6M

FA選手の中から今年結果を残した岩隈に続いてPerezと再契約。ブルペン投手に大金を使うのは怖いですが、1年契約でそれほどお金を使わずに済んでるはずなのでファンの多くが納得する動きではないでしょうか。
残りのFAとなった選手とは再契約はないでしょうね。

今オフはお金もあるんだし、このまま思い通りにことが運んで開幕が楽しみになる陣容が整えばいいですね。このままローテーションに大物を加えずに勝つならブルペンの充実は必須です。ブルペンは大変なところなのでたくさんいても困ることはないでしょう。そう考えるとオプションのある投手をAAAに置いてでもKelleyと契約したほうがいいと思うけど、トレード/ノンテンダーの可能性もあるんでしょうかね。好きだからなのか、どうも扱いがかわいそうに思えるKelleyです。



2012-11-03

おかえりなさい岩隈

他球団と話すことなく岩隈が再契約してくれました。

契約は来年、再来年が各$6.5M。
2015年がオプション$7M($1Mバイアウト)
2年$14Mのようです。

年数、金額ともに予想の範囲内。



これでローテは
Felix、岩隈、Vargas、Ramirez、Beavanですか。

理想としてはFelixと並び立つような投手をさらに獲得して、岩隈が3番手、4番手にVargas、5番手Ramirezでシーズン途中にプロスペクトを昇格させて、Vargasをトレード。若手たちが想定を超える働きをしてくれるなら岩隈もトレード候補になるくらいってのが理想でしょうけど。とりあえず長期・複数の故障者が出なければこの5人と今後獲得するであろうマイナー契約でメジャーを目指す投手とプロスペクトたちでどうにかなるだろうから、2番手投手よりも打ってくれる選手が優先ですね。



先日ペイロールがどうなるかわかんないと書いたばかりですが、来年は$85M以上になる可能性がありそうとのこと。GMが契約最終年なのでお金を出してもらえる予定なのかどうなのか理由はわかんないけど、本当にそうなるならまだまだ資金はありますね。
FA市場だけではなく、トレードではプロスペクトなら故障の多いPaxtonとSSで使えないならFranklinあたりをトレードすればそこそこの選手を獲れるかもしれないし、現レギュラーをトレードする可能性ももちろんあるだろうし、今年のオフシーズンはどんな動きがあるのか楽しみにしておきましょう。

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。