--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-24

ありがとうイチロー

長い間マリナーズでがんばってくれたイチローありがとう。
スタンディングオーベーションで迎えられ、イチローが帽子・ヘルメットをとって挨拶してる時はグッとくるものがありました。

背番号は31。見なれないユニフォームと見なれない背番号そして髭のないイチロー。
背番号はBernie Williamsを尊敬しているイチローが51番を断ったようですね。
さっそく試合にも出場して8番RFで1安打、1盗塁。Swisherが戻ってくるとLFでということも考えてるようですが、ほんとにそうなるとまた見なれない光景が見れますね。



今回のトレードをまとめておくと、
マリナーズからヤンキースにイチロー+金銭(イチローの今季年俸残り約$6.7M中$4.5Mを支払い)
ヤンキースからマリナーズにD.J. Mitchell(25)、Danny Farquhar(25)

2投手ともミドルリリーバーでしょうか。Mitchellのほうはマリナーズで先発させる可能性もあるかな?



どうやら、イチロー側からもトレードリクエストが出てたようですね。ここ数年特に今季はイチローにとって厳しい環境にあったのは事実でしょうから、長い間やってきたマリナーズから出るという決断は難しかったかもしれないけど、彼にとってもマリナーズにとってもいい決断だったと言われるようになるといいですね。
マリナーズから見るとイチローはFAになってもドラフト指名権が手に入ることはなかっただろうし、ドライに言えば今回のトレードは少しでも年俸の負担を減らし、若手の出番を増やすためのトレードということでしょうか。しかし、イチロートレードに上からOKが出るとは思ってませんでしたよ。
今日はPegueroが出てましたが、Gutiが戻ってくるまではほかにRobinsonくらいしかいないのでFigginsの出番が増えるんじゃないかと心配になっちゃいます。
Carpは1Bで起用するって言ったけどどうするのかな?と思ってたらSmoakがついにAAA行きになったようなのでCarpが明日戻ってくるとすればやはり1Bですね。
一方のSmoakはAAAで気分転換して自分を取り戻して戻ってきてくれればいいんですが…。
イチローが抜けたので明日はCarpのほかにもう1人昇格してきます。


最初にイチローがトレードされたのは驚きでしたが、マリナーズとしてはもっとトレードしたいはず。トレード期限まで残り1週間と数時間。何件か決まるといいんですが…。





・今日はAAのJackson Generalsは休みだったんですが、Brad Millerが昇格して、Gabriel NoriegaがA+に落とされてます。
・Hultzenは4回4失点。フォアボール4つ。
・A-はVictor Sanchezが6回1失点。フォアボール4、三振5。ZuninoとKivlehanにHRが出てます。Zuninoはリーグの週間MVPに選ばれてます。

スポンサーサイト
2012-07-21

内野手の今後

2年先くらいまで考えてみました。


2009年からのSSを見ていくと、
SS守備が最低レベルだったYuniesky Betancourtを2009シーズン中にトレード。
その後オフにトレードで獲得していたRonny Cedenooを少し使った後、2009年の7月末にCedenoを含むパッケージでJack Wilsonを獲得してSSに使い始めます。
2010年はWilsonを継続起用
2011年はオフに獲得したBrendan RyanをSSにWilsonは2Bに。
2012年も引き続きRyan

これらの動きからわかるとおりSSは最高級の守備を誇る選手をトレードで獲得して使ってきました。


マイナーには
AAA Nick Franklin、Carlos Triunfel
AA Gabriel Noriega
A+ Brad Miller

次のSS候補であるFranklinの守備は最高級ではないんでしょうが、その分打撃でがんばってほしいところです。
Carlos TriunfelもSSとしては厳しいという意見が多いですね。
AAのNoriegaは確か守備は良かったんだっけ?今年も2割そこそこでほとんど長打なしなので今のままなら厳しそう。ただ本当に守備のいい選手は打撃力が少し上がってくれば使われる可能性があるかもしれません。
A+のBrad Millerは守備がマズイと言われてるのでメジャーに上がってくるときはSSではないはず。


今までのような守備重視でいくなら、来年はFranklinではなくトレードで選手を獲ってくることも考えられます。わざわざ獲ってこなくてもRyanをトレードしなければ、もう1年使うという選択肢もあるわけですが。
それよりもなによりもFranklinが攻守ともにがんばってSSに定着して何年も安泰となればいちばんいいですけどね。もしダメなら、これまでのように守備のいい選手を使いながら、今年のドラフトで指名したChris Taylorあたりの成長待ちになるのかもしれません。ドラフト前のスカウティングリポートを読むと守備は良さそうなので打撃が今の調子で上手くいけば面白いと思います。ただ、すでに8エラーもしてますね。Taylorと同じA-にいるKetel MarteはAソックスの中でVictor Sanchezの次に若い選手なので期待したいところです。この2人やその下のクラスにいる選手たちはまだ時間がかかるのでどうなるかわかんないですが、伸びてほしいし、出てきてくれないと困りますね。AZLのCavan Cohoesが全然出てないけどどうかしたのかな?
ドラフトで毎年のようにたくさんSSを指名してるわけですが、レギュラーSS候補に名前が上がるような選手は多くないんですよね。アマチュアでは守備が上手い選手がSSをやってるわけではなくチーム最高の選手がSSをやってるということも多いので、コンバート前提で指名してる選手も多いんでしょうけど。

2013年 Ryan/補強→Franklin
2014年 Franklin






2Bはコンバートの選手たちが行きつく先のひとつ。
今はCF/1BからコンバートのAckleyのポジションとなってます。

Ackleyの前は
2011年がAdam Kennedy、Jack Wilson
2010年はFiggins
2009年はJose Lopez

GM交代1年目は2008年までと同じくLopezがレギュラーで、2年目の2010年はFigginsを獲得してLopezを3Bに、Figginsを2Bにコンバートしましたが上手くいかず、2011年はWilsonで開幕、その後故障などもありKennedyがレギュラーを獲得。シーズン中盤からはAckleyを昇格させ使い続けてます。

というわけで毎年のようにレギュラーが代わってます。Ackleyの前任者たちは4人ともまだメジャーリーガーですが、現在レギュラー2Bの選手はいません。

今後の候補としては
AAA Nick Franklin
AA Stefen Romero
A+ Jack Marder、Brad Miller
などおもしろい選手たちがいます。

FranklinはまずSSとしてがんばってほしいけど、2Bもすでにやってるし将来的には可能性あるでしょう。
AA、A+の3人はめちゃくちゃ打ってます。なかでもRomeroは去年のCatricalaのように目を引く成績を残してます。去年は2Bのほかに3BやLFも守ってますが、今シーズンは完全に2Bのようですね。
MarderはC登録ながらLFや2Bで出場していてRomeroがAA昇格後はほとんど2Bで出場しています。高校、大学でいろんなポジションをやってきてる選手ですが、まずはこのまま2Bをやらせることになるんでしょうね。
Millerは現時点でSSですが守備評価を考えるとほかのポジションにコンバートの可能性があるはずです。OFの可能性もあるでしょうけどいまのところSSだけしかやってません。能力的には3人の中で1番のはずなので2Bに流れ付けば彼がレギュラーの可能性も。

AAA~A+の4人のほかにもさらに下のクラスにはJamodrick McGruderやTimothy Lopes、そしてMartin Pegueroもおそらく将来的には2Bだろうから今後数年マリナーズの中では最もどうにかなりそうなポジションかもしれません。最初に書いてる通りコンバートで流れ着く選手が多いので、どうにかなるのは当たり前で、候補がいない状態はまずいですからね。
下からの突き上げがあればAckleyを再コンバートするかどうかが問題になってくるかもしれませんが、個人的にはAckleyの2Bは気にいってるので打ってくれるならAckleyは動かさず、若い選手を空いてる所に動かしてほしいかなあ。もちろんAckleyが打てなければ動かされても仕方ないですけど。

2013年 Ackley
2014年 Ackley/Miller/Romero/Marder/Franklin






3Bは強打の選手が出てきてほしいポジション。

2009年からの選手を見ておくと
2009年はそれまでどおりBeltre(故障中にはHannahanが出ていました)
2010年は上でも書いた通りLopez
2011年はFigginsを3Bに戻すも成績は戻らず、途中からKennedy、Seager、Liddiなどを使いました

2009年のBeltre、Hannahanの守備は最高レベルでしたが、それ以降の選手たちは平均を少し上回るくらいの守備力と平均以下の打撃力という選手たちばかりでなかなか固定できていません。


現在マリナーズではSeagerのポジションになってますが、最近はヒットや二塁打もだいぶ減ってきてるようです。疲れてきたのかな?春先は外野手の間を抜けてたようないい当たりを打っても今は平凡なフライアウトになってる気がします。二塁打を量産できてればSeagerはおもしろいですが、今の内容ではレギュラー三塁手としてはまだパワー不足な気がします。前半戦の活躍は印象的だったし、まだまだ成長してくれるといいんですけどね。


マイナーを見ていくと
AAA Vinnie Catricala、Alex Liddi、Carlos Triunfel
AA Francisco Martinez、Nate Tenbrink
A+ Steven Proscia、Mario Martinez


三塁手らしいパワーを重視するならLiddiが良さそうだけどバットに当たらない。。。
Catricalaは去年一気に上がって、今シーズン開幕前には早い時期のメジャーデビューがあるかもというくらい期待されてましたが、今年は去年のように上手くいきませんね。4月は打率1割台でしたが、5月以降は毎月.250~.270くらい。これくらいが実力なのかもなあ…。ポジションは3B/1B/LFのどこかになるんでしょうけど、今年は3Bでいくと決めて今も3Bでプレイしてます。
Fisterトレードで獲得したFrancisco Martinezは先日までDLに入ってたんですが、その期間中AZLの試合で少しCFとしてプレイしていて、昨日初めて試合の最初からCFで出場したようです。なかなかパワーが付かないというのも今回CFに回した理由の1つでしょうね。身体能力も高いので結果が出ると面白いですが、打たないことにはどこに置いても同じですからね。
今季打撃成績で一番目立ってるのはProscia。すでに21HRを打っていて、打率も3割くらい。3Bのほかに1Bでもけっこう出てます。Hultzen、Hicksと同じバージニア組の1人です。
M Martinezは契約当初はけっこう期待されてた選手だった記憶があります。やっとパワーが少しついてきたのかなあという気もするけどまだまだなんでしょうね。もう22歳ですか。

下の方では、まだ時間がかかるけど、今年のドラフトで契約したPatrick KivlehanとJoseph DeCarloがどう育っていくかが楽しみですね。Jordy Laraはパワーがありそうですが、三振が多くて打率が上がらないタイプ。


3Bはマイナーの上の方にもこれという有望株はいないので今後数年どうなるかわかんないポジションでしょう。Seagerがこれからもがんばってくれれば数年レギュラーとして定着してくれればいいなあという感じだし、LiddiやCatricalaがSeagerを超える選手になってくれればそれもいい。F Martinezはパワーが付けばおもしろいかもしれませんがもう難しいんでしょうから、もっと下の選手たちが成長するのを待つ事になる気がします。Romeroは大学時代3Bだったはずなので十分やれるはずです。彼は2B/3B/LF空いてるところでまず出場、打ってくれればどこかに固定ということになるのかな?とにかく打ってくれるのが条件です。LiddiやCatricalaも打ってくれさえすれば1B/3B/LFどこかで出れるんでしょうけどね。そして、なんだかんだいってまだ22歳のTriunfelの打撃がどうにかなれば…


2013年 Seager/Romero/補強
2014年 Romero/Seager/F Martinez/補強






1Bはどうなるのやら。
Smoakが今のままならいつか外されるだろうけど、代わりに誰を使うのか。
まずはCarpが候補になるんでしょうか。
Poythressは今年出場試合少ないんですがHRなかなか出ないようです。
補強で埋めるか、若手にチャンスを与え続けるのか…。

2012-07-19

トレード期限まで12日

サヨナラ負けは残念ですが、よくがんばりました。
アウェイは得点が増えるけど、失点も増えちゃいます。
FurbushがDLでまたまたDelabarを呼び戻す。大変だねDelabar。
明日はHernandezでしっかり勝ちたいところです。

マイナー
・Hultzen(AAA) 6回、被安打3、与四球2、奪三振8、失点1。4試合連続1失点。
・Pryor(AAA) 1回、被安打1、奪三振1。 
(AAAは延長18回までいってSavastanoが登板、3者凡退に抑えるとサヨナラHRを打って勝利。すごい。)
・Trevor Miller(A) 無四球、5奪三振、1失点で完投勝利。
・Victor Sanchez(A-) 4回、被安打6、与四球2、奪三振2、失点7(自責6)
・Grady Wood(A-) 2.1回、被安打5、与四球1、奪三振1、失点4





今日はCompetitive Balance Lotteryというものがありました。
今回が初めてでしたが、簡単に言うと収入の少ない球団や市場規模の小さな球団がくじ引きでドラフト指名権を得られるというものです。単純なくじ引きではなく前年の勝率などで当たる確率は違ってくるというもので、1巡補完と2巡目の間に6つ(Round A)、2巡の後に6つ(Round B)与えられます。
今回はARI、BAL、CLE、KC、OAK、PIT、SD、TB、CIN、COL、MIA、MIL、STLの13チーム+DETは2巡の後のくじ引きだけ参加だったようです。
結果は
Round A
1.KC
2.PIT
3.ARI
4.BAL
5.CIN
6.MIA
Round B
1.SD
2.CLE
3.COL
4.OAK
5.MIL
6.DET

勝率、観客数が下から5、6番目くらいのマリナーズが参加できないとは…。勝率は関係ないけどさ…。




オールスターとこの連戦でKCのKauffman Stadiumの試合を見てますが、三塁打をけっこう見てるような気がします。そこで三塁打の出やすさを調べたところKauffman Stadiumは全30球場中3位。Safeco Fieldはというと…最下位。まあSafecoはヒット数自体が少ないですけど、広いと言われてる割に三塁打は出ないんですね。マリナーズの守備力でいくらか防いでるのかな?
ヒット、得点の入りにくさではAT&T ParkもSafeco Fieldと同じくらいひどいのに、SFは地区首位でSEAは最下位。う~ん…。

守備力といえばマリナーズはチームUZRがトップのようです。The Fielding BibleではTBに次いでRSは2番目という予想になってましたが、そのDRSは3位なのでGutiなしでも守備は良くやってるようですね。イチローが予想をはるかに超えて久しぶりにRFトップクラス(というかトップ)の数字になってますね。




数日前イチローの来季の契約について少し話題がありました。気になるところではありますけどね。レギュラー・打線の上位確約という契約じゃなければ1年+オプションならありだと思いますけど、残念ながら今の状態ならどこのチームも欲しい選手ではないでしょう。2年前は3000本はいってほしい、いって当然、イチローに年齢なんて関係ないと思ってたけど、3000本はかなり厳しそうな数字になってきました。




本題に入る前にいろいろ書いちゃいましたが、トレード期限が近づいてきました。
マリナーズは今年もこの時期にプレイオフ争いからは脱落してるのでどんどん売りたいところです。
まずMillwood、League、Perez、Olivoあたりの契約が今シーズン限りの選手たちはマリナーズに残しておいても意味ないので話があればトレードしたいでしょう。

Millwoodは全然噂が出てきません。経験もあって数字ほど悪くないと思うんですが、今日も打たれちゃいましたし、今回はトレード候補の先発投手がけっこういるみたいなので残りの登板でかなりいい印象を残せないと今月中のトレードは難しいでしょうね。

Leagueは最近失点する場面がめっきり少なくなりました。契約が今季限りなので欲しいチームがあればどうぞどうぞというところです。5月に崩れましたが、6月以降はまずまずでセットアッパーとしては十分使えるんじゃないかと思うんですが、ブルペンが不安なチームはいかがでしょうか。

PerezとOlivoは引き取り手が現れる可能性は低いでしょう。Figginsも。


あと可能性がありそうなのはVargas、Wilhelmsen、Jaso、Ryanあたり。

VargasについてはATLやBALの名前があがってます。今回の市場にはGreinkeやHamels、Dempsterなどエース投手たちがいるわけですが、前者2人を獲得するためにはトッププロスペクトを複数、Dempsterも今季の好調さを考えると質の高いプロスペクトが必要です。そこでBALのようにBundy、Machadoというトッププロスペクトを出さずに先発投手を獲得したいチームはVargasなどに目を付けるわけです。ATLも若手を大切にするチームですね。
Vargasは昨日時点で9勝7敗、防御率4.09、投球イニング数はMLB全体で3位、被本塁打数1位、アウェイ防御率5.04。もう1年調停でFAは来シーズン終了後という投手です。今シーズンはHRを打たれてるけど、故障が少なくしっかりイニングを投げてくれる3~4番手レベルの投手でしょう。見返りはそれほど期待できないと思います。
来シーズンを考えるとFelix以外は若手だらけになってイニングを稼げる投手は必要なので、交換相手に納得できなければVargasをトレードせずに来年も頑張ってもらうのもありでしょう。

Wilhelmsenはクローザーに定着して間もないのでまだ価値はこれから上がるであろう投手です(Leagueのように失敗が続けば当然トレード価値は落ちますが)。リリーフには生きのいい若い投手が何人かいるとはいえ、来年もマリナーズでクローザーをやってもらうのがいいと思います。出すとしても今オフまで待った方がいいと思います。

Jasoは売り時のような気もしますが…欲しいチームはあるのかな? キャッチャーもできて代打要員にもなる貴重な存在で、マリナーズでは最も頼りになる打者の1人なのに左投手の時にはほとんど使ってもらえないかわいそうな状況ですから、どこか活躍する場を求めてトレードしてあげればいいのにと思ったりもしてしまいます。マリナーズのキャッチャー層は悪くないのでOlivoかJasoを出しても問題ないですけど、来年もマリナーズでキャッチャーやってるかな?

Ryanは打てないけど、守備は超一流で年俸も安いです。ATLがSimmonsのDLでSSを必要としてるという情報もあったけど、どうなんでしょう。いっそのことSimmonsとトレードでもいいですけど(笑)もちろんATLが出すわけないですね。





一方獲得の可能性について、
獲得したプロスペクト(Smoak、Montero)がなかなか結果を出せないこともあってか、トレード可能性のあるJustin Uptonを獲得してはどうかというところもあるようですが、さすがに今のマリナーズにはまだいらないかなあ。
ARIは内野手が欲しいようでAckleyやSeager、Franklin+プロスペクト3投手のうちの1人がターゲットだと思われますが、そこは出したくないですからね。開幕前のNLMVP予想で名前出してたくらい気にはなってる選手なので獲れるなら欲しい選手ですけど、対価を考えると今行うトレードではないでしょう。

もう1人ARIからSSのStephen Drewも噂が出てますね。マリナーズのSSはFranklinが既定路線だと思われてますが、これまでどおりSSは守備優先で適性は2Bと言われるFranklinを早々にコンバートという可能性もあるのかもしれません(FranklinをトレードしなければSSで使えばいいと思いますけどね)。
もしSSを守備重視でいくならSSとしては超一流のRyanタイプを来年も使うか(いくら上手くてもこれだけ打てないとどうなんだろうと思っちゃいますが)、守備は平均で打撃でも貢献できる可能性のあるDrewのような選手と契約して元CFのAckleyをOFに移したりということもできるんでしょうけどね。ちなみにDrewの契約は今季までのようですね。

体制が変わって以降Betancourtをトレード、Jack WilsonやRyanを獲得というのを見るとSSは守備重視って感じがします(WilsonとRyanは期待値よりもだいぶ打撃成績が悪かったとも思いますが)。
上のほうのRyanトレードのとこで候補としてATLが出てきますが、ATLはSimmons離脱でCINからPaul Janishを獲得しました。この選手は守備で貢献するタイプ。Jack Wilsonのトレード先がATLでしたが、マリナーズと同じようにSSはまず守備力の高い選手(Y Escobar、A Gonzalez、Simmons)を使っている球団ですから、SSに関してはマリナーズの探してるタイプと同じような選手を欲してると思われます。



MIAも売り手になるのであればStantonが欲しい。欲しいけどUpton同様今は難しいですね。まあ出すことはないでしょうけど。
MIAではHanley Ramirezの名前も上がってますが、キャラ的にいらないですね。契約は2014年までなのは魅力だけど残り$30M以上あるので失敗すると2年とはいえ大きいです。

打線の軸になって若手の負担を減らしてくれる選手は欲しいけど、今プロスペクトを出してまでて獲るという選択をするのかというところです。短い契約のベテランのほうが今のマリナーズにはいいんじゃないでしょうかね。
まあこんなに負けるとは思ってなかったので補強しなきゃと思ちゃったりもしますが、ここ2年くらいはだいぶ我慢してペイロールも減らし始めたし、繋ぎの選手たちからやっと期待の若手に切り替えが進んできたところですから、もうちょっと我慢しましょう。
上手いGMならある程度メジャーでプレーした選手が伸び悩む、天井が見えたと思った時点でトレードでよくわかんない選手獲ってきてその選手が開花するという楽しいことが起きてしまうこともあるんでしょうが、そんなアクロバティックなことまでは期待してません。起これば楽しいですけど、難しいです。今は堅実に行けばいいと思います。

2012-07-10

フィルダー HRダービー優勝

HRダービーはFielderが優勝。さすがですね。
しかし、Canoへのブーイングは…



ドラフト情報
BALの1巡全体4位指名のGausmanがどうやら大学に残る方向へ。数日前BAL側から契約に自信ありとのコメントが出てましたが、Gausman本人は大学での優勝を目指したいようです。(球団はまだ契約に向けて話は続けていく意向のようです)。
多額の契約金を貰って早くプロ入りするのではなく大学に残る選手がいても良いと思うんですが、球団からすると困ったことですね。BALは2巡のKlineと契約したようでGausmanを除くと、トップ10で残っているのは5巡のPocheのみ。いまのところアンダーバジェットのようなのでこのままでもペナルティーはありません。

全体6位のAlmoraが契約。$3.9Mとの情報で今ドラフトの中では4番目の高額。CHCは$373,800のオーバーで罰金$280,350。体制が代わってから初のドラフトはなかなか良かったんじゃないでしょうか。

1巡で未契約なのは4.Kevin Gausman(BAL)、8.Mark Appel(PIT)、9.Andrew Heaney (MIA)、16.Lucas Giolito(WSH)、25.Richie Shaffer(TB)、30.Ty Hensley(NYY)の6人。
1巡指名の中にはBorasをつけてる選手が6人いたんですが、Almoraが契約して残るはAppelのみになりました。そのAppelを指名したPITがドラフト指名権を失わずにに出せる金額は$3,837,575で交渉は続けるようですが、大学に残る可能性のほうが高いと予想してる人が多そうですね。WSHはGiolitoとの契約可能性はまだ残っているかもしれませんが、契約するんでしょうか(指名権を失わずに出せる金額は$3,034,510です)。

契約期限は今週の13日です。




明日がオールスターで今日は出場選手に質問する場がありましたが、Felixに7月中にトレードされると思う?という質問があったみたいです。Felixは「自分の判断でどうすることもできないけど、シアトルが好きだし、ワールドシリーズに勝つためにがんばりたい。契約はあと2年あるし、シアトルに残りたい」とのこと。
Zduriencikも今日、Felixはトレードしないとあらためて取材の中でコメントしてるようです。

しかし、TEXとLAAが完全な2強体制になっていて契約の残るあと2年でマリナーズが勝てるのかということを考えると今後もFelixトレードの噂が消えることはないでしょうね。





マイナー
AAA
・明後日オールスターで今日からお休み

AA
・Romero 2-0
・Poythress 4-3
・Poythress 4-1(HR)
・Anthony Fernandez 5回、被安打7、与四球6、奪三振4、失点1
・Capps 2回、被安打2、与四球1、奪三振2、無失点

A+
・James Jones 3-2
・Brad Miller 5-3(三塁打、二塁打)
・Morban 5-3(二塁打)
・Patrick Brady 5-3
・(調整中)Carp 5-4(二塁打) 水曜日までA+に出場予定
・(調整中)Pryor 0.2回、無安打、与四球3、奪三振0、失点2

A
・Hazlett 4-2
・Austin 4-1
・Choi 3-1
・Paolini 5-3(HR、二塁打)
・Blash 4-2(二塁打)
・Pimentel 5-1

A-
・McGruder 4-1
・Taylor 4-0
・Ard 3-1(HR)
・Kivlehan 3-1(週間MVPに選出)
・Marte 4-2(二塁打)
・Morales、Littlewood 3-0
・Wood 3回、被安打1、無四球、奪三振3、無失点

R
・Zamarripa 4-2(2二塁打)
・Martin Peguero 4-0
・Jochi Ogando 4回、被安打6、与四球2、奪三振4、失点3(自責2)

・Lopes 4-1
・DeCarlo 3-1
・Carmichael 4-1(HR)
・(調整中)Francisco Martinez 4-2


明日はMLBオールスターなのでマイナーもお休みです。

2012-07-09

前半戦終了

今日は試合見てないけど、マリナーズらしい点の入らない試合で延長にもつれてサヨナラ負け。
昨日と同じ1~3番で3人とも6打数2安打だったようですね。
投手継投もおもしろいくらい2/3イニングずつの継投でWedgeらしさが出てますね。
Felixお疲れ様。KCへいってらっしゃい。ちゃんと戻ってきてね。

さて、前半戦が終わりました。
36勝51敗でAL最低勝率での折り返しです。最悪です。今の勢いだとシーズン終わった時にはMLB全体の最低勝率になっちゃうんじゃないかと思ってしまいます。
選手個人のことは数日前に前半戦通信簿書いてるので特に書くことはないですが、見てて楽しい試合がもう少し増えるといいなあ…。もうちょっと勝ってほしいなあ…。



前半戦を終わって
・AL東は今日TORが勝って勝率5割。全チーム5割以上での折り返しとなりました。
・NLはWSH、PITが首位で前半戦終了。PHIが借金二桁。
・選手ではTroutがどうしても目立ってますね。すごいです。NLではMcCutchenが3割、30本、30盗塁を狙える勢い。
・Mauerは復活した感じ。DunnもHR王争いしてるんだけど134三振って。
・オフに薬物騒動があったBraunは昨季以上のペースでHR打ってます。
・ノーヒッターは前半だけで5回かな?
・先発に回ったSaleがすごい活躍。ナックルボーラーDickeyもさらにレベルが上がったようで。




今日はオールスターゲームの前々日ということでフューチャーズゲームがありました。
結果はこちら
両チームけっこう満遍なく打ったみたいですね。
・今季104盗塁で、今日は三塁打のB HamiltonはAAに上がるようです。
・マリナーズからはHultzenとWalkerが出場。Hultzenは1回、被安打3、奪三振1、失点1。Walkerは1回、被安打1、奪三振1、無失点。Walker1回だけとはいえ久しぶりの無失点ですね。
・MVPにはDETの3B Nick Castellanosが選ばれてます。

明日はHRダービーです。






マイナー
AAA
・Franklin 5-2
・Catricala 2-1、3四球
・Triunfel、Luis Rodriguez HR
・Mike Wilson 5-4(4二塁打)
・(調整中)Carp 5-3(HR、2二塁打)

AA
・Paxton 復帰2試合目。4.1回、被安打6、奪三振8、与四球1、失点1。
・Robles 0.2回、無安打、与四球3、奪三振1、失点2。自責点なしは12試合でストップ。
・Romero 5-3、2三振
・Chris Pettit 3-2
・Dunigan HR
・Chris Pettit 6-4

A+
・Jones 4-2(2二塁打)
・Miller 4-1
・Marder 4-1(HR)
・Proscia 3-1(HR)

A
・Seon Gi Kim 6.2回、被安打3、与四球4、奪三振9、無失点。
・Pimentel 4-2(HR)
・Hazlett 4-2

A-
・McGruder 6-1
・Taylor 3-0
・Ard 4-0
・Kivlehan 4-2(2HR)マルチHRは今月2回目。
・Alfredo Morales 5-1
・Acevedo 4-2
・Dominic Leone 3回無失点で3勝目。今季6試合(全てリリーフ)12.2回、被安打8、奪三振15、与四球9、防御率1.42、3勝0敗。

R
・Marlette 3-2
・Jabari Henry 2-1(二塁打)
・Martin Peguero 3-1
・Dario Pizzano 4-2
・Phillips Castillo 4-0

・Pike 4.2回、被安打3、与四球2、奪三振3、失点3(自責2)
・Timothy Lopes 5-3(二塁打)
・Carmichael 4-1
・(調整中)Francisco Martinez 3-2(三塁打)


2012-07-08

快勝

やっとイチローにヒットが出ました。イチローのヒットもうれしいけど、チャンスで得点が入る試合は楽しいですね。こうやって打てるんだから、打順はどうでもいいので誰がどこに入っても打ってくださいよ。
しかし、調子いいはずのPegueroでもメジャーは無理か…。甘い球を一発で仕留められるようにならないと相変わらず三振の山ですな。
昨日のMillwoodに続いてVargasもナイスピッチングでした。2人とも後半戦も頼みます(トレードされなければ)。


・先日DFAのAdam MooreはKC行きのようです。怪我せずにがんばってください。
・オールスターはHarperがStantonに代わって出場だそうで。10代の野手でオールスターは初だそうです。




マイナー
AAA
・Trayvon Robinson3安打(HR)
・Franklin2安打、2得点
・Catricala2試合連続3安打。HR、二塁打、5打点
・Beavan6回、被安打8、与四球1、奪三振2、失点4
AA
・Romero5-1
・Almonte4-1、2三振
・Poythress 3-1、1四球
・Noriega4-2(2二塁打)
・Snow4.2回、被安打4、与四球5、奪三振3、失点5
A+
・Brad Miller6-2
・Marder6-4(二塁打)
・Hicks5-3(二塁打)、送球エラー2
・Wiswall5-3(HR)
・Mario Martinez5-4(二塁打)
A
・Ramon Morla5-3(HR)
・Choi3-1(HR)、2四球
・Michael Dowd4-3(2二塁打)
・Blash、Pimentel無安打
A-
・Taylor4-1
・Ard2-1(二塁打)、四球
・Kivlehan4-2
・Littlewood 2-1、2四球
R
・Reginald Lawson5-2(2HR)
・Hebert4-2
・Jabari Henry、Dario Pizzano4-3(二塁打)
・Martin Peguero5-3(三塁打)
・Wander Marte5回、被安打3、与四球1、奪三振5、無失点
・Timothy Lopes5-2(二塁打)
・(調整中)Francisco Martinez2-1(三塁打)
・Joseph DeCarlo3-0、2三振



Victor Sanchez昨日の好投もあって注目されてますね。
MiLB公式でも記事になってます。videoもチェック。

今マイナーにいる投手の中で能力的にはWalkerとSanchezがエースになる可能性を持った投手という感じでしょうか。ほかにHultzen, Paxton, Maurer, Pike, Shipers, Fernandezのうち2、3人がローテで何年か投げれる投手になって、名前を出してない選手の中から1人以上ローテに定着する投手が出てくるといいなあ。
まずはRamirez、Hultzen、Carrawayですね。

2012-07-07

華麗にサヨナラ負け

・DelabarまたHR…。
・イチローは今日もノーヒット。ずっとテレビの前にいたわけじゃないのでいつの間にか打席が終わってたことが2回もありました。まあそれもイチローですね。現在、打率.258、出塁率.285。
・いきなりPegueroがスタメンなのは良いことだと思いました。調子いい時に打たせて自信つけてあげたいですね。
・Millwoodは3安打無失点はお見事でした。
しかしまあ相変わらずの細かい継投でしたね…さあ明日は勝とうか。


・Monteroはファールチップを受けた影響でお休み。
・Ramirezがオールスター明けには間に合わないそうで、後半戦最初は岩隈のローテ入りが決定的なようです。
・Pryorは日曜日からA+で調整登板に入るようです。その後AAAで調整になります。
・ZuninoがGolden Spikes Awardを受賞しました。


試合後のコメントから、どうやら不振の若手数名をマイナーへ落としそうです。
名前は出してないけど、Smoak、Ackley、Monteroあたりだと思われます。




マイナー
AAA
・Franklin4-0、2三振、1四球。
・Catricala4-3(2二塁打)。
・Moran2回、被安打4、与四球1、奪三振4、失点5。
・(調整出場)Carpは4-1(二塁打)、1四球。
AA
・Maurer7.2回、被安打6、与四球1、奪三振7、失点1。
・Romero4-1(HR)、1四球、1三振。
・Robles12試合連続無失点。
・Cappsは連打を浴びて4月29日以来19試合ぶりに失点。
A+
・MorbanとMarderが復帰。Carlos RamirezとTyler BlandfordがDLへ。Kevin RiversがAへ、A-からMario De Jesusが昇格。
・Marder5-2(HR)、Morban1安打。
・Brad Miller5-4(HR)
・McGee4-2(HR、二塁打)
・Mario Martinez4-2
A
・Morla4-2(HR)
A-
・今日はMcGruderが1番で2安打、2番Taylorは無安打。
・Victor Sanchez8回、被安打2、与四球2、奪三振5、失点2、3勝目。
・Grady Wood1回、被安打1、与四球1、奪三振1、無失点、2セーブ目。
R
・Marletteがプロ初本塁打。
・Timothy Lopes5-2(二塁打)
・(調整出場)Francisco Martinez2-1(三塁打)


Sanchezいいですね。周りの選手が3~5歳くらい年上の中よく投げてます。

2012-07-06

ノエシ降格

NoesiマイナーオプションでAAAへ。
代わりに絶好調のパワーバットCarlos Pegueroが戻ってきました。今ならメジャーでも打てそうな気がしますが、打ってる割に三振が多いのでメジャーじゃ無理か?先発出場の機会をもらえればいいけど、代打要員かな?Gutiはオールスター明けには戻ってこれるのかな?

明日から前半戦最後のシリーズOAK3連戦、オールスターブレイク4日間を挟んで後半戦は13日のTEX3連戦から。ここまでの10日間は先発は3人いれば済みます。その後KC3連戦から4,5人目の先発投手が必要になります。

現在マリナーズのローテはFelix, Vargas, Millwoodがいて、Noesiが今回マイナー行き、RamirezがDL中。RamirezがKC戦までに戻ってこれれば最後の1枠をどうするかという状況。
選択肢としては岩隈にもう1試合チャンスを与えることが考えられるだろうし、Beavanに投げさせることもできます。BeavanはAAAで4試合、防御率2.52です。Noesiをマイナーに落としたわけですが、KC戦までに呼び戻す可能性ももしかするとあるのかな…? 今回は岩隈でいいと思うんですが、まだちょっと先なのでどうなるのやらというところです。






オールスターのファイナルボートはALがダルビッシュ、NLがFreeseに決まったそうです。ChipperはKempの代わりに選ばれてます。

CBSのサイトにThe Anti-All Starsというものがありました。不名誉なことにマリナーズから3人も選ばれてるんですがLeagueは入らないのね。今年はクローザーに故障者が相次ぎ、打たれるクローザーも目立ってる気がします。Leagueのほかには連続セーブが途切れてからAxfordも酷いし、ここで選ばれてるBellも期待されて防御率6点はいけませんね。





マイナー
AAA
・Liddiが本塁打、Franklinは1安打。
・Carraway4回、被安打10、与四球2、奪三振4、失点8。
・Carpが調整出場。DHで3打数1安打、1四球。
AA
・Walker5回、被安打5、与四球2、奪三振4、失点3。序盤に失点したけど、後半は11人中10人を打ちとってるようなので、状態は戻ってきてるのかな?
・Romeroは今日も2安打(1二塁打)、Chavez2安打(1本塁打、1二塁打)
A+
・James Jones2安打(1二塁打、1三塁打)、1四球、3打点。
A
・Shipers6回、被安打7、無四球、奪三振7、失点1。
A-
・Taylor2安打、McGruder3安打(1二塁打)、Kivlehan3安打(2本塁打)で打率も.289まで上がってきました(このレベルではさすがに打ちまくって上に上がってほしいです)。先週のプレイヤー・オブ・ザ・ウィークのAlfredo Moralesは2安打(1本塁打)、3打点。 ここにZuninoが入るエバレット打線楽しみです。
R
・Phillips Castillo3安打
・Rusty Shellhorn(2012ドラフト31巡目・McGruderと同じテキサス工科)がシーズン3試合で13回、被安打6、無四球、22奪三振、失点1。
・Francisco MartinezがAZLで調整出場開始。





Baseball AmericanのMidseason Top 50 Prospects Listが発表されています。
マリナーズからは4人入ってます。
4. Taijuan Walker
5. Danny Hultzen
35. Nick Franklin
42. James Paxton

2012-07-05

ティルマン

やってくれますねTillman。そしてAdam Jonesにも一発。
トレードで出した2人にやられると悲しいものです。

Delabarは良かったですね。
Monteroはファールチップ頭部直撃で退場しましたが、DLに入れず様子見だそうです。

今日の敗戦でマリナーズは最近8シリーズで勝ち越しなし(1つ前のBOSとは2勝2敗)。
ホーム打率は.194まで下がってます。



Noesiは今日の負けで11敗目。同じような防御率でBuchholtzは8勝2敗だったりしますが…。
Noesiのシーズン被打率は.260だし、フォアボールで崩れるわけでもないし、WHIPも1.32なのに防御率は5.77。
被本塁打が多い、ピンチで打たれる、追い込んでから打たれる、イニングの先頭打者を出塁させる。これが数字から見るNoesiが勝てない主な理由のようです。

被本塁打が20本でALワースト2位(ワーストはVargas)。フライボールピッチャーなのはわかりますが、セーフコがホームでこんなに打たれるとはどういうことなんでしょう。

得点圏被打率は.366で、ランナーなし.243に比べて1割以上打たれています。セットポジションがダメなのかと言うとランナー一塁という場面では.203しか打たれてなかったりします。

カウント別で見ると、一般的にはボールが先行して打たれることが多いわけですが、Noesiの今シーズンは0-2と投手有利の状況で3割以上打たれて、本塁打も20本のうち4本がこのカウントで打たれてます。
また、初球ボールで入ると.218しか打たれないけど、初球ストライクが取れてる場合は.279と打たれています。

アウトカウント別だとノーアウトで.301打たれてます。そして本塁打20本のうち11本がノーアウトで打たれたものです。今日のJonesの一発もノーアウトからでした。

いいかげんNoesiをどうにかしないといけないと思うんですけど、決断する時はやってくるんでしょうか。
今代わるなら岩隈が先発候補でしょうね。





マイナー
C Peguero…満塁HR。最近5試合で8安打、6本塁打、7三振。
Romero…依然として好調。今日は二塁打、三塁打1本ずつでAAでの打率は.409。
Fernandez…7回、被安打7、与四球1、奪三振4、失点2。AA3試合で防御率1.08。
Capps…今日も無失点で14セーブ目。今日を含めて9セーブが1回を超えて投げたセーブだそうです。
J Jones…最近上位で起用されてるんですが、打ててませんでした。しかし今日は6-2。
Raben…4安打。A+は延長にもつれて、HRなしで11得点するも12失点で負け。
M Peguero…3安打。

2012-07-04

2012前半戦通信簿

A~Eの評価と一言コメント


Blake Beavan…E
 ローテを守れる成績を残してほしかったです。

Steve Delabar…C
 メジャーではフォアボールが少なくストライクを投げられているのは良いことですが、HR打たれすぎです。

Charlie Furbush…A
 先発失格でスタートしたけど、リリーフとしては文句なしです。この調子でがんばりましょう。

Felix Hernandez…B
 球速が落ちて心配ですが、さすがはエースです。

Hisashi Iwakuma…C
 ほとんど出番のない難しい役割をよく気持ちを切らさずにがんばりました。

Shawn Kelley…D
 マイナー落ちを経験したりで期待にこたえられていませんでしたが、最近は少し良くなってきてる気もします。

Brandon League…E
 なぜこうなったのかわかりませんが、あまりにも酷いです。まずはストライク先行。

Lucas Luetge…B
 しっかりと役割をこなせました。

Kevin Millwood…C
 最近良くなってきたと思ったら体の調子が…。

Hector Noesi…E
 良い日もあるけど、良くない日・急に崩れる日・失投・HRが多すぎます。

Oliver Perez…C
 まだ昇格したばかりですが、いいボールを投げているように見えます。この調子でがんばりましょう。

Stephen Pryor…C
 まだ評価できるほど投げてませんが、マイナーで見せた圧倒的な力を自信持って投げてください。

Erasmo Ramirez…C
 開幕メジャー、SPへ再転向と大変な前半でしたが、がんばりました。肘が心配ですが、ローテで投げてくれることを期待します。

George Sherrill…E
 手術でシーズン終了

Jason Vargas…C
 Dでもいいところです。多くの成績は去年とたいして変わらない気もしますが、HRを打たれすぎです。

Tom Wilhelmsen…A
 すっかりマリナーズのクローザーに落ち着きました。自信持ってこの調子で行きましょう。







John Jaso…B
 意外と打ってくれました。今季マリナーズの中では最も頼りになる打者の1人です。

Adam Moore…E
 故障と不振で戦力外。

Jesus Montero…D
 初のメジャーフルシーズンと考えれば悪くはないですが、最近はいけません。もっと出来る子のはずです。

Miguel Olivo…D
 故障もありましたが、もっとがんばりましょう。





Dustin Ackley…D
 期待されているだけに期待外れのシーズンになっています。ただ私は周囲の人よりもあなたの守備は好きです。

Chone Figgins…E
 いまだにマリナーズに残っていることが不思議なくらいです。

Munenori Kawasaki…C
 マイナーで終わるかと思ってましたが、ダグアウトを盛り上げたり、少ない出番でがんばっています。

Alex Liddi…D
 チャンスを貰えるように力を見せてください。

Brendan Ryan…D
 守備は期待通りですが、さすがに打てなさすぎです。

Kyle Seager…B
 チャンスで打って3番に入るようになりましたが、最近はいまいちです。

Justin Smoak…E
 もっとがんばりましょう。



Mike Carp…E
 開幕戦で故障は痛かったですね。後半戦は一塁手として出直しです。がんばりましょう。

Franklin Gutierrez…D
 DLに入ってる期間が長すぎです。

Carlos Peguero…E
 三振を減らして、メジャーで長打力を見せてください。

Michael Saunders…B
 ついにメジャーでやれる可能性を見せてくれました。後半戦のさらなる飛躍に期待します。

Ichiro Suzuki…D
 最近はやっと打てるようになってきました。守備数値が今年はいいようですね。

Casper Wells…C
 良い働きをしてくれます。後半戦も今以上にがんばってレギュラーを獲りましょう。






Eric Wedge…E
 若い選手が多いから、ベテランが働かないから、理由はどうでもいいので もう少し工夫をして結果を残しましょう。考えてプレーしなさいと言うんじゃなくてもっと具体的な指示を出してもいいんじゃないかな?それに慣れてきたら自分で考えてプレーさせればいい。
 ともかく前半戦からAL最低勝率を彷徨ってるなんて思ってませんでしたよ。





 Ackley, Montero, Smoakが現在揃って不調、CarpはDLとシーズン前期待していた若手選手たちが1人として予想以上の結果を残せないのは困ったところです。特にSmoakはシーズンほとんどの期間見るに堪えないレベル。若手野手ではSeagerやSaundersのがんばりが光りました。若手同士切磋琢磨して勝ちを増やしましょう。
 投手はFelixがなんとか踏ん張って、本来3、4番手レベルのVargasも2番手というところでなんとか頑張っている状況。ローテはトレードで出ていく投手がいるかもしれないし故障者も出ているので後半戦はどうなるのか不透明です。ブルペンはLeagueが大問題ですが、ほかは想定内・想定以上で今後も若手が出てきてくれそうなので楽しみです。






プロスペクトトップ4

Taijuan Walker…B
 4,5月は見事な成績でしたが、怪我してから崩れたままです。

Danny Hultzen…A
 AAでの成績はお見事。メジャーでの活躍楽しみにしてます。

Nick Franklin…A
 AAAに昇格して少し経ちましたが、やや苦しんでるんでしょうか。焦らずがんばりましょう。 

James Paxton…D
 今日復帰しましたが、故障で投げられないのはマイナスです。後半戦はがんばりましょう。


 プロスペクトは全体的には順調に育っていると思いますが投手トップ3がそれぞれ不安な一面を見せているのは少し心配なところ。ドラフトで加入のZuninoは球団内ランキングでFranklinとPaxtonの間になるんでしょうかね。

Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。