FC2ブログ
2010-01-11

マリナーズ2010一塁手

一塁手
Casey Kotchman
Jose Lopez
Jack Hannahan
Mike Carp


Kotchmanのストロングポイントは何と言っても守備。メジャーリーグの一塁手の中で守備での貢献度はトップクラスのようです。一方打撃は…。でも、今26歳で開幕時点では27歳のKotchmanなので落ちぶれるにはまだ早い。もう一度2007年のような打撃を見せてほしい。パワーが一塁手の平均に及ばないことは分かってるし、ホームがセーフコになるわけだから本塁打は期待しないので二塁打を量産してくれればいいなあ。絶不調に陥らなければ出塁率は全野手の平均くらいは期待できると思います。
Carpも大きく分ければ同じようなタイプで一塁手としてはパワーがなくて出塁率はある程度計算できる選手ではないかと思いますが、Kotchmanに比べると三振率が高そう。昨季は65打席で打率.315を記録しましたが、BABIPが.370を超えていてさすがに出来過ぎだったし、マイナーでの成績を考えても3割打つのは難しいはずで、Fan Graphsに載ってる予想成績でもOPSはKotchmanと大差なし。スカウティングリポートでは守備評価が低く、その部分だけでも大きくKotchmanに劣ってますからレギュラーポジションを獲るにはなにかもうひとつ長所が欲しいところ。ちなみに昨年メジャーでのUZR/150は127.1イニングだけとはいえ5.0と悪くない数字にはなってます。

ということでKotchmanを一塁手のレギュラーとして使い、控えに同じようなタイプで守備力の劣るCarpというのはなんというか微妙(ダグアウトにいるだけで出番がほとんどなさそう)。かといってこれ以上野手の補強がなければCarpにはメジャーで開幕を迎えるチャンスもあるのかもしれませんけど。
Kotchmanに何かあって数試合出場できないといった時、Carpがメジャーにいなければ昨シーズン後半のようにLopezやHannahanが一塁に入ることになるんでしょうかね。
今から二塁手を補強してLopezがトレードできず一塁に回ってくる可能性もあるにはあるとは思いますが、まあほぼ考えなくていいものだと思いますので、一塁手のレギュラー候補一番手はKotchman、次の選択肢でCarpを使うのかLopezまたは内野の控え選手を使うかという感じでしょう。

プロスペクトでは右の強打者Poythressが順調なら今年中のメジャーデビューもあるのかもしれないけど、昨年は本塁打が少なくて三振も多くてということでプロの壁にぶつかったのかもしれないので、修正が必要なのかな。そう簡単にカレッジのようにはいかないか…。



プロスペクト
Rich Poythress
Dennis Raben
Alex Liddi
Joe Dunigan
Johan Limonta
Jharmidy De Jesus

Poythressは右の長距離砲で守備はいまいち?(2008年にSEC All-Defensive Teamに選ばれてるみたいですが)。とにかく打ってくれることを期待。
Rabenは健康で過ごし自分の打撃を見せてほしいものです。外野手として使われるかもしれません。
LiddiとDuniganには今年も打てるところを証明してほしい。Liddiは3Bなんですが現時点ではFigginsのいる3Bより1Bのほうがチャンスありだと思います。
De Jesusは昨年成長を見せられなかったようなので今年は踏ん張りどころ。

スポンサーサイト



Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground