FC2ブログ
2010-01-10

マリナーズ2010 捕手

そろそろロースターも固まってきたと思うので、ちょっと早いけどポジション別に選手を見ていこうと思います。



まずはキャッチャーから。

候補は以下の4人。
Rob Johnson
Adam Moore
Josh Bard(マイナー契約)
Eliezer Alfonzo(マイナー契約)

この4人のうち40-Man Rosterに入っているのはオフに複数個所を手術したJohnsonとメジャー経験が6試合のMooreの2人だけ。

Johnsonは回復が順調であればおそらく開幕メジャー。今季もリード面で良い働きをしてくれることを期待。
守備力が高いと評判だったJohnsonはふたを開けてみればパスボールが多いシーズンになってしまいました。他方でCERAではすばらしい数字に。CERAは捕手だけではなく投手の差によるところのほうが大きいので数字を鵜呑みにはしませんが、パスボールのほうは守備的捕手としては気になる成績になってしまいましたね。Felixのワイルドピッチが前年に比べて2倍以上になったのはJohnsonが止められなかったからのか、Hernandezが低めへの意識を強くしてワンバウンドの投球が増えたからなのか。。。
この前紹介したブロック率の記事でも非常に残念な位置にいましたよね。

大成功になっている2006年ドラフト組の一人であるMooreのほうは焦らず開幕はマイナー(AAA)で迎えるのでないかという話。守りはJohnsonに劣るものの打撃は上で、これから数年は彼が正捕手になってくれればという計算をしているはず。マリナーズ組織内での評価もけっこう高いようですし、守備面でも向上しているとの情報もあるので、もう少しマイナーでしっかり鍛えて首脳陣の期待に応えてほしい選手。今季途中に昇格してくるものと思われます。
スター候補ではないので、あまり期待しすぎるのも良くないのかもしれませんけどね。

一方BardとAlfonzoはマイナー契約で今オフに獲得した選手。
打のBardと守のAlfonzoという位置付で見てよさそうですが、Bardは旬を過ぎてしまった印象もあってどれだけ良かった時のBardに戻れるかがカギでしょうね。
Alfonzoはこの前紹介したデータにもあった通り守備は良さそうです。
これ以上の補強がなければこの2選手のうちどちらかが開幕メジャーを勝ち取るのではないかと思います。BardはCLE時代にCliff Leeとバッテリーを組んでいたはずなのでお互いを知っているということで少しだけ有利な面もあるのかな? ともかく、スプリング・トレーニングでのアピール合戦に期待です。





プロスペクトを見ておくと
09年ドラフトで全体33位指名のSteven Baronに期待。守備力の評価は非常に高いそうなので、問題は打撃がどこまで向上するか。パワーは悪くないようです。

ほかには
09年ドラフトで加入したTrevor ColemanBrandon Bantz
08年ドラフトのTravis HowellTommy Johnson
Kotchmanのトレードで名前の挙がっているHassiel Jimenez
あたりなんでしょうか?
キャッチャーは育てるのがなかなか難しいですね。。。

スポンサーサイト



Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground