--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-23

とりあえず計算してみた、並べてみた

私は投手戦の接戦が好きなんですが、今シーズンのマリナーズは良く言えば投手戦の接戦が多かったんだけど、やっぱりあれだけ得点できないと投手ががんばってることよりも打てないことでのフラストレーションが溜まってしまうという試合内容。そんなひどすぎる得点力不足とはいえ、ブルペンがもっと頑張れば勝ち星をもっとうわずみ出来ていたはずなんだけど…という感じのシーズンで結局はオフシーズンのほうが希望が持てて楽しかったという1年でした。
これから来季へ向けて監督は決まりましたが、どんな動きがあるんでしょう。

内野については触れました。
外野はGutiとイチローが決まっているので、LFに若手を使うのか、補強をするのかという基本的にはこの1点だけが今オフの注目点。あ、Bradleyもいましたか。
ブルペンは毎年のことながら基本的に自軍の若手が出てきてくれたほうがうれしい。他球団の投手がよくわからないし、少なくともFAで大金を積んで良いブルペン投手を獲るということに私はかなり抵抗があります。まあそうしないといけないくらいに誰もいないなら仕方ないわけですが、まあなんとかなるでしょう。獲得するとしても金がかかる選手は1人でいい(ルール5ドラフトやトレード、FAで安く獲得できる投手を上手く見つけてほしい)。
スターターはFelixと並び立つような2枚看板を作れれば(本当は良い先発投手が3人欲しいけど)最高だけど、トレードでLeeを獲得したようなビッグサプライズがない限り実現しないだろうから、現実的には3番手クラスの投手を1人獲得できればいいのかな。




まだ全然わかんないけど、とりあえず来季の予想布陣と年俸総額(Cot's baseball contractsの情報を参考に適当に計算)。しばらくたって、ロスターに動きが出始めたら昨オフのように表を作って動きを追っていきたいと思います。

2011 mariners
SP1 Felix
SP2 ???
SP3~5 Vargas/Fister/Pineda/Robles/Beavan/French/Olson/Rowland-Smith
CL Aardsma
RP League
RP Lueke
RP Cortes
RP Kelley
RP Sweeney/Wright/Varvaro/White/Fields
RP Seddon/Feierabend/Pauley/Shell

C Moore
1B Smoak
2B ???/(Ackley)
SS Ja Wilson
3B Figgins(Tui/Mangini)
LF Saunders
CF Gutierrez
RF Ichiro
DH Bradley
C ???(Johnson)
IF ???(Lopez/Josh)
OF ???(Langerhans)
IF/OF ???

(???の部分はとりあえず$0.4Mで計算。)
投手年俸総額…約19~22M
内野手年俸総額…約$16M
外野手年俸総額…約$23M
Bradley+Silvaのトレード負担+Betancourtのトレード負担…約$19~20M
 以上、合計約$80M


現時点で補強したいところ気になるところは
・先発2番手に誰を置くのか(よそから獲得するのか、今いるメンバーでなんとかするのか?)
・ブルペン編成は? 2年連続30セーブのAardsmaや期待のLuekeのトレードがあるか?
・捕手はMooreのほかに誰を使うのか?
・内野布陣をどうするか、2B/SS/3Bのどこかに1人獲得する必要があるはず
・内野、外野の控えに誰を置くのか

年俸総額をどの程度に設定するのかは私にはわかりませんが、仮に$90Mと設定すれば$10Mしか補強資金はありません。$10M前後で???のポジションを埋めるとなればFAで一流、準一流の好投手を獲得するのは難しいだろうなあ。
もちろん、年俸の高い選手をトレードしたりして補強資金を作る手はあるわけですが…、果たしてイチローあたりをトレードできるのかという話になってきます。Aardsmaだけでもトレードできればいくらかの空きは作れるわけですが。
ちなみにSilva様の呪いが来年までで解けるんですよね。SilvaとBradleyで$18~19Mも必要な現実…。重すぎる。でも来年までだ。Bradleyが大活躍してくれればいいだけだ。
来年はイチローとSilva、Bradleyでチーム総年俸のおよそ2/5~半分もあるんですね。







最後に。
若手注目選手はよくわかんないけど、気になった選手やよく名前を見かける選手をダーッと並べました。
お薦めの選手がいたら教えてくださいませ。

P
Michael Pineda, Blake Beavan, Mauricio Robles, Josh Lueke, Dan Cortes, Taijuan Walker, Stephen Pryor, Anthony Vasquez, Brandol Perez, Erasmo Ramirez, Jordan Shipers, Richard Vargas, James Gillheeney, Josh Fields, Maikel Cleto, George Mieses, Steven Hensley, Andrew Carraway, Brian Moran (James Paxton)
・Pinedaには健康でいてもらって再来年にはローテ2、3番手くらいの投手になってくれればなぁ。
・来年はBeavan, Roblesにチャンスが回ってくる可能性があるのでどちらかがローテに定着してくれればなぁ。
・CortesやLuekeはブルペンで十分に働ける力はあるはずなので、来年は期待してます。
・WalkerやShipersのような若い投手が順調に伸びてくれればね。そう簡単に上手く行くもんじゃないことは覚悟してますが。

C
Ji-Man Choi, Steven Baron
・捕手はまだ時間かかりそう。Mooreもけっこう苦しんでるし、どうなることやら。

1B
Rich Poythress, Dennis Raben
・1BはSmoakが結果を出してくれることを祈るのみ。
・Carpは来年もいくらかチャンスは貰えるんだろうか…。今年打ちまくったPoythressが来年どのくらいやれるかには注目しておこう。Rabenは健康でメジャーを目指して頑張っていただきたい。

2B
Dustin Ackley, Kyle Seager(SS/3B), Matt Lawson
・来年はAckleyのメジャー1年目となるはずなので注目。ぜひともマリナーズの中核を担う選手になってもらいたい。
・大学時代AckleyのチームメイトだったSeagerは今年大活躍、このままがんばってメジャーでもAckleyと同じチームでプレーする姿を見たいものですな。

SS
Nick Franklin, Marcus Littlewood, Gabriel Noriega(2B)
・ブレイクのFranklinには来年以降も注目。メジャーでも活躍してくれればいいけど。
・Littlewoodは今年のFranklinのような結果を出す可能性を秘めた選手のはず。
・Noriegaは結局打てなかった…。すごく打てればレギュラーSS、ある程度打てればユーティリティー選手としてメジャーを狙えるはずだけど。

3B
Alex Liddi, Carlos Triunfel, Ramon Morla, Mario Martinez
・候補は何人かいるもののなかなかメジャーで活躍できそうな選手が出てこない3B…。マリナーズ組織で育った選手が正三塁手として見れる日はいつになるのやら(まあ今年はLopezでしたが)。
・今年のLiddiは私が予想してたよりがんばってくれたけど、今のままだとメジャーではまだ厳しそう。
・Triunfelは結局今年もパワーを見せてくれなかった。年齢もだいぶいい感じになってきたしそろそろ持っているモノを見せてほしいなぁ。
・いきなりパワー爆発のMorlaはどんな評価を受けてるのかよくわかんないけど、成績だけ見ればものすごく期待してしまう。

OF
James Jones, Guillermo Pimentel, Johermyn Chavez, Greg Halman, Carlos Peguero, Nate Tenbrink(3B), Matthew Cerione
・後半戦活躍していたJonesは来年のブレイク候補。個人的にはPimentelにもJonesと同じように期待したいけど、HalmanやPegueroのようにならないか心配。
・Chavez、Halman、Pegueroはとにかく三振を減らしていきましょう。
・今年ブレイクした1人TenbrinkはAFLに参加中。



というわけで、まとめると
・高卒やマイナーの下のほうにいる投手たちが順調に育って、数名がブレイクして3、4年後(まだFelixがいるうちに)マリナーズのローテに入って活躍してくれればいいなあ。
・捕手と三塁手はまだマリナーズで育った選手がレギュラーを獲得しそうな雰囲気はなさそうかな。(まぁMooreがすでにレギュラーですが)
・SSもいまいちどうなるかわかんないけど名前を挙げた3人の誰かが数年後レギュラーになる可能性はありそうかな。
・1Bと2Bは来年、再来年でSmoakとAckleyが結果を残してくれることを祈る。
・外野は長打力のある三振マシーンが多すぎる印象しかない。。。とりあえず2年くらいはSaundersにがんばってもらってその間にメジャーに適応してくれれば…。

スポンサーサイト
2010-10-19

エリック・ウェッジ就任

Eric Wedgeの監督就任がマリナーズからも発表されました。

辟。鬘契convert_20101019143405

Leeがまたもすばらしい投球をしてプレイオフが盛り上がってますが、プレイオフに関係ないチームはすでに来季へ向けて動いてます。今オフMLBでは多くのチームが新たに監督を迎え入れることになりますがマリナーズはWedgeに未来を託したことになります。マリナーズは来年どんな戦いをしてくれるのか…。厳しいシーズンになることを覚悟しておかなきゃいかんのでしょうな。

AFLはAckleyがまだ欠場中で残念。
Fieldsがいまのところ良さげなのはいいニュースですね。来年は故障やマイナーではなくマリナーズで貢献をしてもらわないと困ります。
ベネズエラ組ではCortesが3試合に投げて無失点。来季はブルペン要員として計算できそうですね。日によって四球を連発することさえなくなれば結構頼りになりそうです。
Roblesは今年もこの時期はリリーフなんですね。

2010-10-16

内野はどうすればいい②

前回の続き。

今年の反省ってわけじゃないけど、やっぱりSSにJack Wilsonってのは怖い気がしてしまう。
120試合くらい出てくれればいいんだけど、そんなことは誰にも分かるわけないです。守備の良さはわかるけど、守備の達人でいいだけならAdam Everettは$1M以下で契約できるだろうから、Jackの年俸大半を負担してでもトレードしてEverettを雇ったほうがいいのではないかと(ただ、年齢のためなのかEverettのUZR/150は年々落ちてきてます)。
そうすれば故障の恐怖におびえることなくシーズンを戦えます。ただし、EverettはJack以上に打てないでしょうけども…。

ともかく故障でこんなに出場できないってのは大きいってのをあらためて感じてます。そんな選手に年$5Mも出してしまっている現実。
まあ守備偏重になっていたのはファンもわかってたけど、昨オフはペイロールの空きと補強したいポジションの数を考えて安い守れる選手を補強したという一種の賭けは失敗に終わったということでしょうか。私も反省して考え直さなければいけません。。。というか今考えれば$5Mは安くないですね。
マリナーズと同じく守備を重視してCameronやBeltreを補強したレッドソックスは結局故障者続出の影響もあってプレイオフに進めませんでした。Beltreのほうは成功でしたがCameronは故障で来年はレギュラーを獲れるかどうか微妙なようですし、ScutaroもLowrieにポジションを奪われそうな気もしますし。

来季はJackやEverettのような守備の達人ではなくても平均的なSSを獲得できるのであればそれもありなんじゃないかと思えてきてます。そうはいってもJackをトレードできるかって話がありますよね。故障で計算できないし、出場しても打てない そんな選手を欲しいという賭けに出るチームはないでしょうからね。
なのでやっぱり現実的にはJackを置いておかざるを得ないはず。なので彼が故障で離脱した場合代わりに入る選手というのが重要になってくることはファンの誰しもが納得するところではないでしょうか。



ダラダラと書いてきましたがSSに関しては
・Jackが1年間健康に過ごして貢献してくれる。
・若くて生きのいい選手をトレードで獲得して、Jackが故障した時からレギュラーとして固定する
・JackをなんとかトレードまたはリリースしてでもSSを空けて新たなレギュラーを探す
・新たに獲得する内野手を開幕2B/3Bで使ってAckleyが上がってきてからユーティリティーに回ってもらいJackが故障したらSSに回す
とだいたいこんなもんでしょうか。

 一番上のパターンなら何も考えずになにも動く必要はないんですけどね。内野手を補強しないなんてことはさすがにありえないんじゃないかと思います。TuiやTriunfelなど自軍の若手が2Bか3Bとして使えて、Jackが1年間試合に出れるという計算まで出来てしまえば内野はどこも補強する必要ないんでしょうけど、さすがにそんな計算してしまう人はどこにもいないでしょう。
 チーム再建という観点でいけば2番目の若くて可能性のある選手を獲得して使うのがいいような気もしますが、そんな若手を獲るために誰かを出さなければいけないという問題が出てきますよね。たいして痛手にならないような選手でそこそこ期待の選手を獲って1年だけでもがんばってFranklinの昇格までつないでくれればという考え方もできますが、そんな中途半端なことでいいとは思いません。獲るのであればほんとうに期待できる選手をと思ってしまいます。30球団もあればマイナーに期待の選手がいるけどメジャーに絶対的なレギュラーSSがいてポジションを奪うことは不可というチームがあります。そんなチームから上手いトレードで若手を獲れるのならそれもありでしょうか。
 3番目のパターンは上のほうでも書いたようにJackを欲しがるチームはないだろうから難しそう。ただし、実現すればある程度計算できるSSが入ってくる可能性が高いのでSSで苦心する必要から解放されるでかもしれませんけどね。
 4番目のパターンが一番あり得そうな気はするし、このパターンで獲得した選手が想像以上の活躍をしてくれるとものすごくうれしいし、いろいろと楽になるんですけどね。









他の内野ポジションは前回書いた通りの考え方です。
(成績がどうなるのかどのくらいの貢献をしてくれるのかは別にして)SS以外の動きではFigginsをどのポジションで使うのか、Ackleyをいつ昇格させてくるのかが今オフから来季中の注目点。
FigginsをSSで使えれば3Bを思い切って大きな補強という考え方もできちゃうわけですが、守備成績を見てしまうとやっぱりFigginsは3Bがいいと思います。というかFigginsはメジャーでは20試合くらいしかSS守ってないんですね。
一般的に守備力よりも打撃力(長打力)が欲しいLF、RF、1B、3Bのうち2つがイチローとFigginsという長打率が4割程度ながら走って守れる選手が占めて、その2人の年俸が合計で$25M以上ってのは良い意味でも悪い意味でもマリナーズの象徴って気がします。来年は2人とも特徴である打って走って守ってでキャリア平均以上の成績を出してしっかり仕事をしてほしいです。(Figginsは3Bに戻るかどうかわかりませんが…)






そういえば10日くらい前にスペシャルメッセージというタイトルでマリナーズからメールが届いてます。
GMの話のなかにマイナー組織はしっかりしてきているという話が出てきます(その中でマリナーズのマイナー全体で勝率.544(全30球団のマイナー組織のうち第2位)。マイナー全体の本塁打、得点、長打率、出塁率がNo.1と書かれています。マベリクスがあるとはいえ打撃成績でこれだけの結果が出ているのは頼もしい。まぁ全体での成績も大切だけどその中に突出した選手がいてその選手が順調にマリナーズのレギュラーとして活躍できる日がやってくればいいんですが)。

GM交代から2シーズンで確かにマイナーはだいぶ良くなってきたような気がします。今オフのマイナー組織ランキングでは昨オフに比べて10前後順位が上がってもおかしくないと思います。早くその若手たちが出てきてマリナーズで活躍する姿を見て応援できるようになればいいんですけどね。そして来年のドラフトは全体2位指名。これでさらにマイナー組織が充実すれば数年後のマリナーズは楽しみになってくるんですがね。
ちなみにメールの中で名前が上がっていたプロスペクトは
Dustin Ackley, Justin Smoak, Carlos Peguero, Nick Franklin, Kyle Seager, Johermyn Chavez, Greg Halman and Matt Mangini, Michael Pineda, Blake Beavan, Dan Cortes, Mauricio Robles, Maikel Cleto and Anthony Varvaro
LuekeやPoythressは名前が上がってないんですよね。LiddiやJames Jonesも。そして、TriunfelやFieldsがいなくなっちゃったかな。。。 Pimentelはまだ下だからいいけど。

ところで、APPでOPS.974を残したRamon Morlaとは期待できるのでしょうか??? シーズン前期待してたNoriegaは結局打てなかったなあ。とそんなマイナーリーガーたちの話は別の機会にしましょう。

メッセージ最後のほうでは得点力不足であることは明白で中軸打者を補強したいって話がありますが、今オフに期待できる選手はやってくるんでしょうかね。

2010-10-13

内野はどうすればいい?

ポストシーズンを楽しんでるので、マリナーズの噂や動きについていけていない私ですが、なかなか監督決まんないですね。

来季の内野はどうなるのか?が今回のテーマ。
最初に触れたとおり、まだ情報についていけてないので今回はものすごく浅い内容です。

とりあえず今季の内野基本布陣はというと、
1B Casey Kotchman(.217/.280/.336、-0.3)
2B Chone Figgins(.259/.340/.306、-12.6)
SS Josh Wilson(.227/.278/.294、-2.9)
3B Jose Lopez(.239/.270/.339、7.5)
でした。( )内は打率、出塁率、長打率、UZR/150

Kotchmanは全く打てず、守備でも予想していたほどの貢献はなかったようで、退団の可能性が高いはず。
Figginsは前半全く打てず、3Bからのコンバートも適切だったかが問われる守備成績になってしまったようで。ただしオールスター後はそこそこ打ちました(それでもOPSは.689でエンジェルス8年間での平均.751には届いていません)。
SSはJack Wilsonが故障で結局Josh Wilsonを使うことに。最初は良く打ってたけど、最終的にはキャリアの平均成績と同じようなものになりOPSは6割にも届かず。
Lopezは3Bに移って守備での貢献は上がったものの、打撃は期待外れ。2年連続で40二塁打以上を記録していたのが今季は29にとどまり、本塁打数も前年の半分以下に。結局例年通りの数字を残したのは四球と三振でした。


 1Bはほぼ決定(のはず)。Justin Smoakにチャンスが与えられるはずで、結果を出してほしいシーズンになります。9月に昇格してからはたった14試合ではありますが.340/.421/.580と抜群の成績を残しました。数年後にはシーズンを通してこんな数字が出る選手になってくれればいいなあ。Kotchmanは年俸が$3.5Mもあるので控えとして置いておくには高すぎるし、見限られても仕方ないでしょう。
 2BはDustin Ackleyが来季中に上がってくるはずですが、多くの人が開幕から使うことはないと考えているみたい(私も最初から使う必要はないと思ってます)。ただ、そうなれば誰が2Bで開幕を迎えるのか。もちろんFigginsがチームに残ってるはずなので彼が入ればいいわけですが、Lopezとの契約を見送れば3Bが空くわけでFigginsを3Bに戻すという構想もあるはず。そこで2Bには新たな人材を確保してこなければいけないということになります。理想としてはAckleyが昇格した後は控えに回ってJackの故障に備えSSもこなせるプレイヤー。Dave Cameronが先日2B候補を挙げてましたが、このなかに来季の開幕2Bはいるんでしょうか。中島がポスティングだそうでマリナーズへの可能性もありそうですね。まだ若いし、メジャーリーグ二塁手の平均くらいの攻撃力と守備力両方を兼ね備えている選手だと思うので2、3年の契約でまとめられて金額も年あたり250万ドルくらいなら獲りにいってもおもしろいとは思うんですが。年俸はもう少し高くなるかな? まあポスティングなので、年俸が300万ドル程度で平均レベルの成績に落ち着くのであれば、お高くついちゃいますね。
 SSはJack Wilsonの契約が来季まで残ってるわけですが、故障歴がありすぎてどうなるものやら。打つほうも期待できなさそうですし。。。 マイナーで大活躍だったFranklinが来季も目覚ましい活躍をできれば2012年Jackから直接ポジションを引き継ぐ可能性もあるかもしれないけど、順調にいったとして2012年中盤から2013年の昇格になるはずなので来年、再来年はJackとは別に故障をしない平均レベルに近いSSが欲しいものです(まぁFranklinもどこかで躓く可能性はあるわけですが)。その意味でも開幕は2Bで出場してAckley昇格後内野の控えに回ってくれるレベルの高いミドルIFが理想だと考えますが、簡単にいくところではないですね。中島ではSSは厳しいんだろうなぁ。
 遅くとも2011年中にAckley昇格が見込まれている以上Figginsをレギュラーで使うなら開幕から3Bに戻しておくのが最善だと思います。

現時点での理想は
1B Justin Smoak
2B ??? (Dustin Ackley)
SS Jack Wilson
3B Chone Figgins

ということでLopezのオプションは行使せず。Kotchmanはノンテンダー。Josh Wilsonは守備力があるだけにユーティリティーとして置いておく可能性もあるのかもしれないけど調停になるようだしこちらもノンテンダーかな?
Smoak、Ackleyの若手コンビが目覚ましい活躍をして、Figginsがエンジェルス時代のように生き生きとプレーできれば今シーズンとは全く違う魅力的な内野になると思うんですが、Figgins以外はどうなるか未知数ですね。

MLBTRでフリーエージェントトレード候補のまとめをしてますが、このなかに活躍する選手は絶対いるはずなので、そんな選手を上手く見つけられますかどうか。今オフこそは頼みましたぞZ。

2010-10-05

答え合わせ

そういえば開幕前予想をしてたので答え合わせを。
<地区優勝予想>
BOS, MIN, TEX / PHI, STL, COL (結果→TB, MIN, TEX / PHI, CIN, SF)
<ワイルドカード予想>
NYY / ATL (結果→NYY / ATL)
 BOS故障者多すぎ、CINが今年から来たかというところ以外はほぼイメージ通り。SDが一番の予想外だったけど惜しくもプレイオフには進めず。



MVP予想→Evan Longoria(TB) / Hanley Ramirez(FLA)
 ここは両者ともMVPは獲れなさそう。
Cy Young予想→Felix Hernandez(SEA) / Roy Halladay(PHI)
 これは両者ともに可能性あり。
Rookie of the Year予想→Chris Carter(OAK) / Jason Heyward(ATL)
 Carterは当たれば飛ぶけどさすがにまだ早かったか。まあ大穴狙いだったから外れても悔いなし。Heywardも難しいかな。
Comeback Player of the Year予想→Jake Peavy(CHW) /Tim Hudson(ATL)
 よくわからないのでノーコメント

BA
予想→Joe Mauer(MIN) / Albert Pujols(STL)
結果→Josh Hamilton(TEX).359 / Carlos Gonzalez(COL).336
 この両者を予想してた人はどのくらいいるんだろうか。Hamiltonがこんな打率を残すとは。そしてGonzalezが開花。Mauerは.327でAL3位、Pujolsは.312で6位。

HR
予想→Evan Longoria(TB) / Prince Fielder(MIL)
結果→Jose Bautista(TOR)54本 / Albert Pujols(STL)42本
 Bautista。2004年デビューでこれまでキャリア通算59本の選手が50本超え。これこそ予想不可のおもしろい結果。Pujolsはキャリア6度目の40本超え。Longoriaは22本でAL23位、Fielderは32本でNL6位。

RBI
予想→Alex Rodriguez(NYY) / Ryan Howard(PHI)
結果→Miguel Cabrera(DET)126 / Albert Pujols(STL)118
 ALで三冠王に最も近い男Cabreraが打点王を獲得。NLも三冠王に近い男Pujolsがこのタイトルをゲット。来年はこの2人のどちらかが三冠王を獲れるか!? A-RODは125打点で2位、Howardは108打点で4位。

SB
予想→Rajai Davis(OAK) / Jose Reyes(NYM)
結果→Juan Pierre(CHW)68 / Michael Bourn(HOU)52
Pierre復活。これだけ試合に出してもらえればまだまだ走る力は十分ありますね。Boournは2年連続の盗塁王。Davisは50盗塁の2位、Reyesは30盗塁でNL7位。

打撃部門は1つも当たらず(笑)まぁこんなもんだ。こうなるからおもしろい。まぁLongoriaMVP予想自体がけっこう穴狙いだったわけだけど(もう1段階上にいける選手だとは信じてるけど)。


Wins
予想→CC Sabathia(NYY) / Roy Halladay(PHI)
結果→CC Sabathia(NYY)21 / Roy Halladay(PHI)21
 大当たり。強いチームのエースは勝ち星を重ねて当然です。

ERA
予想→Felix Hernandez(SEA) / Clayton Kershaw(LAD)
結果→Felix Hernandez(SEA)2.27 / Josh Johnson(FLA)2.30
 やったぜHernandez。Johnsonはすばらしい安定感のある投手で当然の結果か。Kershawは2.91でNL9位。来年はこのタイトルを争える存在になってほしい。NLではルーキーのJaime Garciaが2.70で4位。ついにチャンスを掴んだ35歳のナックルボーラーRA Dickeyが2.84で7位。Wakefieldが来季で引退という報道が出たのでこれからはDickeyがナックルボーラーの代表として10年くらいはやってくれるかな。

Saves
予想→Mariano Rivera(NYY) / Franklin Morales(COL)
結果→Rafael Soriano (TB)45 / Brian Wilson(SF)48
 Sorianoは昨オフ調停受け入れでATLからTBにトレードされ初のタイトル獲得。これだけの結果を出せば今季はFAとして出ていくだろうし、TBも高額の複数年契約は提示しないんでしょうね。NLは最終戦で地区優勝を決めたSFのWilsonが最後にセーブを挙げてSDのBellと1つ差で単独のセーブ王に。Riveraは33セーブで6位(ヤンキースは点取り過ぎて接戦にならないのかな…)。大穴Moralesは最初に結果が出せず、まあ防御率6点台ではセーブ数の話は出来ないね。

あれっ奪三振王の予想はしてなかった…

2010-10-04

終わった

2010レギュラーシーズンが終わりました。
期待値がそこそこ高かっただけに101敗はなんとも悲しい(その代わりドラフト2位指名権ゲット)。
Felixとイチロー以外はなんとも見所がなかったシーズンということで例年と変わらなかったとまとめてしまえるシーズンでした。
でも、前半戦はVargasやFisterががんばってFigginsが全然打てず、後半はその逆になった感じ。Lopezはシーズン通してひどかったけどそんなLopezが4番に座らなければいけなかった打線というのがね。Gutiは出だしは良かったけど健康面にいくらか不安も抱えながらで期待通りとはいきませんでした。
故障者といえばJa Wilsonですね。結局61試合しかでれませんでした。投手ではKelleyとLoweが投げられなかったのは痛かった。
そのLoweはLeeとともにレンジャーズへトレードされました。交換で入ってきたSmoakには期待してたけどなかなか結果は出せずマイナー落ち。再昇格してからは打率も3割を超え、OPSもほぼ10割でなかなか頑張ったと思います。まあ三振は多いですが、来季以降4番としていい働きをしてほしいものです。そのほか若手ではSaundersやMooreが多くの試合に出場しましたが、数字的には開花せず。Tuiも試合数的にはけっこう出てるけど、いまいち目立てず。来季は頑張ってもっとチームに貢献してください。
新加入組はLeague以外は完全な期待外れだったかなぁ。Figginsはどうしても前半戦の不調が記憶に残るし、KotchmanやBradleyはコメントするまでもなく。Leagueももう少しやってくれると思ってはいたけど、まあこんな負けまくりのシーズンで一人がんばられて年俸が派手に上がるのも意味ない気がするのでまぁいっか。そういえば、今日投げてたRowland-Smithも期待外れでした。

来年へ向けて補強すべきポイントは…。昨年の今と比べて何も変わってない。
チームで最高の打点をあげているGutiが64、最高得点のイチローが74ではいくらなんでも少なすぎる。打率、出塁率、長打率全てがMLB全チーム中最下位という打線をどうにかしないと。
うちのGMは来年をどういうシーズンにしようと考えているんだろうか。2009年のようなシーズンでいいのか、完全な再建のシーズンとするのか。Bradleyは来季までの契約ですが、彼が才能を発揮して大活躍。Smoakが才能開花で長打連発と上手くいけばいいけど、そんな思い通りにはいきませんからね。中軸をどうするのかがやっぱり今オフも気になるところ。なんだかんだで結局呼び戻したBranyanが打つほうでは一番働いていたんじゃないかという感じがするので彼を残留させるのかどうかも気になるところ。1BにはSmoak、DHにはBradleyと決めつけてしまえば彼の居場所はなくなってしまうわけですが…。

投手に目を向ければローテーションで軸になるのは当然Felixだけど、その後ろはどうするのやら。Vargas?Fister?… Vargasはシーズン通してメジャーで先発をやったのは初めてだから疲れが出てオールスター後の防御率が4.66になったのかそれとも?って感じです。はっきり言って後半戦は半分もマリナーズ戦見てないのでなんとも言えないし、見てたとしても素人の私にはわかんないわけですが。
とにかくVargasやFisterが2番手になるようでは頼りない。来季はどこかでPinedaが上がってくるはずだけど、ルーキーに大きな期待はしないほうがいいですし、2011年に勝つつもりがあるならローテの2番手3番手くらいの投手が2人欲しい。
ブルペンはKelleyが復活したとして、League、Aardsma、もう一人欲しい。Wrightが最後のほうで良い働きしてたような気もするんですが、来季輝いてくれませんかね。あとはCortesが制球難に陥ることがなくなれば使えるようにも思えるんですが、どうにかならんもんか。Sweeneyももっと勝負強くなれば十分使えるような気もするけど。あとLuekeには期待しておきます。この中から1人でも安定して投げてくれる投手が出てくれれば…。マリナーズのブルペンはどうにかなるだろうと思って毎年過ごしてる私にとって考え方を変えなきゃならんのかと思わされるシーズンでした。

そして気になるのは監督が誰になるのか。



そういえばオフにトレードしてもったいないけど、しょうがないとあきらめたMorrowは10勝7敗、防御率4.49、178奪三振という成績を残しました。ノーヒッターまであと少しという試合もあったし、やっぱりいい時は良いんだなあという投手。今年ブルペンにLeagueがいなければリーグ最低のブルペンになってたかもしれないけど、Morrowが残ってローテーションで投げていてほしかったなぁとやっぱり考えてしまう。やっぱりあきらめきれない私。




最後になりましたが、サイヤング賞は今年こそFelixに!
いろいろ成績を眺めるとHernandezが獲って当然!? 投票者は数字だけを見て選ぶわけではないけど、有力候補者の試合を全部見れるわけもないのでやっぱり数字は重要になってくるはずですがどうなるんでしょうね。21勝7敗と13勝12敗を比べるとあまりにもマイナスイメージですが(ちなみにHernandezに負けがついた12試合でマリナーズの得点数は12点です)。
ちなみに昨季のGreinkeは防御率2.16、16勝8敗、242奪三振、229.1イニング、6完投(3完封)


<勝敗数>
21-7 Sabathia
19-6 Price
19-9 Lester
18-8 Cahill
18-9 Verlander
17-7 Buchholz
13-12 Hernandez
13-12 Weaver
12-9 Lee

<防御率>
2.27 Hernandez
2.33 Buchholz
2.72 Price
2.97 Cahill
3.01 Weaver
3.18 Lee
3.18 Sabathia
3.25 Lester
3.37 Verlander

<奪三振数>
233 Weaver
232 Hernandez
225 Lester
219 Verlander
197 Sabathia
188 Price
185 Lee (与四球はたったの18)
120 Buchholz
118 Cahill

<イニング数>
249.2 Hernandez
237.2 Sabathia
224.1 Weaver
224.1 Verlander
212.1 Lee
208.2 Price
208.0 Lester
196.2 Cahill
173.2 Buchholz

<QS数&完投数>
30-6 Hernandez
27-0 Weaver
26-2 Sabathia
25-2 Price
22-4 Verlander
21-1 Cahill
20-2 Lester
19-1 Buchholz
18-7 Lee

<WHIP>
1.00 Lee
1.06 Hernandez
1.07 Weaver
1.11 Cahill
1.16 Verlander
1.19 Sabathia
1.19 Price
1.20 Lester
1.20 Buchholz

<ERC>(ESPN)
2.32 Lee
2.40 Hernandez
2.59 Weaver
2.79 Verlander
2.82 Cahill
2.89 Buchholz
2.92 Price
3.00 Lester
3.15 Sabathia

<xFIP>(FanGraphs)
3.23 Lee
3.26 Hernandez
3.30 Lester
3.51 Weaver
3.68 Verlander
3.78 Sabathia
3.99 Price
4.12 Cahill
4.20 Buchholz

<DIPS>(ESPN)
2.71 Lee
3.12 Verlander
3.14 Weaver
3.17 Hernandez
3.26 Lester
3.55 Price
3.59 Sabathia
3.80 Buchholz
4.36 Cahill

<被OPS>
.585 Hernandez
.615 Buchholz
.618 Lee
.619 Cahill
.622 Weaver
.628 Lester
.630 Verlander
.637 Price
.656 Sabathia

<WAR>(FanGraphs)
7.1 Lee
6.4 Hernandez
6.3 Verlander
5.9 Weaver
5.6 Lester
4.8 Sabathia
4.5 Price
3.7 Buchholz
2.3 Cahill

<WPA>(FanGraphs)
5.12 Hernandez
4.09 Sabathia
4.02 Weaver
3.75 Buchholz
3.51 Lester
3.36 Price
2.79 Lee
2.64 Cahill
1.89 Verlander


Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。