--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-13

前半戦終了

オールスターブレイク突入です。

ここまで35勝53敗で地区首位のTEXと15.0ゲーム差。

マリナーズのプレイオフ進出の可能性はもうほとんどありません。

そして、Leeもトレードしてしまいました。

今年も『来年こそは』になってしまいました。。。



今季前半にはGriffey Jr.が引退してしまいました。そして、Silvaと交換でやってきたBradleyは問題を起こしてしまう。そのSilvaは大活躍。なかなか上手くいかないものですね。そういえばBeltreもオールスターに選ばれる活躍ですし。
まぁLeeはすばらしいの一言でした。
トレードしたMorrowはそこそこがんばれてるみたいですね。


打つほうでは予想された通りの得点力不足。昨年に比べて得点が増えるのではと予想されたのも懐かしい。結果としては昨季よりも1試合当たりの得点がさらに減っています。打率、長打率はAL最下位で出塁率はわずかに最下位を免れている状態。
3~5番打者が頼りないというのが一番の原因なんでしょうか。先日Lopezがグランドスラムを打って打点は37でチームトップに。しかし、このペースではチームに1人も70打点超の打者が出ない可能性が。
そして、開幕前はマリナーズのセールスポイントでもあった2番Figginsがいまだに上手く機能していないような気がします。それでもイチローとのコンビでそれぞれ40盗塁という可能性はありそうです。
若手ではSaundersに出場機会が与えられ長打力はそこそこみせてくれてると思いますが、あいかわらずなかなかバットに当たらないのがね。そして、LeeとのトレードでやってきたSmoakに期待せずには居られません。なかなか固定できなかった一塁手がやっと固定できるかな? ぜひとも来季は中軸として大きく飛躍していただきたい。




投手はLeeとFelixがしっかり投げ、VargasとFisterが予想を大きく超える働きでチーム先発投手防御率はリーグNo.1でした(RRSはいまいちでしたが)。Leeは抜けましたがBedardが復帰してしっかり投げてくれることを期待します。
しかし、ブルペンがあまりにもヒドイ。開幕前にこうなるとは全く予想していなかった。良くも悪くもリーグ平均のブルペンだと思ってたのに。。。
LoweやKelleyがいないとはいえ、ここ最近は特に試合終盤に失点してしまうケースが多すぎ。Aardsmaもこれだけ打たれてるのにいまだクローザーという地位のままです。



プロスペクトではAckley、Pinedaと投打のトッププロスペクトはなかなか順調のようですね(もちろん映像は見てないので成績から判断)。Pinedaは前回登板で打たれたばかりですし、Ackleyもなかなか打率が上がらなくなりましたが…、評価は高いようなので期待します。
来年はSmoakやSaundersとともにマリナーズで活躍してほしいです。


先日のトレード。
今後最低でも7割の勝率でいかないとプレイオフは無理そうなので、今シーズンはすでに終了のマリナーズ。
オフのFAで大型契約になりそうなLeeをこの時点で手放して有望な若手を含む複数の選手とトレードするのは当然の措置といえるでしょう。もし、シーズン終了後FAで移籍すれば補償としてドラフト指名権が2つ貰えてたわけですが、1巡目後半や2巡目でSmoakのような期待値の高い選手を指名できたかはわかんないし、なによりドラフト指名だとすぐにメジャーでは使えませんからね。
ヤンキースとはトッププロスペクトのJesus Monteroを出すところまで交渉してたようですし、レンジャーズからSmoakを貰えれば見返りとしては十分でしょう。

Cliff Lee, Mark Lowe, $2.5M ⇔ Justin Smoak, Blake Beavan, Matthew Lawson, Josh Lueke
Smoakはマリナーズでのデビュー戦で見事な空振り連発でしたが、BAハンドブックによるとレンジャーズのプロスペクトの中でBest Hitter for Average, Best Power Hitter, Best Strike-Zone Disciplineという評価です。守備も良いとのことで攻守ともにスイッチヒッターの一塁手で元レンジャーズのTeixeiraと比較されるくらいの逸材です。あとは2007年1巡指名のBlake BeavanはTEX内プロスペクトランキング17位(前年12位)の投手ですね。イニングイーターになってくれるかもしれないとのことですが…果たして。






開幕前に各ディビジョンの優勝予想やタイトル予想をしましたが、やっぱりなかなか当たらないものです。
なかでもSDの快進撃はあまりにも予想外でした。シーズンを折り返しても強さに陰りは見えないのでこのままプレイオフに進んじゃうのかもしれませんね。




最近聞いたところでは
WSHのルーキーIan Desmondのエラー数が早くも21だそうです。
LADのVicente Padillaが51mphのスローボールを投げたそうです。

スポンサーサイト
Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。