--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-29

Jバード、Cコルデロとマイナー契約

キャッチャーのJosh Bard、リリーバーのChad Corderoとマイナー契約を結んだようです。2選手ともスプリング・トレーニングに招待されるみたいです。

Corderoのほうは再契約ということになりますね。来年はメジャーで投げれるようになってくれればいいんですが…。
Bardは開幕メジャーも十分にあり得そうなところですが、どうなりますか。マイナー契約で入ってきたキャッチャーの2人は守備のAlfonzo、打撃のBardって感じだと思います。まあ打撃のBardといってもすでにピークは過ぎたのかもしれないし 現状だとかなり厳しいところで打撃のBardというより守備がいまいちのBardって感じ?(盗塁阻止率が非常に低いです) キャッチャーの2人を比べればそういう対比になると思います。2人のどちらかは開幕ロースターに入るのではないかと思います(これ以上の補強がなければ)。
Bardはインディアンズ時代にCliff Leeとバッテリー組んでるはずですよね。

これで残る補強はSP(No.3)と1Bでしょうか。ほかにもっと大きな動きがありますかどうか。
2010年レギュラーシーズンに向けて楽しいオフシーズンとなってるので、シーズンも楽しくなればいいんですが…いや、楽しくなるでしょう。ネガティブな私ですが、楽しくなる思いこんでおきます。
ということで、年内の更新はこれで最後になると思います。お付き合いいただいたみなさまありがとうございました。




最後にもう1つ。
Jon ShieldsがTWITTERで言ってましたが2006年ドラフト組は上位9名のうち5名がトレードされてるんですね。
引っ越す前のブログで2006年のドラフトは成功だったと思うと書いたような気がするんですが、これだけトレードされちゃうと成功なんだか失敗なんだかわかんなくなっちゃいますね。
1. Morrow→TOR
2. Tillman→BAL
3. Butler→BAL
5. Adcock→PIT
9. Souza→OAK
18. Mickolio→BAL
22. Williamson→BOS
25. Gillies→PHI

この年のドラフト組でマリナーズに残ってる選手は
4. Ricky Orta
6. Adam Moore
7. Doug Fister
ほかにJohan LimontaやKyle Parkerがこの年のドラフト指名選手たちです。

スポンサーサイト
2009-12-29

デローサはジャイアンツ

ここ数日は大きな動きもなかったので更新しませんでしたが、このままHollidayやBayは年越しになりそうですね。
キューバのAroldis Chapmanもまだ未契約。Noel ArguellesもKCと正式契約はまだ済んでません。

・ARZがBob Howryと1年$2.25M+2011年クラブオプションで契約。('10:$2M, '11:$3M club option ($0.25M buyout)
・WSHがMatt Cappsと契約合意。1年$3.5M+出来高$425,000。
・OAKがJustin Duchschererと1年$2M+出来高で再契約。出来高を含め最高で$5.5Mに。
・NYMがKelvim Escobarと1年$1.25M+出来高で契約。
・WSHがEddie Guardado、Eric Bruntlett、Josh Whitesellとマイナー契約。
・SEAがJosh Bard、Chad Cordero(再契約)とマイナー契約。
・ARZがJeff Baileyとマイナー契約。

・SFがMark DeRosaと2年$12Mで契約合意。明日公式発表か。



DeRosaはヤンキースでワールドチャンピオンを狙うという選択肢もあったはずですが、レギュラーポジションを貰えるチームを選んだようです。これでSFはカンフーパンダことPablo Sandovalが1Bへ回ることになりそうです。
Escobarはしっかりメジャー契約を掴んだんですね。どれくらい投げれるものかわかりませんが…。




BA Top 20がBAのサイトにも出てました。内容はSIに載ってたやつと全く同じだと思います。


SIにこんな記事が。The 10 biggest franchise-killing contracts in baseball
まあ良く取り上げられる話題ですけどいちおう。





最後に2009 MiLBYの発表がされています。明日以降も発表が続くようです。

2009-12-24

モロウトレード正式発表

Morrowのトレードが正式発表されました。情報通りMorrow⇔League、Chavezだそうです。

どうも今回のトレードには納得できない人が多いようで、MorrowのトレードはLeeのトレードの一部なんじゃないかという話が出てました。そんな意見をZduriencik GMは完全否定しています。

今回のトレードはZduriencik GMがMorrowを見限ったということのようです。
インタビューの中でMorrowは才能のあるいい投手とは言ってますが、いい先発投手になれるとは言いませんでした。ローテーションの5番目を争う投手は何人かいるので、5番手投手候補の中でトレード価値のあるMorrowがトレードされ、代わりにいいブルペン投手が入ったと解釈すればいいようです。
もうMorrowには十分チャンスを与えた結果、可能性は見せても安定せず開花はしなかったということなんでしょう。

説明されてもまだもったいない気持ちはあります。。。MorrowはリリーフでのFIPが4点超えてるし、四球が怖いので、ブルペンに回すくらいならトレードで実績あるリリーフを獲ったほうが良いってのは理解できるんですが、5番手争いの1人としか考えられてなかったとは。
いつ飛躍するのかわからない、このまま先発投手としては開花はしないんじゃないかってことか。まあそう言われればその通りです。


TORへ行けば先発としてチャンスをくれるだろうからMorrowの希望する先発投手でどんな結果を出すのか見物です。
ちなみに今回のトレードでTORの投手はこんなかんじになるそうです(Jordan BastianのTWITTERより)。
SP:Marcum, Romero, Morrow, Rzepczynski, Cecil
RP: Frasor, Downs, Tallet, Roenicke, Accardo, Zinicola, Janssen, Carlson, Camp, Hayhurst, Richmond



Johermyn Chavezの情報がいくつか載ってますが、やはり期待は打撃のようです。守備はいまいちって言ってるとこもあるくらいで外野手のプロスペクトがたくさんいるのになぜ外野手を選んだのかよくわからない。
来年はHigh Desertでプレーすることになるんだろうから今年のLiddiみたいにブレイクする可能性はあるのかもしれませんけど、多くのプロスペクトリストに入ってません。Sickelsのところでは少なくともTORのトップ20には入ってなかったそうですしほんとにおまけ程度のようです。





マイナー契約でMike Koploveと再契約。
David PauleyとRalph Henriquezともマイナー契約を結んだようです。

Pauleyは2001年SDの8巡指名の右投手。Dave RobertsとのトレードでBOSへ行き、昨オフにDFAされRandor Bierdと交換でBALへ。ローテ5番手候補に入ってくるかどうかというところでしょうか。

HenriquezはHOUの2005年2巡目指名捕手。名前を知らなかったんですが、記事を読んでいくと映像を見たことある選手でした。昨年両投げ投手として日本の番組でも紹介されたヤンキース傘下の投手Pat Venditteが対戦したスイッチヒッターがHenriquez。スイッチ対スイッチの対決になって右打席に入るのか左打席に入るのか、右で投げるのか左で投げるのかでなかなか試合にならなかったあのバッターです。YouTubeに映像がまだ残ってました。




エンジェルスは結構な金額でRodney獲ったみたいですね。
金額の割に微妙な補強だと思いますけど、クローザーやるんですよねたぶん。

2009-12-24

マーキーはナショナルズと契約

・WSHがJason Marquisと2年$15Mで契約。('10:$7.5M, '11:$7.5M)
・OAKがCoco Crispと1年$5.25Mで契約。2011年はクラブオプション$5.75MM($500,000 buyout)
・TEXがDarren Oliverと1年$3.5Mで契約。('10:$3M, '11:$3.25M club option ($0.5M buyout))
・KCがBrian Andersonと1年$700,000で契約。
・LAAがFernando Rodneyと契約合意。2年$11M。
・ATLがTroy Glausと契約合意。正式発表はもう少し先になりそうで、年明けになる可能性も。
・NYMがR.A. Dickeyとマイナー契約。メジャー昇格で$600,000。
・PITがJack Taschnerとマイナー契約。開幕メジャーで$835,000。
・KCがNelson Payanoとマイナー契約。
・STLがMark McCormickをリリース。


・NYYとATLの間でトレード成立。
 NYY←Javier Vazquez、Boone Logan
 ATL←Melky Cabrera、Mike Dunn、Arodys Vizcaino、$500,000

・SEAとTORの間でトレード成立。
 SEA←Brandon League、Johermyn Chavez
 TOR←Brandon Morrow



・キューバ人のDeinys Suarez、Yuniesky Mayaが先週ドミニカでスカウトを招き投球を披露。
・Matt CappsはWSHとCHCに絞ったようで、WSHと契約間近と報道されたけど、そんなことはないとの報道があったりでよくわからない状況。
・WSHがEddie Guardadoと契約間近?






BAのMinor League Transactionsが更新されてます。


あとBAのトップ20が発表されたようでSIに載ってました。

1. Stephen Strasburg, RHP, Nationals
2. Jason Heyward, OF, Braves
3. Mike Stanton, OF, Marlins
4. Desmond Jennings, OF, Rays
5. Jesus Montero, C/DH, Yankees
6. Brian Matusz, LHP, Orioles
7. Pedro Alvarez, 3B, Pirates
8. Neftali Feliz, RHP, Rangers
9. Buster Posey, C, Giants
10. Madison Bumgarner, LHP, Giants
11. Carlos Santana, C, Indians
12. Justin Smoak, 1B, Rangers
13. Domonic Brown, OF, Phillies
14. Casey Kelly, RHP, Red Sox
15. Jeremy Hellickson, RHP, Rays
16. Kyle Drabek, RHP, Blue Jays
17. Alcides Escobar, SS, Brewers
18. Aaron Hicks, OF, Twins
19. Dustin Ackley, OF/1B, Mariners
20. Martin Perez, LHP, Rangers

トップはStrasburg。ほかのリストでもトップを獲れるのか、それともHeywardが他のところではトップを獲れるかな?
Monteroは捕手として育てていくのかな? これから先DH枠はPosadaだけじゃなくJeterやA-RODも使うことになっていくんだろうから捕手失格ならトレードの可能性があるはずだけど。。。
BOS内順位では1. Ryan Westmoreland、2. Casey Kellyなんだけど今回の情報ではCasey Kellyだけが入ってますね。
TEXはトップ20に3人。




一昨日だったと思いますが、各球団の2009ペイロールが発表されてます。

NYY $220,024,917
NYM $142,229,759
CHC $141,632,703
BOS $140,454,683
DET $139,429,408
PHI $138,286,499
LAD $131,507,197
LAA $121,947,524
HOU $108,059,086
CHW $105,287,384
STL $102,678,475
SEA $102,343,617
ATL $100,078,591
SF $95,202,185
MIL $90,006,172
COL $84,450,797
TOR $84,130,513
KC $81,917,563
BAL $79,308,066
TEX $77,208,810
CLE $77,192,253
ARZ $73,800,852
MIN $73,068,407
CIN $72,693,206
TB $71,222,532
WSH $69,321,137
OAK $61,688,124
PIT $47,991,132
SD $43,210,258
FLA $37,532,482

シーズン中に動いて増減したものや出来高などいろんなものが含まれてるので開幕時点のペイロールとはだいぶ変わってる球団もあるはずです。
ヤンキースの突き抜けっぷりは相変わらずで、今年ぜいたく税を払ったただ1つの球団でおよそ$25.7Mを支払うことに。
あいかわらずFLAは少ないペイロールでやりくりして最下位。単純に40で割ると1人当たり$1Mに届いてない計算になりますね。FLAって年俸をこれだけ抑えてるけど、どのくらい儲けてんだろ?
The biz of Baseballの表がわかりやすいと思います。



あと、MLBと審判が2014年12月までの労使協定を結んだそうです。

2009-12-24

BOSレッドソックス プロスペクト2010

BA
1. Ryan Westmoreland, of
2. Casey Kelly, rhp
3. Josh Reddick, of
4. Lars Anderson, 1b
5. Ryan Kalish, of
6. Junichi Tazawa, rhp
7. Reymond Fuentes, of
8. Anthony Rizzo, 1b
9. Jose Iglesias, ss
10. Derrik Gibson, ss/2b



BP
Five-Star Prospects
1. Ryan Westmoreland, CF
2. Casey Kelly RHP/SS
Four-Star Prospects
3. Josh Reddick, OF
4. Ryan Kalish, OF
Three-Star Prospects
5. Anthony Rizzo, 1B
6. Jose Iglesias, SS
7. Junichi Tazawa, RHP
8. Michael Bowden, RHP
9. Lars Anderson, 1B
10. Reymond Fuentes, CF
11. Derrik Gibson, 2B/SS
Four More:
12. David Renfroe, RHP/SS
13. Alex Wilson, RHP
14. Stolmy Pimentel, RHP
15. Che-Hsuan Lin, LF



Sickels
1) Ryan Westmoreland, OF, Grade B+
2) Casey Kelly, RHP, Grade B+
3) Ryan Kalish, OF, Grade B
4) Josh Reddick, OF, Grade B
5) Michael Bowden, RHP, Grade B
6) Junichi Tazawa, RHP, Grade B-
7) Anthony Rizzo, 1B, Grade B-
8) Lars Anderson, 1B, Grade B-
9) Reymond Fuentes, OF, Grade B-
10) Stolmy Pimentel, RHP, Grade B-
11) Jose Iglesias, SS, Grade C+
12) Derrik Gibson, INF, Grade C+
13) Luis Exposito, C, Grade C+
14) David Renfroe, SS-3B, Grade C+
15) Alex Wilson, RHP, Grade C+
16) Roman Mendez, RHP, Grade C+
17) Pete Hissey, OF, Grade C+
18) Yamaico Navarro, SS, Grade C+
19) Madison Younginer, RHP, Grade C+
20) Stephen Fife, RHP, Grade C+
21) Kyle Weiland, RHP, Grade C+
OTHERS (Grade C): Michael Almanzar, 3B; Drake Britton, LHP; Ryan Dent, INF; Felix Doubront, LHP: Tim Federowicz, C; Alex Hassan, OF; Brandon Jacobs, OF; Ryan Lavarnway, C; Che-Hsuan Lin, OF→ Grade C+(12/27変更); Will Middlebrooks, 3B; Adam Mills, RHP; Daniel Nava, OF: Eammon Portice, RHP; Jason Rice, RHP; Dustin Richardson, LHP; Manuel Rivera, LHP; Oscar Tejeda, SS; Mark Wagner, C; Fabian Williamson, LHP



PP



CBS
1. Michael Bowden
2. Junichi Tazawa
3. Ryan Kalish
4. Lars Anderson
5. Josh Reddick



THT
1. Lars Anderson
2. Casey Kelly
3. Ryan Westmoreland
4. Michael Bowden
5. Stolmy Pimentel
6. Ryan Kalish
7. Junichi Tazawa
8. Josh Reddick
9. Reymond Fuentes
10. Michael Almanzar



TPA
#1 Casey Kelly
#2 Ryan Westmoreland
#3 Junichi Tazawa
#4 Lars Anderson
#5 Josh Reddick
#6 Michael Bowden
#7 Anthony Rizzo
#8 Luis Exposito
#9 Reymond Fuentes
#10 Daniel Bard



FG
1. Casey Kelly, RHP
2. Ryan Westmoreland, OF
3. Junichi Tazawa, RHP
4. Josh Reddick, OF
5. Lars Anderson, 1B
6. Stolmy Pimentel, RHP
7. Anthony Rizzo, 1B
8. Derrik Gibson, SS
9. Ryan Kalish, OF
10. Michael Bowden, RHP



DF
Grade A
1) Ryan Westmoreland, OF
2) Casey Kelly, RHP
Grade A-
3) Ryan Kalish, OF
4) Lars Anderson, 1B
Grade B+
5) Derrik Gibson, 2B/SS
6) Jose Iglesias, SS
7) Josh Reddick, RF
8) Junichi Tazawa, RHP
9) Anthony Rizzo, 1B
10) Reymond Fuentes, CF
Grade B
11) Michael Bowden, RHP
12) Jose Vinicio, SS
13) Che-Hsuan Lin, CF
14) David Renfroe, RHP
15) Stolmy Pimentel, RHP
16) Yamaico Navarro, SS
17) Michael Almanzar, 3B
Grade B-
18) Felix Doubront, LHP
19) Madison Younginer, RHP
20) Tim Federowicz, C
21) Alex Wilson, RHP
22) Luis Exposito, C
23) Pete Hissey, CF
Grade C+ Prospects –
24) Ryan Lavarnway, C; 25) Kyle Weiland, RHP; 26) Will Middlebrooks, 3B; 27) Drake Britton, LHP; 28) Kendal Volz, RHP; 29) Chi-Hsien Chiang, DH; 30) Stephen Fife, RHP; 31) Chris McGuiness, 1B; 32) Ryan Pressley, RHP; 33) Oscar Tejeda, SS; 34) Brandon Jacobs, OF; 35) Raul Alcantara, RHP; 36) Manuel Rivera, LHP; 37) Alex Hassan, RF; 38) Roman Mendez, RHP; 39) Ryan Dent, 2B; 40) Jason Place, LF



SB
1. Daniel Bard RHP (#15 overall)
2. Casey Kelly RHP (#21 overall)
3. Ryan Westmoreland OF (#40 overall)
4. Michael Bowden RHP (#47 overall)
5. Lars Anderson 1B (#64 overall)
6. Junichi Tazawa RHP (#71 overall)
7. Josh Reddick OF (#76 overall)
8. Ryan Kalish OF (#104 overall)
9. Jose Iglesias SS (#110 overall)
10. Reymond Fuentes OF (#150 overall)



SC
1 Ryan Westmoreland CF
2 Casey Kelly RHP
3 Josh Reddick OF
4 Ryan Kalish OF
5 Lars Anderson 1B
6 Reymond Fuentes CF
7 Anthony Rizzo 1B
8 Jose Iglesias SS
9 Junichi Tazawa RHP
10 Michael Bowden RHP


2009-12-23

モロウの交換相手決定?

Morrowと交換でやってくるBrandon Leagueのほかのもう一人のプロスペクトは外野手のJohermyn Chavezらしいです。正式発表は明日のようですが。
やっぱり上位のプロスペクトではありませんでした。
私はこの選手ぜんぜんわかんないので、なんとも言えない。。。

THTのランキングではなぜかTOR内で1位になってるChavez。ほかのところではトップ10にも入ってません。
まだ20歳の選手で昨年・今年と2年間もAで過ごしてます。昨年7本だったHRが今年は21本になり、打率も改善されたわけですが。このまま順調にメジャーまで上がってこれれば長打力のある若手がついに出てくるということになるのかもしれませんけど、どうなんでしょうね。Greg HalmanやWlad Balentienと同じように三振が多いのが気になって仕方ありませんが。。。上に上がっていく中で今年くらい打てるのか。順調だとしてももう2年くらいはかかりそうな選手なのかな?


Brandon LeagueはAA時代にRick Adairが投手コーチだったんですね。
そのこともあってLeagueはマリナーズに入れて興奮してるようなので、チームに貢献してくれることを祈ってます。



それにしても、今回のトレードMorrowを出すならもう少し良い条件がなかったものか。
期待値なんかをなしにして成績だけ比較すればLeague+Chavezでけっこう釣り合ってるのかもしれませんが。
それでもやっぱり個人的には、先発投手でもしかしたら飛躍するかもしれないMorrowをこんなかたちで失うのは悲しい。昨日も書いた通りどう考えてもMorrowがローテーションで投げたほうがLeagueより価値があるのは間違いないんだから。。。保有期間も1年Morrowのほうが長いんだし。
U.S.S.MarinerのDave CameronいわくLeagueを獲るためにLee獲得にかかった代償以上のものを支払ってる と言えなくもないくらいもったいないトレードな気がしてなりません。







昨日2009年の最終的なペイロールが発表されてましたが、マリナーズは$102,343,617だったようです。

2009-12-23

ヤンキースはバスケス狙いだった

ヤンキースがトレードで先発投手を獲得するという話が出てましたが、現地22日朝に情報が出てきました。

PITの投手じゃないのかという話が出てましたが、以前ヤンキースで投げていたATLのJavier Vazquezだそうです。

とりあえず、このトレードにかかわる選手の情報が確定したようで、TWITTERも落ち付いてきました。
まだ決定じゃないかもしれないけど、現時点での情報をまとめるとこんな感じ

NYY←Javier Vazquez、Boone Logan
ATL←Melky Cabrera、Mike Dunn、Arodys Vizcaino、$500,000


ヤンキースはよくこのメンツでVazquez獲れたなあというのがパッと見の感想。
VizcainoはBAのヤンキースプロスペクトで3位の投手ではあるけど。。。
そんなにCabreraが好きなのかよATLって感じ。

エンジェルスからもアプローチがあっただろうに、ヤンキースより条件悪かったのかな。
それにしてもエンジェルスとうなるんだろ。Vazquezもなくなったし、Derek Loweもこれでなくなったってことだろうし。



そして、ヤンキースはLFが空いたことになりますが、誰を獲るのか…

Damonとの再契約って手も残ってるし、いまだにJason BayもMatt Hollidayも残ってる状況。
ヤンキースのペイロールのことは詳しく知らないけど、確かペイロール削減っていう話だったのでそれを考えればBayもHollidayもありえないんだけど、たぶんまだ$200Mにも届いてないはずだから、BayやHollidayを獲っても2009年より少なくなるのは間違いない。
来年大物獲得のために今年は少なめに設定してたんだろうけど、どうするんだろ?大物を獲りに行っても不思議じゃあないよね。ヤンキースなんだから。
他の候補としてはMark DeRosaやJermaine Dye。この2人もまだ市場に残ってるんですね。


ヤンキースはChad GaudinかSergio Mitreをトレードしたいっていう話も出てるようです。

2009-12-22

モロウがブルージェイズへトレード

トレードの噂が出ていたBrandon Morrowのトレード先がTORに決まったようです(まだ身体検査もあるので正式決定ではないですが)。交換相手はリリーバーのBrandon Leagueとプロスペクト(誰になるかはまだわかりません)。


Morrowにはマリナーズで開花してほしかったので悲しいけど、試合での印象はほとんどの登板で四球が多くて5回前後で降板してしまうという決していいものではなかったので、もったいない気はするけど出しても仕方ないのかなあ…。どうなんだろうなあ…。あと4年あって来年あたりに覚醒してくれなかったものかなあなんて思ってましたが。
Morrowには期待してるファンともうダメだろって思ってるファンがいたと思いますが私は前者。出すにしても、もっとほかにいいトレードはなかったのかなあって思ったりします。モロウでブルペン投手とはねぇ。
つい先日にGamelとトレードの話をしてるという噂が出てたこともあって、Morrowを使って即戦力かプロスペクトの一塁手を獲ると思っていたのでTORが相手ならWallaceあたりをどうにか持ってこれなかったのかと。でも、発表されてないプロスペクトがWallaceの可能性はいちおう残ってるわけですが。



マリナーズに入ってくるBrandon Leagueは今年67試合にリリーフ登板して、74.2イニングを投げ3勝6敗、防御率4.58。
K/9は9.16と立派な数字で、BB/9も2.53なので四球を心配する必要はないかな。そしてFIPが3.58、xFIPは3.16と優秀な数字でxFIPはAardsma、Kelley、Loweよりもいい数字を残してます。
あと、調停権持ってますね。



そして、もう一人の交換要員は誰なのか?
いくつか噂が出ているようで、最初は先日の4者間トレードでOAKからTORに入ったBrett Wallaceじゃないかという話で、次が捕手のJP Arencibia、それとも投手?

他球団が今のMorrowをどのくらい評価してるのか???
あまり評価が良くなければMorrowだけで、セットアッパー以上の可能性があるリリーフ(League)+トッププロスペクトがもらえるのかというとそれはないんじゃないかという感じ。
そう考えれば謎のプロスペクトにはあまり期待できませんね。当然DrabekやWallasやStewartがもらえるなんて思えない。
これだけ報道されてるのに名前が出てこないってのも大物ではないんだろうなあって感じがしちゃうし。

それなら、飛躍するかもしれないMorrowをブルペン要員+微妙なプロスペクトでトレードする必要があったのか?ということになるわけですが。。。



それともMorrowの評価は思ってるより高くて、謎のプロスペクトはけっこう期待できそうな選手なのか?
それならまあ良いんだけど…





リリーバーとして実績を積んできてマリナーズでも期待できそうなLeague+プロスペクト。
一方のMorrowは先発かリリーフかどっちつかずでローテーションのNo.4か5あたりに入れるかそれともブルペンかという投手。
そう考えれば納得はできるけど。Morrowの価値はそんな低いものなのか。Leagueの価値はそんなに高いものなのか。

少なくとも2009年シーズンをみればLeagueのほうが価値があるはずです。
しかし、来年Morrowが先発で20試合以上投げて防御率4点くらいならたぶんMorrowのほうに価値がでてくる。なによりも今後数年マリナーズには先発投手がまだまだ必要。Morrowはもっとよくなる可能性もあるはず。そう考えると、もったいないトレードに思えてしまいます。マリナーズがMorrowは先発失格、来年ダメならブルペン投手にしようとでも考えてたなら先発投手として価値のある今のうちにリリーバーとして実績のある投手と交換しておくのは悪い手じゃないんでしょうけど。

どうなりますかこのトレード。。。



ちなみに、今回トレードになった2人のサービスタイムのことを考えるとMorrowのほうがサービスタイムが1年短くて来オフが初調停になる予定。Leagueは昨オフがスーパー2だったので今オフが2回目の調停になります。




それにしてもこれで2005年、2006年、2007年のドラ1がすべて消えたことになります。。。Bavasiの遺産がどんどんいなくなっていく…。残るはFields。がんばれFields…。どうなるFields…。






このトレードでローテに入るはずだったMorrowを失うので、話に出てた通りこれから先発投手をもう一人補強ということになると思いまが、1Bも獲るということになればペイロール$90Mでは足りなくなりそうですね。


2009-12-22

マーキーはナショナルズへ

いやー土日はほとんど動きがなかったですね。

・TEXがDarren Oliverと1年契約$3.5M。+2011年べスティングオプションで2年$6.25Mに。
・WSHがJason Marquisと契約。2年$15M?
・OAKがCoco Crispと合意間近。1年$5M+2011年オプション?
・NYYがMike Riveraとマイナー契約。
・CLEがSaul Riveraとマイナー契約。
・FLAがDanny Richarとマイナー契約。

・SEAとTORの間でトレードに合意。
 SEA←Brandon League+プロスペクト
 TOR←Brandon Morrow

・DETとSDの間でトレード成立。
 SD←Dusty Ryan
 DET←後日発表選手または金銭

・TBとCLE間で成立していたKelly Shoppachのトレードが完了。
 TB←Kelly Shoppach
 CLE←Mitch Talbot


・CINがScott Rolenと契約延長。2011年からの2年$13M('11:$6.5M, '12:$6.5M)。また2010年の年俸を$11Mから$6Mに見直し。今後3年間で契約金を含めて$23.625M。




・Mike Lowellが指の再手術ということもあってTEXとのトレードは結局なくなったみたい。

・ヤンキースはSPをトレードで補強間近との噂が出ててCarlos Zambranoの名前も出てました。CHC側は否定してるみたいですけど。




Gold Glovers of the decade(ESPN Rob Neyer)

2009-12-19

ニック・ジョンソンがヤンキースと契約/奇跡のトレード

ここ2日間の選手の動き。

・BALがMike Gonzalezと2年$12M+出来高で契約。
・BALがGarrett Atkinsと1年$4.5M+出来高+2011年クラブオプションで契約。(10:$4M, 11:$8.5M club option ($0.5M buyout))
・NYMが五十嵐亮太と2年$3M+出来高で契約。('10:$1.25M, '11:$1.75M)
・NYMがClint Evertsと1年契約。
・MILがClaudio Vargasと1年$900,000契約。
・PITがJavier Lopezと1年$775,000で契約。
・SEAがRyan Langerhansと1年契約。
・CHWがDETからウェイバーにかけられていたFreddy Dolsiにクレーム。
・DETがDusty RyanをDFA。

・NYYがNick Johnsonと契約合意。1年$5.5M+出来高+2011年相互オプション$5.5M。
・LADがDoug Mientkiewicz、Angel Berroa、Brian Barton、Juan Perezとマイナー契約。
・SDがChris Denorfia、Chris Denorfiaとマイナー契約。
・TBがRyan Shealy、Joe Dillon(再契約)とマイナー契約。
・MILがKameron Loe、Matt Treanorとマイナー契約。
・ATLがMitch Jones、Brent Clevlen、Joe Thurstonとマイナー契約。
・CINがLaynce Nixとマイナー契約(再契約)。
・COLがJuan Rinconとマイナー契約(再契約)。
・DETがPhil Dumatraitとマイナー契約。
・CHWがJason Bottsとマイナー契約。
・KCがShane Costaとマイナー契約。


・FLAがRicky Nolascoとの調停を回避して、1年$3.8Mで契約。
・PHIがJimmy Rollinsの2011年オプション$8.5Mを行使。


・CHCとSEAの間でトレードが成立。
 CHCはMilton Bradleyを放出して、Carlos Silvaと$9M('10:$3M, '11:$6M)を獲得。
・LADとCHWのトレードが完了。
 LADはJuan Pierreを放出する代わりに、CHWからJohn Ely、Jon Link さらに$10.5M('10:$7M, '11:$3.5M)を獲得。

・SFがドミニカ人三塁手Duanel Jonesと$1.3Mで契約。


今日は時間がなかったので噂なんかは書きませんでしたが、いろいろ話は出てます。
BOSがLackey契約前の時点でMatt Hollidayに5年契約をオファーしてただとか、エンジェルスがJavier Vazquezあたりを狙ってたり。


Copyright (C) 超!マリナーズ(仮). All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。