FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-21

内野手の今後

2年先くらいまで考えてみました。


2009年からのSSを見ていくと、
SS守備が最低レベルだったYuniesky Betancourtを2009シーズン中にトレード。
その後オフにトレードで獲得していたRonny Cedenooを少し使った後、2009年の7月末にCedenoを含むパッケージでJack Wilsonを獲得してSSに使い始めます。
2010年はWilsonを継続起用
2011年はオフに獲得したBrendan RyanをSSにWilsonは2Bに。
2012年も引き続きRyan

これらの動きからわかるとおりSSは最高級の守備を誇る選手をトレードで獲得して使ってきました。


マイナーには
AAA Nick Franklin、Carlos Triunfel
AA Gabriel Noriega
A+ Brad Miller

次のSS候補であるFranklinの守備は最高級ではないんでしょうが、その分打撃でがんばってほしいところです。
Carlos TriunfelもSSとしては厳しいという意見が多いですね。
AAのNoriegaは確か守備は良かったんだっけ?今年も2割そこそこでほとんど長打なしなので今のままなら厳しそう。ただ本当に守備のいい選手は打撃力が少し上がってくれば使われる可能性があるかもしれません。
A+のBrad Millerは守備がマズイと言われてるのでメジャーに上がってくるときはSSではないはず。


今までのような守備重視でいくなら、来年はFranklinではなくトレードで選手を獲ってくることも考えられます。わざわざ獲ってこなくてもRyanをトレードしなければ、もう1年使うという選択肢もあるわけですが。
それよりもなによりもFranklinが攻守ともにがんばってSSに定着して何年も安泰となればいちばんいいですけどね。もしダメなら、これまでのように守備のいい選手を使いながら、今年のドラフトで指名したChris Taylorあたりの成長待ちになるのかもしれません。ドラフト前のスカウティングリポートを読むと守備は良さそうなので打撃が今の調子で上手くいけば面白いと思います。ただ、すでに8エラーもしてますね。Taylorと同じA-にいるKetel MarteはAソックスの中でVictor Sanchezの次に若い選手なので期待したいところです。この2人やその下のクラスにいる選手たちはまだ時間がかかるのでどうなるかわかんないですが、伸びてほしいし、出てきてくれないと困りますね。AZLのCavan Cohoesが全然出てないけどどうかしたのかな?
ドラフトで毎年のようにたくさんSSを指名してるわけですが、レギュラーSS候補に名前が上がるような選手は多くないんですよね。アマチュアでは守備が上手い選手がSSをやってるわけではなくチーム最高の選手がSSをやってるということも多いので、コンバート前提で指名してる選手も多いんでしょうけど。

2013年 Ryan/補強→Franklin
2014年 Franklin






2Bはコンバートの選手たちが行きつく先のひとつ。
今はCF/1BからコンバートのAckleyのポジションとなってます。

Ackleyの前は
2011年がAdam Kennedy、Jack Wilson
2010年はFiggins
2009年はJose Lopez

GM交代1年目は2008年までと同じくLopezがレギュラーで、2年目の2010年はFigginsを獲得してLopezを3Bに、Figginsを2Bにコンバートしましたが上手くいかず、2011年はWilsonで開幕、その後故障などもありKennedyがレギュラーを獲得。シーズン中盤からはAckleyを昇格させ使い続けてます。

というわけで毎年のようにレギュラーが代わってます。Ackleyの前任者たちは4人ともまだメジャーリーガーですが、現在レギュラー2Bの選手はいません。

今後の候補としては
AAA Nick Franklin
AA Stefen Romero
A+ Jack Marder、Brad Miller
などおもしろい選手たちがいます。

FranklinはまずSSとしてがんばってほしいけど、2Bもすでにやってるし将来的には可能性あるでしょう。
AA、A+の3人はめちゃくちゃ打ってます。なかでもRomeroは去年のCatricalaのように目を引く成績を残してます。去年は2Bのほかに3BやLFも守ってますが、今シーズンは完全に2Bのようですね。
MarderはC登録ながらLFや2Bで出場していてRomeroがAA昇格後はほとんど2Bで出場しています。高校、大学でいろんなポジションをやってきてる選手ですが、まずはこのまま2Bをやらせることになるんでしょうね。
Millerは現時点でSSですが守備評価を考えるとほかのポジションにコンバートの可能性があるはずです。OFの可能性もあるでしょうけどいまのところSSだけしかやってません。能力的には3人の中で1番のはずなので2Bに流れ付けば彼がレギュラーの可能性も。

AAA~A+の4人のほかにもさらに下のクラスにはJamodrick McGruderやTimothy Lopes、そしてMartin Pegueroもおそらく将来的には2Bだろうから今後数年マリナーズの中では最もどうにかなりそうなポジションかもしれません。最初に書いてる通りコンバートで流れ着く選手が多いので、どうにかなるのは当たり前で、候補がいない状態はまずいですからね。
下からの突き上げがあればAckleyを再コンバートするかどうかが問題になってくるかもしれませんが、個人的にはAckleyの2Bは気にいってるので打ってくれるならAckleyは動かさず、若い選手を空いてる所に動かしてほしいかなあ。もちろんAckleyが打てなければ動かされても仕方ないですけど。

2013年 Ackley
2014年 Ackley/Miller/Romero/Marder/Franklin






3Bは強打の選手が出てきてほしいポジション。

2009年からの選手を見ておくと
2009年はそれまでどおりBeltre(故障中にはHannahanが出ていました)
2010年は上でも書いた通りLopez
2011年はFigginsを3Bに戻すも成績は戻らず、途中からKennedy、Seager、Liddiなどを使いました

2009年のBeltre、Hannahanの守備は最高レベルでしたが、それ以降の選手たちは平均を少し上回るくらいの守備力と平均以下の打撃力という選手たちばかりでなかなか固定できていません。


現在マリナーズではSeagerのポジションになってますが、最近はヒットや二塁打もだいぶ減ってきてるようです。疲れてきたのかな?春先は外野手の間を抜けてたようないい当たりを打っても今は平凡なフライアウトになってる気がします。二塁打を量産できてればSeagerはおもしろいですが、今の内容ではレギュラー三塁手としてはまだパワー不足な気がします。前半戦の活躍は印象的だったし、まだまだ成長してくれるといいんですけどね。


マイナーを見ていくと
AAA Vinnie Catricala、Alex Liddi、Carlos Triunfel
AA Francisco Martinez、Nate Tenbrink
A+ Steven Proscia、Mario Martinez


三塁手らしいパワーを重視するならLiddiが良さそうだけどバットに当たらない。。。
Catricalaは去年一気に上がって、今シーズン開幕前には早い時期のメジャーデビューがあるかもというくらい期待されてましたが、今年は去年のように上手くいきませんね。4月は打率1割台でしたが、5月以降は毎月.250~.270くらい。これくらいが実力なのかもなあ…。ポジションは3B/1B/LFのどこかになるんでしょうけど、今年は3Bでいくと決めて今も3Bでプレイしてます。
Fisterトレードで獲得したFrancisco Martinezは先日までDLに入ってたんですが、その期間中AZLの試合で少しCFとしてプレイしていて、昨日初めて試合の最初からCFで出場したようです。なかなかパワーが付かないというのも今回CFに回した理由の1つでしょうね。身体能力も高いので結果が出ると面白いですが、打たないことにはどこに置いても同じですからね。
今季打撃成績で一番目立ってるのはProscia。すでに21HRを打っていて、打率も3割くらい。3Bのほかに1Bでもけっこう出てます。Hultzen、Hicksと同じバージニア組の1人です。
M Martinezは契約当初はけっこう期待されてた選手だった記憶があります。やっとパワーが少しついてきたのかなあという気もするけどまだまだなんでしょうね。もう22歳ですか。

下の方では、まだ時間がかかるけど、今年のドラフトで契約したPatrick KivlehanとJoseph DeCarloがどう育っていくかが楽しみですね。Jordy Laraはパワーがありそうですが、三振が多くて打率が上がらないタイプ。


3Bはマイナーの上の方にもこれという有望株はいないので今後数年どうなるかわかんないポジションでしょう。Seagerがこれからもがんばってくれれば数年レギュラーとして定着してくれればいいなあという感じだし、LiddiやCatricalaがSeagerを超える選手になってくれればそれもいい。F Martinezはパワーが付けばおもしろいかもしれませんがもう難しいんでしょうから、もっと下の選手たちが成長するのを待つ事になる気がします。Romeroは大学時代3Bだったはずなので十分やれるはずです。彼は2B/3B/LF空いてるところでまず出場、打ってくれればどこかに固定ということになるのかな?とにかく打ってくれるのが条件です。LiddiやCatricalaも打ってくれさえすれば1B/3B/LFどこかで出れるんでしょうけどね。そして、なんだかんだいってまだ22歳のTriunfelの打撃がどうにかなれば…


2013年 Seager/Romero/補強
2014年 Romero/Seager/F Martinez/補強






1Bはどうなるのやら。
Smoakが今のままならいつか外されるだろうけど、代わりに誰を使うのか。
まずはCarpが候補になるんでしょうか。
Poythressは今年出場試合少ないんですがHRなかなか出ないようです。
補強で埋めるか、若手にチャンスを与え続けるのか…。

スポンサーサイト
Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。